■ 投稿レビュー アドベンチャー 48
Spooky's Jump
Scare Mansion
MY HOBBY IS 短編版 秒針は夢を見る 横路の物語 絡繰りヘンクツの城
幽霊と青年 死にたがりの魔女 鉄格子の逢瀬 IRIS-豪雪の王- アイシャの子守歌

【 Spooky's Jump Scare Mansion 】

Spooky's Jump Scare Mansion
レビュワー [ DECOすけ野郎 ]
ジャンル [ 1000部屋もある洋館ホラーゲーム ]
作者 [ Lag Studios (Akuma Kira さま・Psychobilly2422 さま) ]
容量・圧縮形式 [ 304MB・ZIP ]
製作ツール [ Game Maker ]
言語 [ 英語 ]
備考 [ Steam版はこちら ]
配布元 ダウンロード先

かわいらしい幽霊!かわいらしい脅かし!しかしそれだけでは終わらない!

プレイヤーは、小高い丘の上にある謎の洋館をひたすら探索していきます。
かわいい幽霊、Spookyが送り出す数々の刺客から逃れられるか? 1000部屋を通り抜けることが出来るだろうか? というのが主なお話です。

いきなり 「この作品は暴力、およびショッキングな表現が含まれます」
と警告で出てくるのは伊達じゃあない。マジで怖いぞ。
例えるなら、初めて次世代ゲーム機でホラーゲームをやった時の恐怖感に近い。

一部屋はとても短い。大半は歩いていても何も起こらない。
しかし、脅かしはマジでビビる。夜にやると、思いっきり声が出るほど驚く。
まだかわいいからそれほどでもないか、と思うよね?
でも、脅かしオブジェに同伴しているメモに書いている内容が

「誰かにつけられているような気がする」

「喉が渇く…水が…欲しい…」

「ペンのインクを飲んでみた。マズい。あまりロマンティックではない」

「ほとばしる はねかえる ずぶぬれになる
はらわた せっしゅ のろう
くぎうち くびしめを とめない」

とどんどん不穏になってくるからな!辞めるなら今のうちだぞ!

残念ながら、一度入ったものは引き返せません。
何故なら、この洋館には殺傷力が高いヤバいものが潜んでいて、それから逃げなければ永遠に館に囚われてしまうからです。
このゲームで大事なのは、笑えられるうちに笑っておけ、余裕をかますのは余裕があるうちにやっておけ、来た道は覚えておけ、ということです。


 管理人コメント

本作では50階ごとにセーブされます。私でもギリギリ3D酔いに耐えられる長さです。
序盤では明らかにハリボテと分かる驚かしですが、序盤のメモ書きにも「喉が渇く…水が…欲しい…」レベルの不穏な書き込みは数々見ることができます。
そして、階を進めるにつれ、仕掛けはどんどん真に迫ったものになっていきます。部屋の複雑さも、それに応じて難しくなっていきます。逃げ帰るときだけでなく、私のように3D酔いの厳しい方は、十分注意してください。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 MY HOBBY IS 短編版 】

MY HOBBY IS
レビュワー [ シュン ]
ジャンル [ 超短編 ]
作者 [ 静本はる さま ]
容量・圧縮形式 [ 44.5MB・ZIP ]
制作ツール [ 吉里吉里2/KAG3 ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

何やっても傷つかない体質って・・・2次元じゃあるまいし(2次元です!

 静本はるさまの作品がまた出てきました。今作も絵に力を入れてるのが良く分かります。
短いながら立ち絵のバリエーションが多く、アニメーションやミニスチルも入っていて中々豪華です。
「短編版」となっているからには長編もあるはずですが・・・本当に出るのでしょうか?

 ジャック(もちろんニックネーム)は人殺しが趣味というとんでもなく危険な男です。
しかし、何故か何をやっても一切傷つかない体質の女子高生と出会ってから彼の運命は一変します。
どうにかして彼女を殺そうとその女子高生に付きまとい始めるジャックでしたが・・・。

 選択肢無し、普通に進めても10分くらいで終わる短編です。話としてもありきたりといえばそれまでですが・・・。
これだけ短いのに立ち絵の種類やスチルの出し方にどうしてここまで拘っているのでしょうか・・・。
絵で魅せよう!という気持ちが良く伝わってきます。タイトル画面やスタッフロールもカッコイイし、キャラ紹介も面白いです。
話としては十分完結していますが、これは続きがありそうな雰囲気です。もし続きがあるとしたらどんな話になるのでしょうかね・・・。


 管理人コメント

本作はまさに「超」短編です。ほぼ主要キャラ2名の紹介だけで終了します。
ただし、その主要キャラ2名のキャラは濃く、この2名で展開するドタバタ騒動は楽しみです。少しずつでもいいので、追加更新を求めていきたい所存です。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 秒針は夢を見る 】

秒針は夢を見る
レビュワー [ シュン ]
ジャンル [ 時計塔を巡る言葉と記憶のアドベンチャーゲーム ]
作者 [ 時計塔プロジェクト さま ]
容量・圧縮形式 [ 11.1MB・ZIP ]
制作ツール [ RPGツクール2000 ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

時計塔に散らばった言葉と記憶。集めた先にあるものとは?

 『時計塔プロジェクト』の1つである作品で、今作のテーマは「記憶」です。
特定の言葉がアイテムとして格納されるというこの世界の真相とは何なのでしょうか。
しかし主人公、そんな出来事があったとはですね・・・予想も出来ませんでした。

 主人公は青年に連れられ時計塔に向かいました。何故か主人公は記憶を失っています。
言葉を集め、本のタイトルを完成させると同時に、失われた主人公の記憶を見つけ出します。
この時計塔は一体何のために存在してるのでしょうか・・・?

 言葉を探して正しい本のタイトルを答え、時計塔の中を進んでいきます。
言葉を入力する時は漢字やカタカナだとしても必ず「ひらがな」で入力することに注意してください。
特定の本のタイトルを完成させると時刻が追加され、行ける場所が増えます。
言葉はただ本のタイトルとなるだけでなく、特定の場所で使う場合も。それによっても新しい言葉が手に入ります。
難しいと思ってもヒントがあるので詰まることは無いでしょう。・・・自分も結構彷徨っていましたが・・・。
エンドは2つ。言葉を引き継いで周回も可能です。普通ならどうやってもスッキリしないエンドの方に辿り着くはずです。
そのエンドに回避するには・・・詳しいことは伏せますがある条件を満たすことと、ある単語を間違えずに入力することです。
そこで判明する主人公の本当の姿と実際に起こった出来事とは・・・?時計塔の意味とは・・・?


 管理人コメント

入力するキーワードは、アイテムとして確認できる物に限られます。であるのならば、アイテム入手をフラグにした選択肢にするのがセオリーのはずなのに、何故か「ひらがなに変換→カーソル操作で名前入力」という面倒くさい手順を求めてきます。
もちろん、これには理由があります。ただし、それが分かるのは終盤のこと。それまで乗り越えてください。
それでなくても、数十を超えるキーワードからノーヒントで題名に合うものを求めるのは、はっきり言って不可能です。ある程度間違うと、ヒントの箇所がピックアップされます。間違えた回数はENDには影響しないため、色々と入力してみましょう。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 横路の物語 】

横路の物語
レビュワー [ シュン ]
ジャンル [ 時をさかのぼり人生を書き換える女性向け恋愛アドベンチャー ]
作者 [ slow call Light (深妃名 さま & chio さま) ]
容量・圧縮形式 [ 180MB・ZIP ]
制作ツール [ 吉里吉里2/KAG3 ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

関係も接点も無さそうな人物たちと主人公が紡ぐ「横路の物語」とは?

 全くと言って良いほど関係の無さそうな人物の本当の物語を見つけることになる乙女ゲーです。
自分では関係ないと思っていてもそれは当人が気づいてないだけで、本当は関わるべき人物だとしたら・・・?
本当、こんなに主人公と関わりが深い人物だったとは自分も思いもしませんでしたね。無自覚恐るべし、です。

 主人公、高田 紗文は何事も無く平和に過ごしてきた高校3年生。
しかし、卒業式の日トラックに轢かれ命を落としてしまいます・・・となるはずでしたが。
死の直前、特に気にも留めてない3人の顔が思い浮かび、何故か彼女は高校3年生の始業式の日に戻っていたのでした。
目の前に現れた「時使い」の話によると、死の運命を覆すには先ほどの3人の中から1人を選び、
その人物が関わる自分にとって大切な物語・・・「横路の物語」を見つけることが必要になるようです。
思い浮かんだ3人は目立たないクラスメイト、(主人公の)弟の友達、名前も知らない喫茶店の店員。
主人公と接点が無いはずの彼らは主人公とどんな繋がりがあるのでしょうか。
「横路の物語」を見つけるために再び高校3年生を始める主人公の行く末は・・・?

 場所選択→選択肢で話を進めていき、一定回数キャラに会うと次の季節へ・・・というのが主な流れです。
選択肢の内容に応じて白と黒のウサギのどちらかが現れ、これに応じてエンドが決定されていきます。
コンフィグにて「紗文メモ」の設定が出来、これをOnにするとどんな選択肢を選んだかが分かるようになります。
あまり黒の方面へ話を進めたり、仲良くなってないキャラに会いに行くとバッドエンド(エンドリストには載らない)になります。
各攻略対象に白ウサギエンド、黒ウサギエンドが用意されています。前者がトゥルーエンド、後者がノーマルエンド、という位置付けでしょう。
別に黒ウサギエンドになっても悲しい展開になったりしないのでご安心ください。むしろこっちの方が幸せそうなパターンもあります。
真実は明らかになりませんのでモヤモヤする部分もあるかもしれません。やはり白ウサギエンドを目指してみてください。

 あらすじにて主人公が思い浮かんだ3人は次の通りです。簡単なキャラ紹介も一緒に。

目立たないクラスメイト:黒木 瞬司 主人公も話をしたことがロクにありません。
主人公と同じ飼育委員だったことが分かります。また、過去にある約束をしたようですが・・・。

(主人公の)弟の友達:坂口 春太 主人公の家に良く遊びに行ってます。とはいえ印象は薄めです。
主人公の弟とは真逆とも言える礼儀正しい性格です。しかしその裏に隠された秘密とは・・・?

名前も知らない喫茶店の店員:錦織 恵 オーダー以外では話したことが無く、主人公も名前を知りません。
大学生で、喫茶店もアルバイトで来ているようです。そしてある人物が関わってくるようですが・・・。

一見すると死の直前に思い浮かべることも無さそうな人物たちです。何故彼らなのでしょうか。
もちろん主人公と全く関係無いということはありません。必ずどこかで関わりがあり、攻略対象の人生にも大きな変化があります。
主人公が何事も無く過ごしてきたと思っていたために見過ごしていた「物語」。それを見つけることが出来るでしょうか?
どのルートも魅力的ですが、瞬司ルートだけでも最後に見ることをオススメします。この話の本質が沢山盛り込まれており、恋愛要素も強いです。

 この作品、季節によってはスチルにおいて服装に変化があります。同様に立ち絵も季節や平日、休日に応じて変化があります。
淡い雰囲気のイラスト、OPムービー(歌付き)、コンプスチルと魅力的な所はいっぱいありますよ~!
それにしてもあの時使い、一体何者だったのでしょうか・・・。一応どんなことをしてるのかは明かされますが、詳しいことは分からぬままです。
何だかんだいって主人公を導いてくれたというのに・・・。攻略対象にもなりませんし。隠しでもいいので彼とのルートもあればもっと楽しめたかも?


 管理人コメント

BAD ENDは死というのが予め示されたことで、必死で走馬燈に浮かんだ3人の物語を追う動機が作られています。そんな自己中心的な動機で始めた物語ですが、話を追っていくにつれ、3人と主人公との意外なかかわりが浮かび上がってくる仕掛けになっています。
時使いルートが無い点には、私も驚きました。序盤の印象では、彼ほどインパクトの強いキャラがいなかったからです。彼の存在が無ければ、序盤ではおぼろげな印象しかなかった3人との物語を追う動機など作れなかったでしょう。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 絡繰りヘンクツの城 】

絡繰りヘンクツの城
レビュワー [ シュン ]
ジャンル [ 戦闘要素あり、謎解き系探索ADV ]
作者 [ 船 さま ]
容量・圧縮形式 [ 67.3MB・ZIP ]
制作ツール [ WOLF RPGエディター ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

「ヘンクツ」なのは城?カラクリ?人形?それとも人間?

 今までの船様との作品とは少々趣が異なり、戦闘要素有りの探索アドベンチャーとなっています。
主人公は話の中心人物ではなくあくまでも「プレイヤー」。実際の話の中心人物はとある2人です。
話を進めていくと単純な探索、脱出物ではないのが伝わってきます・・・!

 ある日、仇と勘違いされとある城に連れて行かれた主人公。ここは「ヘンクツ城」と呼ばれるカラクリだらけの城。
誤解も解けていざ帰れると思ったら扉が壊れており、今すぐ帰ることは出来ないようです。
あらゆる謎解きを解き、時には戦闘もこなしつつ、この城の脱出を目指すことになる主人公。
一方、この城では何か不穏な動きがあるようです。仇とは一体誰なのでしょうか?待ち受ける運命とは?
注:主人公は男女どちらか1人を選択可能 名前変更可能で、デフォ名は男が海誠(かいせい)、女が奏良(そら)。

絡繰りヘンクツの城 絡繰りヘンクツの城

 カラクリを解きながら先に進み、途中からは戦闘要素も加わって敵を倒していくことになります。
ミニゲームでお金を稼いだり、敵を倒すと入手できるアイテムを換金したり、武器を強化したりも出来ます。
エンドは5つ。ルートは大まかに分けて2つで、一方のルートはフラグを立てないと進めないようになっています。
フラグの条件は中々厳しいです。例えば特定の場面で特定の選択肢を選ばなければいけない、怒らせてしまうと先に進めない、あるアイテムを作ってもらう、など。
また、1周目では一番良いエンドに辿り着くことは不可能であり、先にあるエンドを見て、ルートを追加しておくことが必要になります。
特定の場面でのセーブデータを残さなければ面倒なことになってしまいます。こまめなセーブも必要です。
基本的に戦闘で負けても問題は無いですが、特定の戦闘では負けるとそのままゲーム終了の場合も。
その戦闘もある程度レベル(段)を上げなければ敗北する場合もあるため、ある程度は鍛えておきましょう。
特殊技能も戦闘中に技を閃くことによって覚えるため、やはり戦闘は必要です。

 さて、注目すべきは蛙のお面を被っているカワズ姫と龍のお面を被っているヘンクツ様。
この2人の素顔や本名はルートによっては話の途中で明かされますが・・・ネタバレになるのでこれ以上の言及はしないでおきます。
過去に何かあったことがこれまた話の途中で判明します。何故かカワズ姫はヘンクツ様に会いたくないようですが・・・。
主人公はそんな真実を明かすことしか出来ず、話の本質に関わることもありません。ある意味プレイヤーらしいとも言えます。
このままでは悲しい結末となってしまうあの2人を救うことは出来るでしょうか・・・?
ちなみに自分は男性主人公で最後までクリアしました。女性主人公は・・・まだ途中です・・・。


 管理人コメント

船さまの今までの作品というと、「夢堕ちのインキュバス」「狐憑き学園七不思議」など、ストーリー中心の作品が主でした。
今回、WOLF RPGエディターに舞台を移し、謎解き中心のゲームになりました。謎解きの個数はかなりの数に上ります。流石に序盤は簡単なので、どんだけあるのかセーブ係に問い合わせたところ、「74」という予想外にもほどがある個数を宣言されました。
これらの謎は、完全に解ききらなくてもENDを見ることは可能です。しかし、解けば解くほど良いENDになることは確かなので、いろいろと探し回ってみるのがオススメです。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 幽霊と青年 】

幽霊と青年
レビュワー [ シュン ]
ジャンル [ 幽霊が部屋を脱出するワンマップADV ]
作者 [ よひら さま ]
容量・圧縮形式 [ 16.2MB・ZIP ]
制作ツール [ WOLF RPGエディター ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ 12歳以上推奨 ]
配布元 ダウンロード先

たとえ下手だとしてもそれを続ける勇気はありますか?

 いわゆる「ワンマップ」系の作品です。1つの部屋だけで全ての目的を達成することが必要になります。
立ち絵やキャラチップがやたらとアニメーションするのが特徴です。細かいですね・・・。
また、「下手の横好き」ということわざがやたらと強調されているのも特徴です。
確かに「好きなのに上達しない」「続けても上達しない」ことを不快に思う気持ちは分かります。
でもですね・・・そんなにハッキリ否定しなくてもいいじゃないですか・・・!何を続けたいかだなんて本人の勝手でしょ!

 とある事情から霊体になってしまった主人公、白石悠。物には直接触れられず、人もすり抜けてしまいます。
部屋から出られなくなっており、その原因を解決するため行動を起こすことになります。
そしてこの部屋の住民である青年、田澤直哉にも何か事情があるようで・・・?

 幽霊になった主人公を操作し、部屋から出られなくなっている原因となる盛り塩を崩すことになります。
ポルターガイストを使って様々なアクションを起こします。話が進むと物から過去の残留思念を読むこと(記憶を読む力)も可能になります。
また、セーブも携帯にポルターガイストを使用することによって行います。
更に一定時間青年に憑依することも可能であり、これを利用して青年に何かを見せることが出来ます。
エンドは2つ。初見では確実にスッキリしないエンドに到達するでしょう。完全に報われないですね・・・。
それを避けるためにはとある行動をする前にある人物に話しかける必要があります。2周目からはヒントも増えますので参考にしてみてください。

幽霊と青年 幽霊と青年

 盛り塩を崩したり、「記憶を読む力」を使うことによって明かされていく過去。それはあまりにも理不尽で現実的で辛い出来事です。
悠の母親は本当に腹が立ちますね・・・。全部人のせいにして・・・木偶の坊は貴方なんじゃないですか!?と思いました。
あの女子生徒も上辺だけあんな態度をして頭にきました。じゃあ何でわざわざ受け取ったのですか・・・!?嫌ならキッパリ断るべきですよ!
確かに好きなことであっても才能が無ければ幾ら努力しても無駄だと思うでしょう。自分でそれを自覚しているかしてないかに関わらず。
だからといって好きでもないこと、興味の無いこと、自分のためにならないことを続けることも無駄なのではないでしょうか。
途中悠に力を貸してくれる守護霊が語る「本当に大切な物」。それは目に見えるものなのでしょうか?
ちなみにおまけ部屋は普通にエンドを進めただけでは入れないのでご注意ください。入るには「記憶を読む力」が鍵を握ります。


 管理人コメント

実を言うと、本作で一番苦労したのは、序盤も序盤、玄関に落ちたポスターを拾う箇所でした。何度触れてもドアを調べてしまい、「何で取れないんだろう」と思ってしまいました。作者様のHPにも、流石にこんな序盤でのヒントは載っておらず、いきなり「詰んだ」かと思いました。上手くいかない場合は、玄関で「横向きになって」調べてみましょう。
そこ以外のENDは、詳しい手順がゲーム内、もしくは作者様のHPに記載されています。真ENDの方は、手順を解く中で表示される回想シーンや、END自体の展開から、2週目以降を前提としています。2週目になれば、真ENDへのヒントが増えるため、とりあえずはNORMAL ENDを目指しましょう。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 死にたがりの魔女 】

死にたがりの魔女
レビュワー [ シュン ]
ジャンル [ 鬱要素を含むホラー風探索ゲーム ]
作者 [ ヤヤ さま ]
容量・圧縮形式 [ 82.9MB・自己解凍方式 ]
制作ツール [ RPGツクールVX Ace ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

謎しか残らない。むしろ謎以外何も残らない・・・。

 『キミモノガタリ』のとあるエンドにあるおまけパートの続編となる作品です。
前作のキャラも登場するものの話には直接関わりません。前作主人公もほぼ登場しません。今作の主役はおまけパートに登場した魔女とその関係者たちです。
作者様もわざわざ語っている通り肝心の謎は解けないまま終わってしまうため、想像で補うしかないことに注意してください。

 とある魔女が人喰い本を使って異世界に飛び込んで行ったことを知った死の世界の王、リック。彼は魔女を追って人喰い本の中に飛び込みます。
ここは奇妙な住民や謎だらけな部屋、そしてレイという何かを知っていそうな人物。
どうして魔女はこの世界に飛び込んだのでしょうか・・・。一体彼らに何があったというのでしょうか・・・?

 『キミモノガタリ』と同様に探索と謎解きを行い、キャラの過去や魔女たちの秘密も語られていきます。
あらかじめ特定の場所を調べておかないと謎解きを行えない場合があるので注意してください。
特定の謎解きを間違うとゲームオーバーエンド、追いかけっこで捕まったり選択肢を間違えるとバッドエンドになります。
今回は記録くんが同行している時にセーブが可能となっており、一部場面(エンド分岐がある箇所など)でもセーブ可能です。
一度クリアしても油断は出来ませんよ・・・!あることを見逃していませんか・・・!?

 どうやら魔女はリックに嫌われているようです。その理由は・・・簡単に言ったら「逆恨み」のようにも見えます。
人喰い本は「自分を消滅させたい」時に現れると言います。つまりあの魔女は・・・?
前作のキャラたちの過去も更に深いところまで語られるようになり、もっとやるせない気持ちになってしまいます。救いが無いですね・・・。
でも結局肝心の謎が解決されないままで、しかもとある人物が全く救われない結末です。たとえ一番良いエンドだとしても。
想像の予知すら出来ない部分もあり、何だかリックたちが可哀想になってきます。
あの魔女も・・・これで本当に救われたのかが分かりません。皆に振り回されて・・・もしかしたら一番可哀想かもしれませんね。


 管理人コメント

「死にたがりの魔女」のストーリーは、完全に「キミモノガタリ」を読了していることを前提に作られています。そのため、ストーリーの序盤部に触れただけでも「キミモノガタリ」のネタバレになってしまいます。
人喰い本の中の世界も、「キミモノガタリ」の記憶を反映しているうえ、特にその点に何の説明もありません。何故か…それは「キミモノガタリ」の中で余すところなく説明しているからです。
必ず、「キミモノガタリ」を読了してから「死にたがりの魔女」をプレイするようにしましょう。「読了」とは、「キミモノガタリ」真END後のおまけシナリオも指します。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 鉄格子の逢瀬 】

鉄格子の逢瀬
レビュワー [ シュン ]
ジャンル [ 鉄格子を隔てた2人の出会いの行方 ]
作者 [ アオイサクラ さま ]
容量・圧縮形式 [ 53.0MB・ZIP ]
制作ツール [ ティラノスクリプト ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ 15歳以上推奨 ]
配布元 ダウンロード先

敵同士であるはずの2人の出会い。そして迫る処刑の時。

 「メインキャラ2人が両方生き残れる結末は1つだけ」という非常に厳しい話です。
見た感じは乙女ゲーっぽい雰囲気がありますが実際はそうでもなく、一般向けの作品でしょう。
実際とある乙女ゲーを制作中の作者様なのでそんな感じがするのも無理はないかもしれません。

 戦争で一人生き残り、故郷を追われて旅をしているノエル。雨宿りのためにやって来た古びた建物ででディートハルトという男と出会います。
どうやらここは監獄で、彼は5日後に処刑される最後の囚人らしいです。
監獄長の話によるとここに匿っても良い代わりに彼の見張りを手伝って欲しいとのことで、ノエルはその提案に応じます。
ノエルは見張りを兼ねて鉄格子を隔てた彼と会話していきます。そこに真実はあるのでしょうか。
彼女の決断はどうなるのでしょうか?起こった戦争で一体何があったのでしょうか・・・!?

 5日後に迫る処刑までの間、選択肢に応じて好感度が上がっていき、好感度と最後の選択でエンドが決まります。
選択肢は難しく無いはずです。作者ブログに完全攻略もあります・・・が手順が少し違う箇所があるので注意が必要です。
最終的な選択肢はディートハルトを処刑するかしないかですが、それに応じて大きく話が変化していきます。
エンド数は5つで、ハッピーエンドが1つ、バッドエンドが4つ。ハッピーエンドのみ話が長く、全ての真相が明らかになるトゥルーエンドの要素も含まれます。
無事辿り着くには選択肢の正解を良く考える必要がありますよ・・・!

鉄格子の逢瀬

 さて、何故にディートハルトは処刑されることになるのでしょうか。話を聞く限り、本人が悪いことをしたわけでは無い模様です。
それはノエルにも深く関わる出来事です。彼に殺意さえ湧いてしまうほどの・・・!
4つのバッドエンドは2人が両方助かることはありません。そればかりか自らの手で無残に殺す・・・といった展開まであります。
対するハッピーエンドは戦争のことだけではなくこの牢獄や処刑に関する真相も明かされます。
そこまでに繋がるパズルのピースが全て合わさったような、そんな展開となっています。
特に注目すべきは実際のところ誰が正義だったのか、という部分。意外な人がどうしようもない悪だったことが判明した時は驚きましたね。
ハッピーエンドのラストは・・・これからの希望に期待が持てる結末・・・と言っておきましょう。

鉄格子の逢瀬


 管理人コメント

iPhone版配布のころに、各種レビューサイトで話題となった作品です。「衝撃の展開」と「心を通い合わせた囚人を処刑するかどうかのジレンマ」…レビューサイトの評価はそれが中心となっていました。
実際にプレイすると、その2つの印象から私が思い浮かべていたものとは、まるっきり異なる物でした。ノエル自身にも、ディートハルトを恨む理由があり、彼を自らの手で処刑するENDも複数あります。ラストの選択肢で大きなENDは分かれますが、その前の選択肢で稼いでいた好感度によっても細かく変わり、周回前提のストーリーになっています。
真相であるTRUE ENDは、他のENDを見てからにしましょう。公式サイトの攻略チャートを見れば、それほど難しくもないでしょう。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 IRIS-豪雪の王- 】

IRIS-豪雪の王-
レビュワー [ シュン ]
ジャンル [ 泣けるBLゲーム(本格ファンタジー) ]
作者 [ GriMo+(藤原聡美 さま、虎井シグマ さま、夏野式 さま、他) ]
容量・圧縮形式 [ 469MB・ZIP ]
制作ツール [ 吉里吉里2/KAG3 ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ 15歳以上推奨 ]
配布元 ダウンロード先

天才魔術士とお馬鹿な魔術士の出会いが運命を変える鍵になります。

 女性向け、BL要素もある作品なのですが、実際のところ男性でも十分楽しめるかと思います。
特定のエンドにしか目立ったBL展開は無いことを確認しました。そこは十分飛ばせる余地があります。
重要なシーンにはボイス付き。簡単な戦闘要素もあります。さて、主人公の運命はどこへ向かうのでしょうか!?

 ルカ・ウィスタリアは王立魔術研究所に所属する優秀な魔術士。であると同時に剣術の使い手でもあります。
完璧主義者である彼は役立たずな部下に悩まされながらも研究の日々を送っていました。
そんな彼は信頼していた教授に無実の罪を着せられ、地位や研究の成果を失ってしまいます。
釈放されたものの左遷も同然の出向を命じられ、向かった先は辺境の地にある初等魔術学校。
その場所で出会ったのはルカと相性最悪の黒魔術士レオグリフ、領主の姪ドーリス、大人を嫌ってる様子の少年ガラモンド・・・
他にも悪魔や謎多き女性魔術師などがルカに関わってきます。
様々な出会いと出来事の先に待つ彼らの秘密と真実、そして「豪雪の王」とは・・・?

 単純に話を進めるだけでなく、簡単な戦闘を行う場面があります。直前に確認画面が出るので心配は無用です。
戦闘に負けたり、特定の選択肢を間違えるとバッドエンド(エンドリストには載らない)や屈辱的なエンドを迎えてしまいます。
トゥルーエンドに進むには道中の選択肢が重要です。特定の選択肢で正しい物を選ぶと音が鳴るのでそれを頼りに進めましょう。
途中あるアイテムを手に入れたらトゥルーへの道が開きます。もし手に入れてない場合、ノーマルエンド確定です。
トゥルーエンドのルートに入れても最後まで油断はなりませんよ・・・!ヒントはあるコマンドを選ぶことと、引き返さないことです。
あとがきによるとどうやらまだ続きがあるようなのでそちらも気になります。

IRIS-豪雪の王- IRIS-豪雪の王- IRIS-豪雪の王-

 始めこそはコメディ要素も強いですが、次第にシリアスへと話がシフトしていきます。
第7章から明かされる真実は唖然としました。まさか・・・ルカがそんな運命を背負っているだなんて・・・!
ただの明るいバカだと思っていたレオグリフ。彼の意外な過去と正体とは・・・?
BL要素が多分に含まれるエンドもスチルとボイスが破壊力満点です。
スチルリストや回想リストを埋めるにあたり、冗談抜きで苦手な人にとっては辛いと思いますのでスルーを強く推奨します。
一見すると相性が悪そうに見えるルカとレオグリフ。実際の所は互いの足りない部分を補える相性の良い2人かもしれません。
馬鹿と天才は紙一重・・・いや、両者揃ってこそ力を発揮できるのでしょうか?


 管理人コメント

チャランポランなレオグリフの事をさんざん「バカだバカだ」と苦々しく思っているルカですが、ルカはルカで「学園内で道に迷った末に踊りだす」「『一番の武器は?』という自らの問いに『頭脳』とか『美貌』とか答える」など、十二分すぎるほどアホの子です。
OPで部下に辛く当たる様子からは、彼が主人公だとどうしても思えませんが、その後のこういったコメディ的な選択肢、レオグリフなどと付き合っていくうちに変わっていく心の内など、ストーリーを追うごとにルカに対する好感度が上がっていく仕掛けになっています。
基本的にはルカとレオグリフのバディものですが、ルカにモーションを掛けてくる悪魔・シェオル、一筋縄ではいかない候補者探しなど、選択肢によっていろいろな物語が展開されていきます。ただ、その中にはボーイズラブ要素もあるため、十分にご了承とご注意のうえプレイしてください。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 アイシャの子守歌 】

アイシャの子守歌
レビュワー [ シュン ]
ジャンル [ 短編探索ホラーアドベンチャー ]
作者 [ あうぐ さま ]
容量・圧縮形式 [ 11.8MB・ZIP ]
制作ツール [ WOLF RPGエディター ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

少女に捧げる歌は・・・子守歌では無く鎮魂歌(レクイエム)なのですか?

 15分程度の分岐の無い短い話で明かされない部分が多い作品です。その分演出やマップに拘りが感じられます。
あまりに作品の情報が少なく語れることも少ないため、あらすじは省きます。
ホラーと呼ぶには怖さは少ないですが突然驚かされる場面もありますので心の準備を。

 肝心の内容ですが、何かの建物の地下から始まり、主人公は探索を行うことになります。
ルートは一本道で分岐は無く、ゲームオーバーも無いため、探索に専念しましょう。
途中で読める日記やメモには何が起こっていたかやキャラの真意などが記されています。
情報は断片的なものしか明かされず、真相は自分で考える他ありません。
自分が推測するに主人公を守るために自らを犠牲にした存在がいる・・・と考えています。
いずれにしても物悲しい話です。もっと他に道は無かったのか、とさえ思ってしまいます。
ラストの展開もこの話の本質を示しているかのようで更に悲しくなってしまいますね・・・。


 管理人コメント

このゲームで語られることは本当に少なく、ストーリーの全体像は、プレイヤーが「類推」していく他ありません。
私も初プレイの際には、あまりにも謎を残したEDに「あれっ、どこか見逃した選択肢でもあったかな!?」と疑問が浮かびました。
作者様のHPには、他にも多数のADVがありますが、どれも、主人公の背景・結末についてはボカされている点が多くあります。
その手法は作を重ねるごとに洗練されていきます。その流れを見ながらプレイするのもおススメです。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ