■ 投稿レビュー RPG 33
lostbrave まようたび、まよいたび 身代わりナイトメア イブの日に死んでしまう
アナタのための走馬灯機構
停滞少女
マカの不思議な迷宮 999,Victory あるひぐらし Rob it! Princess Saviour (2)

【 lostbrave 】

lostbrave
レビュワー [ ろっとん ]
ジャンル [ RPG ]
作者 [ マテンロウ計画(うた) さま ]
容量・圧縮形式 [ 1.6MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクール2000 ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

ハマリ度:8 グラフィック:10 サウンド:7

願わくば…魔族にも人間にも優しい世界があらんことを。

■あらすじ
“三勇士”の活躍により、世界は魔族の手から救われた。
そして魔族を裏切り人間に味方した“既死族”だけは封印を免れた。
…が、百年後に既死族は人間達に裏切られ、三勇士ジハード一人を残して虐殺されることとなる。
そして更に時がたち、未だ囚われの身のジハードはオールトレーダー(何でも屋)を名乗る少女の手引きで脱獄し…

■悲しいストーリーと、メッタメタな道中劇
ジハードさんは悲しい背景を背負っていますが、案外小物っぽくてお茶目な方です。

ジハ「自分は人間で何歳に見える?」
AT「子供が一人いるバツイチだめだめ亭主って感じですね」
ジハ「そうか…(ショボーン)」

道中は一貫してこんなギャグムードで進みます。
それでいて終盤は〆るべきところで〆る。いかにもマテンロウ計画らしい作品です。

lostbrave lostbrave

■縛りプレイ向けの成長システム
今作はマテンロウ計画様にしては珍しくデフォルト戦闘。
代わりに事前のステータス調整の自由度が高くなっています。
ポイントを割り振り直して各ステータスや耐性を容易に調整できます。
かなり極端な割り振りが出来るので、かなりレベルを制限してもクリアが可能です。

lostbrave lostbrave

■めでたしめでたし…ではないストーリー
ギャグ混じりでありながらダークなシナリオは、結末まで暗い影を孕んでいます。
彼にとっては膨大な絶望のうち、重要な一部を清算した“だけ”ですし
最初から最後まで意味ありげな彼女の正体は半分程度しか明かされません。

別作品での活躍を期待させるヒキが小憎らしい作品です。
「俺達の戦いはこれからだ」ってやつか…と言うと既死王さんが泣くのでやめてあげましょう。


 管理人コメント

本作でのLVは「上げるたびにスキルを覚え、ステータス増強に使えるSPを取得する」と言う代物。戦法のバリエーションが増える上、複数の耐性がつけられるので、初見プレイならばどんどん上げていくのをお勧めいたします。
しかし、ステータス増強に使うSPは、既存のステータスを下げることでも増やせます。場合によっては、ステータスを弱くしてでも耐性に振った方が攻略しやすくなります。ジハードもATも、LV1スキルが回復技であり、MPは自動回復するため、一見強そうに見える敵でも、立て直しはやりやすくなっています。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 まようたび、まよいたび 】

まようたび、まよいたび
レビュワー [ シュン ]
ジャンル [ 迷い旅をする短編RPG ]
作者 [ りんこ さま ]
容量・圧縮形式 [ 94.1MB・ZIP&自己解凍方式 ]
制作ツール [ RPGツクールVX Ace ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

迷いながらも旅をする、その行方は・・・?

 迷い旅の果てに答えを見つける短編RPGです。その雰囲気からは想像も出来ないほど重く暗い話です。
本当に人間は恐ろしいということがひしひしと伝わってきます。
ここの作者様は他にも複数の短編RPGや育成ゲームを公開していますので興味があれば是非そちらも。

 行方不明の姉を探してリボンの精霊のエルシオと一緒に旅をするモモ。途中で合流するアイリ。
3人が旅の途中に見るものは人助け、裏切り、出会いに別れ。迷いながらも旅をする少女たちの行く末は・・・?

 ルート分岐が無く一本道で、サブクエストなどの寄り道要素も存在しません。RPG要素よりストーリー要素の方が強いでしょうか。
仲間は2~3人固定。道中、アイリとモモだけで攻略することも。
エルシオはかなり強いです。一方この2人はやけに弱く、頼りないように見えますがそれでも十分突破は出来る範囲です。
ザコ敵はオートを使えばほぼ確実に倒せますが、ボス戦は意外と難しいです。特にラスボスは攻撃が苛烈で運の要素も絡み、適当な対応だとすぐ全滅します。
特定の状態異常を防ぐ装備が必要になる場合も。しかも装備でも防げない状態異常まであります。
ポイントとしては、買う回復アイテムはMP回復と戦闘不能からHP完全回復で復活するものだけで十分です。
回復ポイントを覚えておくことや、武器と防具を常に強いものに変えておく、状態異常を防ぐ装備を揃えておくことが重要です。

まようたび、まよいたび まようたび、まよいたび

 ちなみに戦闘ボイス付きです。ゲームの最初にボイスのONOFFを設定します。サンプルボイス有り。
作風からほのぼのしていそうな雰囲気ですが、話は相当重いものが多く、第1章の終盤からありえない展開が。
い、幾らなんでもそれは無いでしょう・・・!これを見て人間の恐ろしさを思い知らされました。
その後も容赦の無い展開が続き、中には一切の救いの無い展開も・・・。もう、本当に容赦が無いです・・・。
苦難の旅を乗り越え、その先にあるラスボスを見事倒した後の展開と最後のスチルはとても印象的でした。是非チェックです。


 管理人コメント

見た目はファンシーですが、その中身は、ストーリー面でも戦闘バランスでもシビアな作品です。
戦闘面の厳しさの原因は、ボスの攻撃力をかなり高めに設定しているためです。
一番最初に絶望を感じるのは、1章最後のボスでしょう。(普通に進めば)全くザコ戦を経由せず、先のボスとの連戦になるため、街で装備とアイテムを整えておくのが最低条件。それであっても、二連撃が集中すると、あっという間にHPが危険域に入ってしまいます。
敵によって、モモ・エルシオ・アイリの誰が一番高いダメージを与えられるかが異なります。あまりダメージを与えられないキャラは回復役にしましょう。一人は回復に集中していないと、すぐに総崩れになる難易度です。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 身代わりナイトメア 】

身代わりナイトメア
レビュワー [ ろっとん ]
ジャンル [ RPG ]
作者 [ マテンロウ計画(うた) さま ]
容量・圧縮形式 [ 2MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクール2000 ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

ハマリ度:10 グラフィック:10 サウンド:7

楽器の国の管理者グリマスに仕える、
一途で健気で真面目で…ドSで愉快犯な泥人形のお話

■あらすじ
聖誕祭を前にして、音を司る楽器の国は大忙し。
楽器の国を切り盛りするのは管理者グリマスと部下クレイドール♀の2人。そんな2人の前にある事件が…
しかもクレイドール♂が「事件解決のご褒美はご主人様と夜伽」なんて強引に約束するものだからさあ大変。
楽器の国を守るため、ご主人様の貞操をゲットするため、二心同体の泥人形が楽器の国を駆けぬける!

■今回も独特な戦闘システム
クレイドールは♀/♂の2つの人格と、人格に合わせて変形する1つの肉体を持っています。
2つの人格で擬似的な前衛後衛パーティを形成し、戦闘中に攻防好きなタイミングで入れ替わる…これが戦略の要となります。
そしてパラメータはLP(体力)/PSY(魔力)/CHA(魅力)の3つ。同作者おなじみ「管理するパラメータはシンプルに、かつ戦略は奥深く」な戦闘形式。
PSYは攻撃力、CHAは防御力に相当するのですが、それと同時に各技で消費されるMPの役割も持っています。
また独特なのが「攻撃を当てるたびにPSYが上がり、攻撃を受けるたびにCHAが上がる」というインフレシステム。
戦略次第で“戦闘中にカンスト発生”なんていう芸当も…

■人物
クレイドール♀
身代わりナイトメア 身代わりナイトメア
メイン主人公
活発だけど奥手な関西弁少女。
お師さま大好き!ぱんつ!お師さまのぱんつ!
アホだけど真面目な良い娘なんですよ。アホだけど。

クレイドール♂
身代わりナイトメア 身代わりナイトメア
サブ主人公
健気なクレイドール♀を応援する口の悪いお兄さん…に見せかけた愉快犯。
もちろんクレイドール♀の想いを汲んであげる程度には良いお兄さんです。
…ドSには変わりないんですけどね?

グリマス
身代わりナイトメア
ヒロインご主人様。楽器の国の管理者。
押し倒され系ドジっ子ケモショタピエロ…しかも両性!
どんだけおいしいとこどりなんでしょうかそりゃクレイドール♀も♂も惚れちゃいますわー。
ちなみに作者様が参加していたPBWのキャラクターで、今でもググればログの残骸が…

グリネロ
グリマス様とクレイドールの蜜月(笑)を引っ掻き回してくれちゃう人。
停滞少女の時計の国の管理者グリネロさんの若き日の姿です。すごくヤンチャ。

■マテンロウ計画には珍しくダークが一切無い、ネタ満載の作品
戦闘終了のたびに「木又してでもうばいとる」「以上、楽器の国からお届けしました」などランダムで愉快な勝利メッセージが表示されたり、過去作「lostbrave」のメタネタである「鉄の牢で何故PSYが上がるんですか?」など色んなネタを手加減抜きでごちゃ混ぜにぶちこんでいます。雰囲気的には「トネリコさん」シリーズのようなお気楽モードです。

身代わりナイトメア


 管理人コメント

♂♀の2タイプは、それぞれステータス傾向に差があります。♂はPSYが高い攻撃型、♀はCHAが高い防御型になります。2体をどのように育てるかが攻略の鍵になります。
戦闘でも、2体を交代するタイミングをしっかり考える必要があります。できるだけギリギリまで耐えてから交代するのがセオリーですが、敵によっては強制的に交代させるなどのイヤらしい効果を持った攻撃を繰り出してきます。用心しましょう。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 イブの日に死んでしまうアナタのための走馬灯機構 】

イブの日に死んでしまうアナタのための走馬灯機構
レビュワー [ ろっとん ]
ジャンル [ RPG ]
作者 [ マテンロウ計画(うた) さま ]
容量・圧縮形式 [ 2MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクール2000 ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

ハマリ度:10 グラフィック:10 サウンド:7

走馬灯の国の管理者グリノアに導かれる、
聖誕前夜祭なのに気難しい表情をした少女のお話。

■あらすじ
同作者の「停滞少女」の番外編。よって「停滞少女」を先にプレイすることをお勧めします。
イブの日に死んでしまうアナタのための走馬灯機構 イブの日に死んでしまうアナタのための走馬灯機構 イブの日に死んでしまうアナタのための走馬灯機構

■一風変わった戦闘システム
戦闘システムは停滞少女とはがらっと変わった方式。
(マテンロウ計画様は毎回独自のUIを作品単品で使い切る、贅沢な発想のゲーム製作をされています)

ノンフィールドRPGなのですが、拾ったり敵から奪える「感情」の扱いが面白い。
「感情」は「装備品兼アイテム兼召喚獣」なのです。
装備すればウェンディのステータスが上がり、使用すればスキルとして発動し、召喚すれば心強い味方となる。
また時・法・命の三属性の相性による攻撃補正が非常に高いため、常に属性を意識したプレイを心がけましょう。
特に「地相(場の属性)」は重要です。単なる強化だけでなく、敵も味方も弱点属性の場にいるだけで毎ターンダメージを受けます。
召喚獣を召喚するたびに場の属性が切り替わることや、召喚獣は打たれ弱くすぐ死んでしまうことを考え、戦略を組みましょう。
レベル上げ要素の無いマテンロウ計画おなじみの「管理するパラメータはシンプルに、かつ戦略は奥深く」な戦闘形式です。
イブの日に死んでしまうアナタのための走馬灯機構 イブの日に死んでしまうアナタのための走馬灯機構

■ダークな世界観…だけどほのぼの
グリノアと雑談する“だけ”の「話す」コマンド。
トゥルーエンド狙いだと読めないぐらい大量に雑談が仕込まれています。
戦闘で役立つ知識やゲーム内のメタ的な話題、他の国の管理者についてなど
今際の際だというのにほのぼのとした雰囲気が漂っています。
イブの日に死んでしまうアナタのための走馬灯機構 イブの日に死んでしまうアナタのための走馬灯機構 イブの日に死んでしまうアナタのための走馬灯機構

■ネタバレ込み感想
この作品が「停滞少女」の前日譚であることを考えると、「イブの日に死んでしまうアナタのための走馬灯機構」とはただの虚像にしか過ぎません。
しかし遠い未来、「停滞少女」の作中で救われたアリスがもし彼女にメッセージを贈るなら?…ええ、同じ言葉をかけていることでしょう。

神様になりきれない管理者による、神様のような優しい奇跡。プレイ後にしんみりとした気持ちになりました。


 管理人コメント

システムは単純な「すすむ」1つのみのノンフィールド型RPGです。しかし、寄り道としてZキーでの「話す」コマンドがあり、殺伐とした戦闘を繰り返す本編の清涼剤となってくれます。
単体で見ても、悲しく不思議な物語ですが、「停滞少女」に繋がるストーリーと考えると、余計にその悲しさも不思議さも増す仕掛けになっています。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 停滞少女 】

停滞少女
レビュワー [ ろっとん ]
ジャンル [ RPG ]
作者 [ マテンロウ計画(うた) さま ]
容量・圧縮形式 [ 4MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクール2000 ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

ハマリ度:10 グラフィック:10 サウンド:7

時計の国の管理者グリネロとその後継者の少年と、
とある少女の生涯のお話

■あらすじ
人間界の外にある、いわゆる死後世界のような場所「時計の国」。
主人公アリスは現管理者のティスカと前任管理者のグリネロと暮らしています。
そして時計の国を管理するためのアイテムが各地に散らばったので、それを集めるというお話。

…というのは建前。
メインは各地に散らばる「アリスの生前の記憶」の不幸っぷりを見て鬱になりつつ、それでも死後ようやく幸せを掴むアリスちゃんを応援するゲームです。

■無駄を省きつつ戦略深い戦闘
マテンロウ計画様の製作ゲーム全般の共通点として、「管理するパラメータの種類が少ない」という点があります。
このゲームもパラメータはLP(体力)・PSY(威力)・AGL(敏捷)の3つのみ。
レベルの概念が無く、戦闘で得たポイントを上記3つに割り振って強化します。
MPという概念も無く、代わりに技ごとに行動値やLPを消費したり吸収したり…と毎戦闘ごとにやりくりが必要です。
そして各ボスは特定のパラメータに全振りだったり、凶悪な攻撃を特定パターンで放ってきます。
相手の選択肢を覚えて適切に処理する…詰め将棋のような戦略が楽しいゲームです。

停滞少女 停滞少女

■可愛らしいグラフィック
アリスちゃんの細かく動くドット絵に何度ときめいたことでしょう。
雰囲気を盛り上げるスチルの数々に何度興奮したでしょう。
作風に合ったグラフィックは格別です。
そしてティスカ君のケモ耳フードは反則じゃないでしょうか。

■登場人物
アリスちゃん
停滞少女 停滞少女

クールな女の子です。
生前の不幸っぷりに思わず涙が…。
彼女の人生を振り返るのがこのゲームの目的となっています。
生前に苦労した分、死後は幸せになってもらいたいものです。

ティスカくん
停滞少女 停滞少女

 お 前 誰 だ よ !!!

…と、停滞少女以外のマテンロウ計画作品を先に知った方なら突っ込むでしょう。
ティスカといえばマテンロウ計画のスターシステムでも随一の小憎らしいトリックスターです。
彼の性悪っぷりは他のゲーム(lostbrave)や作者様の日記(Tumblr)の過去ログを是非どうぞ。
死後の世界が舞台となるこの作品では改心というか、転生というか…良い子ですね。
一挙一動にニヤニヤさせてくれます。アリスちゃんと幸せになってください。

■マテンロウ計画独特の作風に入門するにはうってつけの作品
この作品はENDが分岐します…が、どれも一長一短の救済と破滅が共存するものばかり。
個人的に好きなのは※バカップルすぎて世界を破壊する(要約)※という結末。愛こそハッピー!
マテンロウ計画のうた様はフリーゲームや様々なTRPG・PBWにキャラ参加されてらっしゃいますが、
その多くが今作のように可愛い絵柄やほのぼの・ギャグの日常、そしてダークで救いの無い人物背景を持っています。
この作品にビビッと来た方は、他にも手を出してみてはいかがでしょうか?


 管理人コメント

本作は、ただクリアするだけでかなりの戦略が必要とされる作品ですが、「ストーリーを読みつくす」となると、上記の通りマルチエンディングであるため、周回プレイを強いられます。
それも苦にならないほど、キャラクターは魅力的です。しかし、戦闘システムは「攻撃は必ずLP(生命力)かEC(ターンごとに1溜まる時計)を消費する」という仕様上、レベルを上げてのゴリ押しプレイはやりにくくなっています。
ランダムエンカウントと固定エンカウントの両方があるザコ戦を乗り越え、万遍無いステータス強化に加え、強敵の弱点を見越したスキルデッキの組み立てが必要になります。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 マカの不思議な迷宮 】

マカの不思議な迷宮
レビュワー [ サリアの護主 ]
ジャンル [ ローグライク ]
作者 [ レゼア さま ]
容量・圧縮形式 [ 41MB・ZIP ]
製作ツール [ DirectX ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

HPを持たない作者さんは「よくあるローグライク」と謙遜してますが、とてもとても平凡なものとはいえません。
店、水路、特殊なモンスターハウスなど基本的な要素は網羅しています。

仲間のいない1人で入る迷宮が4つ。
25階構造の1つ目は1回で抜けられました。
しかし、99階構造の3つ目(最初から入れます)がとにかく難しい。

レビュー者は「不可思議なダンジョン2」「Selenite」「だんえた」「ディアボロの大冒険」「ナナカ」など多くのローグライクをクリアしてきましたが、これは50時間近く挑んでもまだ半分越せない。
アイテムの識別は杖でも振るだけで分かる簡単なもので、極悪なマイナスアイテムは無し。
しかし、壺がありません。
合成も滅多に出ない巻物でしかできません。
レベルアップに必要な経験値が途中から跳ね上がり、敵を最強までレベルアップさせても決定的に強くなれない。

敵配置にも工夫がみられ、何階も続く水路確定の階層で飛行敵ばかりに囲まれたり、ミイラばかりよく出たり、倍速の猫がネズミを食いまくって強くなったりします。

え、突破していないのにどうして99階あると分かるのだって?
それはエディターが最初からついているからですよ。


 管理人コメント

エディタ機能は、ダンジョン名・モンスター・アイテム・トラップ・階層ごとの出現モンスターを決めるだけの簡素なもので、初見でも分かりやすくなっています。細かいダンジョン構成はローグの自動生成に任せる仕組みです。
初見のアイテムを未鑑定にするなど、細かい所まで難易度調整ができる仕組みになっています。
ただ、一つ気になる点として、私の環境(Windows7, XBOXコントローラ)では、ジョイスティック入力をONにすると「DirectInputの初期化に失敗しました」と言うエラーが出ます。キーボードでプレイすれば問題ないのですが、次のバージョンアップでは直していただきたいですね。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 999,Victory 】

999,Victory
レビュワー [ シュン ]
ジャンル [ 不運な修道女の奮闘記 ]
作者 [ spice+ さま ]
容量・圧縮形式 [ 13.1MB・ZIP&自己解凍方式 ]
制作ツール [ RPGツクールVX Ace ]
言語 [ 日本語 ]
ダウンロード ダウンロード先

魔王を倒すために(ハーブを)飲む!(壺を)打つ!(ガチャで)買う!

 一般人(?)の女性主人公が魔王を倒すという女性向けで恋愛要素のあるRPGです。
とりあえず思ったことは・・・聖書は鈍器!ハーブは麻薬!ガチャは最強!
恋愛要素は少なめなので万人受けする作品でしょうか。但しまともな人物(?)は一人としていないです・・・。

 マフィン(名前変更可)は結婚詐欺に遭い全財産を失い人間不信に陥った挙句、田舎で修道女になりました。
そんなある日、彼女は突然魔王に拉致されました。そして主人公を花嫁にしようと言い出します。
24時間後、魔王が帰ってくる前に彼女が取れる手段は幾つかあります。
牢屋に捕われた王子。手懐ければ味方になるドラゴン。どこかに隠された聖剣や伝説の装備。魔薬ハーブ。
更にはガチャ、色仕掛け・・・彼女が選ぶ手段と結末とは・・・?

 主人公はレベルアップせず、能力を上げるには装備やハーブやドーピングアイテムが必要になります。
エンドの種類は様々で、大人しく魔王の嫁になったり、あえなく魔王に敗れたり、見事魔王を打ち倒すエンドもあり。
舞台は魔王城のみ。つまり城の中だけで手段を整えなければなりません。
単純にエンドの条件を達成するだけならやり方が分かれば難しくありません。しかし、記録帳の回数を999回こなすのがハッキリ言って面倒です。
正直言って、「ハーブを食べた回数」「壷を壊した回数」「ドラゴンを撫でた回数」以外は完全に作業ゲーと化してしまいます。
色々あるのですが、「ダメージを受けた回数」は正直言って時間だけ異様に食うのでオススメしません。
一応イベントなどが発生するようですが、正直言ってかなり面倒だと思います。エンドの条件となるものだけを達成して
全てのエンドを回ってみるのが一番良いかもしれません。バッドエンドも凝った作りになっているほか、スタッフロールが存在するエンドでは最後に一枚絵も。
全てのエンドを見るには周回が必須ですし、折角だからエンドリストやエンド回想もあれば嬉しいですね。
もっと記録帳の回数を稼げる(特に敵を倒した回数とダメージを受けた回数)場所とかがあっても良いかもしれません。

 ここで早くエンドを回って攻略したい場合の進め方を。

 とんでもない不幸で心が折れてしまった主人公が見事幸せを掴むエンドは必見です。
囚われた王子との恋愛要素があるエンドも存在しますが、あまり重要性を感じませんでしたね。
エンドによっては側近の使い魔にも変化が現れる場合もあるなど、色々な展開を楽しめます。
それにしても壺を割ったりハーブを食べたりガチャを回したりしたら魔王を倒せる主人公って・・・。ホントに一般人?


 管理人コメント

このゲームは、展開によって取るべき行動が大きく変わります。まずは最も脆い壷を割って資金確保+ハーブ一気飲みの繰り返し。ドーピング剤入りの壷が割れる頃になったら、ハーブではなくドーピング剤が成長の中心になります。
ちなみに、MPを消費する場面は意外と多く、尽きると壷を割ることすら出来なくなります。時間経過によって微量ずつ回復していきますが、最大999まで満タンにするには、結構な時間が掛かります。ガチャだけでなく、スタミナ課金まで備え付けられた作品です。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 あるひぐらし-脆弱なる洞窟の王- 】

あるひぐらし
レビュワー [ シュン ]
ジャンル [ 春のその日暮らし小規模RPG ]
作者 [ 正午(まひる)の夜 さま ]
容量・圧縮形式 [ 63.7MB・ZIP ]
制作ツール [ RPGツクールVX Ace ]
言語 [ 日本語 ]
ダウンロード ダウンロード先

あるひぐらし・・・その日暮らしよりはマシ?(ぇ

 今回は短編RPGです。ちなみに他にも短編RPGを出していますがここでは略。
「その日暮らし」とジャンルにある通り特に目的も無い・・・ということは無く一応目的もあります。
エンドによっては穏便に終わることもありますし、目的がそっちのけになることも・・・?

 ――25歳の春、私の心は穏やかで、私の生活は不安定だ。(紹介ページより抜粋)
特にやることも無く気ままに暮らしていた主人公。彼女はなにやら北のほうにある洞窟の様子がおかしいことに気づきます。
早速調査に乗り出しますが・・・一体何が待っているのでしょうか?

あるひぐらし あるひぐらし

 RPGとはなっているものの、戦闘要素より探索要素の方が強い作品です。
まず最初に主人公の名前を決定し、次に難易度設定(ふつう・やさしい・せちがらい)とモラトリアムモードの有無を決定します。
難易度でストーリーが変化することはありません。モラトリアムモードをONにすると特定のエンド以外は見られなくなります。またエンド条件の緩和も。
人に話しかけたり、特定の場所を調べると経験値が貰えることがあります。中には会話パターンが2つあり、その一方だけが経験値が貰えるということも。
後は地道なレベル上げと資金集め、アイテムの入手やイベントの回収が主になります。ヒントも同梱されているので参考にしてみるのもアリです。
洞窟内の敵をあらかじめ倒しておくと良い事があるかも?
エンドは3種類。意図的に難しくした、というエンドは本当に難しいため攻略情報を頼った方が良いでしょう。
どのエンドもラスボスを倒す必要がありますが、パターンが分かれば難しくないはずです。

 デフォルト含め3パターンだけですが、服を変更するとメニュー画面の主人公の絵が変化します。
エンディングが確定するタイミングでセーブが可能であり、地味に良いと思いました。
そのエンディングもあっさりしたものが多く、あまり詳しくは語られない、と言った印象ですが、これはこれで悪くはありません。
なお、難易度「せちがらい」では家で休めない、一部のアイテムが拾えないという制約が掛かり、かなりの難問になります。
前述したとおりストーリーは変わりませんが、腕に自信があれば挑戦してみてはいかがでしょうか。


 管理人コメント

ふつう・やさしいレベルでもかなり厳しめのバランスになっています。通常のプレイヤーならば、家とダンジョンを行ったり来たりして装備とレベルを整えるしかありません。全回復が使えない「せちがらい」だと、頼りない回復薬に掛かりきりになり、装備を買う金さえままならないレベルです。
ストーリーの方も、END1,3では結構手厳しい表現が含まれており、一筋縄ではいきません。恐らく普通に装備を整えながら行く場合、END2になるはずです。正攻法で行くとかなり厳しいラスボス戦も、ある条件を満たすと簡単になります。突入前にヒントが出るため、しっかりとチェックしましょう。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 Rob it! 】

Rob it!
レビュワー [ ろっとん ]
ジャンル [ RPG ]
作者 [ AMEO さま ]
容量・圧縮形式 [ 5MB・ZIP ]
ダウンロード ダウンロード先

ハマリ度:9 グラフィック:7 サウンド:7

あれもRob、これもRob・・・  ※Rob:略奪

Rob it!

「ラブデリック好きによるラブデリック好きのためのゲーム」、そんな作品です。
製作後記で作者が「UFO」「MOON」をリスペクトしたとある通り、非常に高いクオリティでラブデリ臭を作り上げています。

■メインシナリオ
「宇宙船バンブーゲット号」
主人公ら月のウサギ型宇宙人の仕事は、侵略宇宙人から地球を密かに守ること。
彼らは特定地域内ならばステルス状態で資源を接収し、戦闘に役立てることを地球の首脳陣に許可されているのだ!
忘れっぽいチキン星人や怒りっぽいオヤジ星人を撃退するため、今日も地球でRob it!

■爽快な接収アクション
時間の許す限り、フィールド上のあらゆるものを接収できます。
接収前・接収後の差分グラフィックが充実しており、全接収後のシュールかつ爽快な光景がなんともいえません。

■数千個のアイテムからヒントを探し出す謎解き
Rob it!
例えば最初のステージ「スズキサンノイエ」で接収出来る母親のメモ。
アイテム欄に書かれた一文は「サラダは冷蔵庫でチンしてください」・・・なんでやねん、と言いたくなるネタです。
そしてゲーム最終面・・・

まさかこんな重要ヒントだなんて!

という具合に、数千個のおふざけアイテムの中に紛れたヒントを自分の脳内で結び付け、謎を解いていきます。
また、無関係なアイテムから話の裏が分かり爆笑を呼ぶ・・・という奥深く仕込まれた小ネタを探すのも楽しみ方の一つ。

■サブシナリオ
ステージ進行による時間経過も含め、各ステージで様々なドラマが発生しています。
・自分の評判の悪さを全て魔王のせいにして飲んだくれる“勇者”
・獲物(人類)に危害を加える宇宙人を感知し、疎ましく思う“魔王”
・一見すると一般家庭だが、不穏な事情を抱えている“スズキサン一家”
・ホテルの一角でなにやら地球外言語を話す“怪しい2人組”
・世界各国で多発する幼児誘拐事件の裏で動く“誘拐犯”、そのまた影には――――
などなど数多くの登場人物が最終的に一つの事件に収束する、非常にクオリティの高い群像劇です。
バッカーノ!(成田良悟)とかドミノ(恩田陸)とか好きな人にはたまらないんじゃないでしょうか。

にも角にもラブデリック好きにオススメしたい本作。いかがでしょうか。


 管理人コメント

ちなみに、接収の回数には制限はありません。回数をこなすたびに、一度に接収できる個数も増えていくため、繰り返し接収に取り掛かるのが、攻略の基本かつプレイの中心となっていきます。
序盤のうちは、接収できるアイテム数も少なく、気づいたときには制限数を超えて終了→アイテム即換金となってしまい、中々アイテムの細かい説明まで見れる機会はありません。
レビューにもあるとおり、ストーリーを進めるにつれ、「アイテムの説明」が重要な位置を占めてきます。ただのオモシロ宇宙人大戦だと思っていたストーリーがどんな顔を見せるのか、貴方の目でも確かめてください。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 Princess Saviour 】

Princess Saviour
レビュワー [ ろっとん ]
ジャンル [ RPG ]
作者 [ あなす さま ]
容量・圧縮形式 [ 145MB・ZIP ]
製作ツール [ WOLF RPGエディター ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

ハマリ度:10 グラフィック:10 サウンド:7

プリンセスセイバー略してプバー(by公式)

公式PV

■濃密な舞台背景
とにかく情報量が多いです。
ストーリーの本筋に関わる情報だけでも膨大なうえ、ADV形式のサブイベントも含めれば鈍器並みの分厚い本が出来上がるボリューム。
それでいて関連付けや開示タイミングが上手く、混乱の無いように作られています。

■シリアスとコミカルの混在するストーリー&キャラクター
ほぼ全員が王道中二病的ダークな過去を背負っていますが、それと同時に各自が天丼ネタ的なギャグ要素も持っています。
隠しボス関係のサブイベント群はどれも脱力の境地に至れることでしょう。
「プリンセスセイバー略してプバー」など公式のノリがより一層脱力を煽ります。
特に「10人の王と姫」と呼ばれる超越者達の異能と生き様は皆独特で、みんな真面目と不真面目の紙一重な存在です。
(「吸血姫・鉄姫・殺人姫・歌姫・不死王・騎士王・剣王・魔王・聖王・冥王」の10人。上記PV参照)
個人的なお気に入りは魔王&歌姫カップルの場面。
健気な歌姫を肉奴隷と罵りながら寵愛する魔王様…過激かつ斬新過ぎです。

Princess Saviour Princess Saviour Princess Saviour

こんな罵声浴びせながらも豪華な愛人部屋を設けて愛し合ってるわけです。シュールなツンデレ。
※このゲームの魔王は単なる悪人ではなく「はぐれ者を引き受けつづけたインテリヤクザ」という影の善政者です。※

■豊富なグラフィック
スバルイチ氏といえば、過去のイチオシレビュー作「Margikarman ItoA」のグラフィック担当でもあります。
そう、あのシリアスもギャグもグロもエロもたくさん描いちゃうナイスな漫画家です。
氏によるおっぱいがいっぱいな豊富な立ち絵・イベント絵は本作の見所の一つでしょう。
お気に入りのイベント絵は魔王直属四天王最強の武人にして孤高の飢狼、ダブルホーン戦です。

Princess Saviour

…え?なにかおかしい?ソンナコトナイデスヨ。

■多様なおまけギャラリー
イベントをクリアするごとに関連する設定画集等が開放されます。
これがフリーダムで、セルフパロディ満載の4コマ漫画から肌色過多のえっちぃ壁紙絵までごちゃ混ぜです。

■複雑かつ爽快感の高いシステム群
スキル、グロウルート、グリップ、ヴァンガード、エンカウントキャンセル、マップアクション、アナライズ、AFF、ZONE…
「RPGなのにアーク格ゲーをやってる気分」と公式RTAが自虐ネタにするほどシステムが多いです。
しかしどれもが作業ゲーを廃し爽快感を追求するためのもので、マスターすれば脳汁湧きまくりの快感になります。
乱数要素が無かったり、防具の概念が無かったり、アイテムは装備制でターン消費無しで使用可能だったり…と理詰めプレイを優先する気配りもユニーク。

■以下感想(ネタバレ反転)
この作品の舞台は「ループした世界の最終周」です
特定の超越者以外の人物・物体・事象は全てループに囚われ、ある時点でリセットされてきました。
この描写が秀逸で、「ループさせられる側の悲劇」「ループの外側の超越者の悲劇」がいたる所で語られています。

主人公3人の正体がループの果てに記憶が磨耗した父母娘という念頭で再プレイすると、序盤のなにげない日常風景に感動しました。


 管理人コメント

1stレビューの頃は、それほど長くはプレイできなくて、序盤でも分かる戦闘面の突き抜けっぷりを中心にしたレビューになりました。
しかし、コレを見ると、ストーリーの方もかなりの突き抜けっぷりを披露している作品であることが良くわかりました。
もちろん、画像で分かる方面だけでなく、シリアス方面でもかなり突き抜けた作品です。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ