■ 三代目レビュー アドベンチャー 5
Aria's Story カホロとテトラ 五番目の首
血染めのナナ 幻影綺館 呪者-jusya-

【 Aria's Story 】

Aria's Story
ジャンル [ 探索ホラー ]
作者 [ Lydia さま(製作) ]
[ Nurikabe さま(日本語訳) ]
容量・圧縮形式 [ 411MB・自己解凍EXE ]
製作ツール [ RPG Maker VX Ace ]
言語 [ スペイン語・英語・中国語・日本語 ]
配布元 ダウンロード先

不思議で怖い、本の世界。

Aria's Story Aria's Story

アリアは「本の虫」を自称するほどの本好きの少女。今日も行きつけの図書館で、取り寄せてもらった本を読み漁っていた。楽しみにしていた本を読み込んでいると、いつしか眠り込んでしまう。
目覚めた先は、すでに夜…いや、図書館の様子は昼とは打って変わって不気味になっていた。本来の入り口は固く閉ざされ、怪しい隠し扉まで現れる始末。
隠し扉をくぐった先には、本が歩き、語り掛ける不思議な世界が広がっていた。
コメディ、おとぎ話、ラブロマンス、ホラー…目くるめく本の世界は、時にアリアに道を開き、時にアリアを殺そうとする。一体この世界は、アリアの何なのだろうか。

本作は、元々スペイン語で作られたゲームを日本語訳にしたものです。邦訳の言い回しも、ゲーム内容自体も、日本人である我々にも違和感なくプレイできます。それ故にホラーもダイレクトに伝わってくる作品になっています。
謎解きの難易度も程よく、また、言語の壁が謎解きの邪魔にならないよう、原作・邦訳両方面から考えて作られています。導線…謎解きの順番も一本道に解けるように考えられていますが、問題はマップが意外と広大なこと。中断して時間を置くと、どこの謎解きが次に解ける場所なのか忘れてしまうことさえありました。
プレイ時間は2時間ちょっとなので、時間を見つけたら一気にクリアするのをお勧めいたします。

エンディングは3通りあるとゲーム説明にも記載されていますが、この3通りのエンディングは全て終盤で分岐します。分岐に関わるイベントは、再三ゲーム内で重要なイベントであると言及されるため、直前のセーブは分けておきましょう。
物語に関わるのは、アリアだけではありません。アリアの苦難の物語をナレーションする「ナレーター」を名乗る女性、アリアの命を狙う少年・レウィン、そして…様々人間や本やトラップがアリアの旅路に関わってきます。
果たして、この世界の真実、そしてアリアの真実は何なのでしょうか。それは、3つあるENDで解き明かされます。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 カホロとテトラ 】

カホロとテトラ
ジャンル [ サイドビュー探索ADV ]
作者 [ きののべ倉庫 さま ]
容量・圧縮形式 [ 1.3MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクール2000 ]
備考 [ 12歳未満の方はプレイをお控え下さい (性的表現) ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

悪魔を頭に載せて、幼き者は塔を昇る。

村はずれにたたずむ塔…そこには不老不死を求め、村人を拉致殺害してきた魔女がいるという噂があった。
そこを訪ねる幼き者・カホロ。カホロは自らの目的のため、その魔女の研究成果を会得しようとしていた。
しかし、塔には人の気配は何一つなかった。挙句の果てに、カホロは腐っていた床板を踏み抜き、地下室に落とされてしまう。
地下室で出会ったのは一体のぬいぐるみ。そのぬいぐるみには、かつて魔女の使い魔だった悪魔が眠っていた。
害意の無いその悪魔と意気投合し、地下室から脱出するカホロ。カホロはそのぬいぐるみに「テトラ」と名付け、彼女と共に探索を再開する。
テトラもまた、自らを捨てた魔女の真相を、変わり果てた塔の様子を探るため、探索に協力するのであった。

本作の特徴は、やはりドットで描かれたマップとキャラクターの美しさです。そして、そのグラフィックで描かれた悲しくも希望のある物語です。
カホロもテトラも、そして魔女も、序盤の印象では分からない「何か」を抱えています。7階ある塔を探索する中で、真相が徐々に明かされていく仕掛けになっています。
探索は、単純にあちこちを調べて鍵を見つけるだけ。謎解きも追いかけっこも入っていません。ストーリーを追うことのみに注力した作品になっています。
ストーリーは読み進めるだけで10~20分で読了できます。

本作で気を付けなければいけないのは、「本作品のプレイ動画の投稿、および生放送などは一切禁止とさせて頂きます。」と注意書きにある通り、慎重に扱うべき表現が含まれる作品だということです。
本作「カホロとテトラ」には含まれないものの、他の作品には同性愛表現の見られるものもあります。ただし、それはあくまで「匂わせる」程度。「絆」を描くための一手段と見ておきましょう。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 五番目の首 -5th HEAD- 】

五番目の首
ジャンル [ 脱出アドベンチャー ]
作者 [ ひんじゃくごりら さま ]
容量・圧縮形式 [ 30MB・ZIP ]
製作ツール [ WOLF RPGエディター ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ 15歳以上推奨 ]
配布元 ダウンロード先

首だけ女(自律歩行可)の恐怖…

五番目の首 五番目の首 五番目の首

首無し馬にまたがる異形の旅人・國門國(こどくに)クチル。彼女は、とある森で異形の「食事」現場に居合わせる。
もちろん、同じ異形であるクチルに「食材」に対する慈悲も、「料理人」に対する怒りも無い。
しかし「料理人」は、あろうことかクチルにまでその刃を向ける。むなしく首を飛ばされてしまうクチル。
首だけでも生きられるクチルだが、体が無いのは不便でしょうがない。襲撃者に奪われた体を取り返すため、クチルは襲撃者の館に突入するのであった。

本作の作者・ひんじゃくごりら氏は、以前に「かたつムリ!」で取り上げました。
本作「五番目の首」は、「かたつムリ!」では垣間見せる程度であったクリーチャー造詣を前面に押し出し、異形性を脱出ゲームのカギにした作品です。
館内で手に入る「アイテム」は、鍵やスイッチばかりではありません。点在する棺の中には、同じく館に捕らわれた異形たちの身体が安置されています。その身体を「借りる」ことで、クチルはトラップ満載の館の謎を解いていくのです。

五番目の首 五番目の首

最も使いどころが多く、それ故に最も使いどころが難しいのが上画面の「鋸の身体」と「骨の身体」。どちらもCキーを押すことで専用のマップに移動できる能力を持っています。
特に、鋸の身体で移動できる吹き抜けや落とし穴は、意外な所に入っています。わたくしの初見プレイでは、落とし穴だった箇所を1つ見落としていたために10分ぐらい詰まっていました。
また、本作では意外と一発死トラップがひしめいています。浮かばないと進めない針山の上に、浮かんでいると吹き飛ばされてしまう突風が吹き荒れている…など、複数の身体を使い分ける謎解きも多くあります。

血も首も飛ぶハードな世界観ながら、クチルを初めとして登場人物たちはユルい性格ばかり。シリアスになりすぎずに楽しめる脱出アドベンチャーです。
途中の謎解きで詰まったとしても、プレイ時間は1時間未満。もしもの場合は、作者ブログにヒントもあるため、そちらをご参考ください。
なお、本作は「中盤の謎はどれからでも解ける」タイプです。もし、ワープポイントの番号に抜けがある場合は、どこかの部屋を見過ごしています。隅々まで探索しておきましょう。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 血染めのナナ -Bloody 7- 】

血染めのナナ
ジャンル [ 脱出ホラーアドベンチャー ]
作者 [ 夜雨ドッド さま ]
容量・圧縮形式 [ 30MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクールMV ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ 15歳以上推奨 ]
[ RPGアツマールでもプレイ可能 ]
配布元 ダウンロード先

知らない。私は7番目だから。

血染めのナナ

倉庫で目覚めた少女・ナナ。全身を赤い血で染めた以外は、プロフィールの全くわからない少女。
「ナナ」という名前も、カメラの向こうで語り掛ける男からそう呼ばれただけである。
ナナは、案内役に導かれるまま、無機質な施設からの脱出を図る。
血に染まった道を歩き、血に染まった死体を枕にし、血に染まった鍵で道を切り開く。
果たして、ナナと案内役は何を思うのか。彼女の声も、彼の想いも、モニタの前の我々には届かない…。

本作「血染めのナナ」を作り上げた夜雨ドッド氏は、「Efframai」「ライトを消すだけの高時給な宿直」「Myosotis」など、ショートなホラー作品で有名な作者です。
1時間以内の手軽な内容ながら様々な考察ができる展開が、実況プレイ界隈を初め、数々のファンを作り上げた作者です。
本作「血染めのナナ」も「1時間以内の手軽な内容ながら様々な考察ができる」作品です。3つあるENDは、すべて最終盤で枝分かれしますが、そこに至るまでの探索で、ナナと案内役に何が起こったのかしっかりと考察していくことが、本作にのめりこむために必要となります。それほど途中の展開も、ENDそのものも、語られる要素が少ない作品になっています。
なお、本作は「逃走無し」とReadMeに記載されていますが、GAME OVERとなる要素は入っています。中盤のNo.6…宇宙人のような恐竜人間のような謎の生命体に見つかると、逃走の余地なくパチキ殺されます。移動ルートさえ分かれば簡単に回避できますが、それでも初見殺しであることは間違いありません。中盤のカードキーを集めるシーンでは、セーブは細かくとっておくようにしましょう。

GAME OVERになる箇所さえ気を付ければ、ENDに行くまでにはそれほど苦労はかからないでしょう。道はほぼ一本道であるためです。ただし、「さらなる真相」を探るためには、ちょっとした寄り道と、ちょっとした知識を要求されます。そのためのヒントも、部屋のオブジェクトを隈なく調べていけば自ずとわかる仕掛けになっています。
何度も言いますが、本作を初めとして夜雨ドッド氏の作品は「色々なオブジェクトを読み込むこと」が楽しむコツです。能動的な探索をお勧めします。その結果がどうなるかは、責任を持てませんが…。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 幻影綺館 】

幻影綺館
ジャンル [ 探索ホラー ]
作者 [ 文斗 さま ]
容量・圧縮形式 [ 82MB・ZIP ]
製作ツール [ WOLF RPGエディター ]
言語 [ 日本語 ]
言語 [ 「幻影トリロジー」シリーズ 第一部 ]
配布元 ダウンロード先

「まぼろしさん」…って知ってる?

幻影綺館 幻影綺館

事件の始まりは他愛もない一言だった。
行動力旺盛な女子高生・安藤 蘭は、ミステリ研究部として、日夜怪しい噂を探求しては、友人の桜井 令士と部員の刀城 亜耶を巻き込んでいた。
ある日、ランが探り出したのは、町のはずれにある古屋敷「黒影館」と、そこに出没する「まぼろしさん」の噂であった。
レイジとアヤだけでなく、彼らの友人とクラスメイトも含めた計7人を巻き込んで、黒影館での肝試しが始まった。
半信半疑であったレイジも、「まぼろしさん」を求めるメンバーたちの目的を知るにつれ、そして、黒影館に自分の親同然の知人が住んでいたという事実を知り、興味と不安が増していった…。
そして、本番の交霊儀式を行った瞬間、悲劇は始まる。

幻影綺館 幻影綺館

ある者は内側から爆破されたような死体となり、ある者は怪物と化してメンバーに襲い来る。あまつさえ、出入り口は封印され、外部との通信も効かない。
これは只の噂話ではない。そう悟ったレイジは、脱出のため、悲劇の真相を探るため、そして、ほとんど失われた自らの記憶を探るため、黒影館の探索に乗り出すのであった。

本作の作者、文斗 さまは多作な作家です。本作「幻影綺館」から始まり、「幻影鏡界」「幻影回忌」と続く「幻影トリロジー」シリーズ、本作の前史となる「幻想シリーズ」4作品、単発作品の「エンケージ!」の8作がダウンロードできます。
2015年から今年まで、コンスタントに作品を作り上げただけあり、本作及び「幻影トリロジー」シリーズは、深い物語とそれを阻害しない適度な謎解きで楽しませてくれます。
実をいうと、私は「幻想シリーズ」を発表直後にプレイした経験があります。しかし、「幻想シリーズ」は謎解き・追いかけっこ共に難易度が高く、配布直後で攻略情報が無かった時代では二進も三進もいかず、積んだままになっていました。
「幻影綺館」からの「幻影トリロジー」シリーズに触れ、改めて「幻想シリーズ」も再開することになりました。むしろ、そんな難しい「幻想シリーズ」を経験してたからこそ、「幻影トリロジー」シリーズはプレイしやすさと退屈しないストーリーテリングを両立できたのでしょう。

先ほども言いましたが、「幻想シリーズ」は「幻影トリロジー」の前史になっています。とはいっても、その関わりは「幻想シリーズの事件や現象に軽く触れる」程度。「幻影トリロジー」シリーズをプレイしてから「幻想シリーズ」を攻略しても、重大なネタバレを事前閲覧してしまう心配はありません。
「幻想シリーズ」で起きた現象を知っていると、「幻影トリロジー」でニヤリとするような演出があるとだけ言っておきます。

ただし、「幻影トリロジー」シリーズをプレイする場合には注意が必要です。「幻影トリロジー」シリーズに限っては、必ず幻影綺館→幻影鏡界→幻影回忌の順にプレイするよう、心がけてください。幻影綺館のストーリーを最後まで知っている前提で、幻影鏡界・幻影回忌のストーリーは作られているからです。
どれが先か覚えておくために、ゲームフォルダに連番を振っておきましょう。私は「幻想シリーズ」で連番を振るのを忘れていたために、時系列がこんがらがってしまい、プレイ意欲が減退する一因となったほどです。
「えっ、そこまで警告する何かが『幻影綺館』にあるのか!?」と思った方は、是非「幻影綺館」からプレイしてください。単体でのプレイ時間は1時間少々。END分岐もほとんどないため、物語に没入して楽しめる作品です。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 呪者-jusya- 】

呪者-jusya-
ジャンル [ 探索ホラー ]
作者 [ 黒猫風船 さま ]
容量・圧縮形式 [ 414MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクールMV ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ RPGアツマールでもプレイ可能 ]
[ 15才以上推奨(性的表現/バイオレンス) ]
配布元 ダウンロード先

憧れのお姉さんはいずこへ…そして、何者!?

呪者-jusya-

中学入学を間近に控えた少年・ゆうき。しかし、彼の顔は暗かった。この大事な時期に彼の両親は離婚調停で忙しく、彼は田舎の祖母の家に預けられることになったのだ。
祖母や村の人たちとすぐに打ち解け、美人の巫女や謎めいた白髪の少女・ウタとも知り合い、まるでギャルゲーのような展開に思えた。
だが、本作はホラーである。

呪者-jusya-

明くる日、村の住人である小説家が変死、そして、祖母も急病で入院することとなった。
更に明くる日、打ち解けたばかりの友人であるマサヤまで変死体で発見された。
そして、怪異の魔の手はゆうきにも…。

呪者-jusya- 呪者-jusya-

相次ぐ事件で憔悴したゆうきは、青い花の咲く幽世に迷い込む。そこには、黒い影となった亡者、そして半身が影のように溶けた小説家とマサヤがいた。
幽世を知るウタから「お前は毎夜この幽世に誘い込まれる。脱出するためには、現世で死者のゆかりの品を集め、死者を成仏させねばならない」というアドバイスを受ける。
果たして、ゆうきは死者となった友人たち、そして自分自身を救うことはできるのだろうか!? そして、ゆうきが幽世に誘われたと同時に行方不明となった巫女の運命と正体は!?

本作は、RPGアツマールにて掲載された頃から注目していた作品です。以前に取り上げた「けもののうた」と同じ作者と知ったのは、本作をクリアした後でした。
「けもののうた」と見比べると、画力は確かな向上が見られます。そして、「けもののうた」の特徴であるキャラ…特に女性キャラの個性が立ち、シリアスと両立しているストーリーは本作でも健在です。
本作はRPGツクール製となっています。ナンバーキーなどの謎解きはありませんが、その分、ゲーム性のほとんどは亡者との追いかけっこになります。主人公の歩行速度が遅いため、難易度はかなり高くなります。
正直言って、ノーダメージクリアは絶望的なバランスになっています。「えっ、ライフ制!? ライフはどこで回復するの?」とお思いの方もいるでしょう。ライフの回復方法が、本作のやり込み要素かつEND分岐の重要なフラグとなっているのです。

呪者-jusya-

本作は、現世で作ったお弁当を幽世に持ち込んでライフにします。お弁当はグレードアップするたびに、握り飯<サンドウィッチ<ナポリタン<豪華弁当の順に最大ライフが増えていく仕掛けになっています。
グレードの高いお弁当を作るためには、現世でのイベントをクリアして「生活力」を増やす必要があるのです。そして、お弁当作りに成功するためには、ミニゲームであるモグラ叩きで規定点数以上を稼ぐ必要もあります。
このモグラ叩き、意外と繊細な操作が必要です。RPGツクールMVのマップイベントを利用しており、約50ピクセル四方の歩行グラフィックを正確にクリックしないといけません。当然ながら、お弁当がグレードアップするごとにモグラ叩きの難易度も上がります。制限時間の減少、得点にならない花の追加、モグラの出現時間まで短くなっていきます。
先述の通り、幽世での追いかけっこは難易度が高く、初見では面白いようにライフが減っていきます。モグラ叩きの続きでマウス操作にしているなら尚更です。下手に低レベルクリアを目指さず、お弁当のグレードアップはしっかりやっておきましょう。
お弁当を作る台所にはセーブポイントがあるため、セーブしてからモグラ叩きに臨むよう心がけてください。

本作には、「15才以上推奨」「性的表現/バイオレンス」な表現が多分に含まれています。それは、巫女のお姉さんとの「おねショタ」、ウタとの「ロリショタ」なものとは限りません。むしろ、真っ当な恋愛方面はかなり抑えめです。
果たして、この村に眠る凄惨な真相とは…1周なら1時間程度で終わりますが、全ENDコンプリートを目指すとなると、どれだけ時間がかかるのやら…。私は、「けもののうた」と同じく、本作もTrue ENDの方を先に見てしまったので。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ