■ 投稿レビュー アドベンチャー 54
黄昏の異界島2 ワケありの暴君さん Find Nights of the Knife 氷の涙
あなたはばけものですか? バケモノハイツ 幸せなエミリー レイニートレイン

【 黄昏の異界島2 】

黄昏の異界島2
レビュワー [ だるま ]
ジャンル [ アドベンチャー ]
作者 [ き~ちゃん さま ]
容量・圧縮形式 [ 122MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクールMV ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

ハマリ度:8 グラフィック:9 サウンド:7

アイコン以外の絵が自作。つまり絵がほとんど自作。これって結構珍しいと思う。
まあでも、絵も大事だけど中身も大事。それはどうかというと、なかなかの難易度であり、久々に考えちゃいました。
はまる人ははまるかな。

モードが2つあって、「死神モード」と「冒険者モード」があります。
まずは、「冒険者モード」をお勧めしますが、この後、「死神モード」もお勧めです。
death子の話す内容が変わりますので。


 管理人コメント

本作のジャンルは「パソコン黎明期のテキストアドベンチャー」です。選択肢を入力して展開を進めていくアドベンチャーです。
初見殺しの多さも、「シャドウゲイト」などに代表される当時のアドベンチャーの理不尽さを再現したものです。回避手順は大体一度死ねば分かりますし、「冒険者モード」では死亡シーンのある箇所でdeath子がアドバイスをくれます。
ただし、操作感が現在のトレンドとは異なるため、思わぬところで詰まるかもしれません。私が詰まった地点は、序盤のリザードマンを倒した後の攻略でした。マップ画面が北を正面にしていたため、「南に行く」を「前のマップに戻る」と誤解していたのです。「前のマップに戻る」は、常に↓キーに割り振られています。
現時点では「素人」としか言えない独自のグラフィックですが、2017年3月発表の「黄昏の異界島1」から2017年10月発表の「黄昏の異界島2」の間に、確かな画力向上が見られます。このまま努力を重ねれば、一時代築ける可能性も!?

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 ワケありの暴君さん 】

ワケありの暴君さん
レビュワー [ シュン ]
ジャンル [ ワケありの暴君に閉じ込められる短編ADV ]
作者 [ レイ さま ]
容量・圧縮形式 [ 61.4MB・ブラウザゲーム ]
制作ツール [ RPGツクールMV ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

こんなの暴君じゃないわ!ただのツンデレよ!

 短い時間で簡単に遊べる脱出ゲームです。女性向け・・・とのことですがそれほど女性向けでもなく、性別関係なく誰でも楽しめるかと思います。
最初は理不尽に感じるのですが次第にそうでもなくなっていく様子が楽しいです。そしてあの主人公・・・色々凄いです。

 女子高生の愛々子(ナナコ)は目を覚ますといつの間にか知らない部屋にいました。
どうやら瑠璃哉(ルリヤ)という先輩に逆恨みで連れ去られて閉じ込められたようです。
彼と一緒に部屋からの脱出をすることとなった愛々子でしたが・・・。

ワケありの暴君さん

 ということで理不尽な先輩と脱出することになった主人公。大体20分くらいで終わらせられると思います。
謎解きもありますが難易度は低め。いざとなったらヒントもくれるので楽に進められます。
終わったと思ってももう少しだけあるので注意してください。そこからも簡単なので苦労はしませんが・・・。

 無理やり監禁してくるものの、ある場面を除いてひどい目に遭うことも無く話は進んでいきます。
先輩に話しかけるとヒントのほかに雑談も出来るのでついでに聞いておくと良いでしょう。
話が進むにつれて先輩の真意が分かってくるようになります。いや・・・それってまわりくどいだけなのですか?
あの先輩・・・それほど暴君でもないかな・・・と思いますね。単に素直になれないだけかも?
展開から察するにむしろあの主人公の方が暴君になっているような・・・?最後のセリフは笑いました。
これからあの2人の関係はどうなっていくのでしょうかね・・・。


 管理人コメント

謎解きは、ぶっちゃけかなり楽です。もし解けなくても瑠璃哉からヒントが得られるので、まず詰まることも無いでしょう。END分岐も無く、気軽にプレイできる作品になっています。
むしろ、本作の楽しみ方は、所々で雑談と称して瑠璃哉をイジることにあるのかもしれません。それほど、最初から最後まで「どちらが暴君か分からない」丁々発止の恋の駆け引きが応酬される作品なのです。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 Find~ファインド~ 】

Find
レビュワー [ シュン ]
ジャンル [ 微ホラー探索AVG ]
作者 [ アンジュ工房 さま(戌亥 さま & AOL さま)]
容量・圧縮形式 [ 78.5MB・ZIP ]
制作ツール [ WOLF RPGエディター ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

人形は「生きる意味」・・・を見つけ出せますか?

 「現実ではない世界から真実を見つけ出していく」という、この手の作品としては結構良くある話です。
人形と共存する街でどんな出来事が起こったのでしょうか?そこに注目しましょう。
ちょっと腑に落ちない部分もありますが本人がいいと思っているのなら仕方ない・・・のかもしれません。

 ある日のこと。ミーシャがふと目を覚ますと家の様子がおかしくなっており、一緒にいたはずのハワードの姿もありません。
どうやらここは夢の世界のようです。しばらくしてルイグという人形の少年と出会います。
ハワードを探すために彼と協力して探索を始めるミーシャでしたが・・・そこに待っていたのは?

Find Find

 夢の世界を探索し、真実を見つけ出していきます。謎解きや追いかけられ要素もあります。
選択ミスや捕まってゲームオーバーになることもありますが、全体的に難易度は低め。紹介ページにヒントもあるので問題ないはずです。
エンドは4つあり、4→3→2→1の順で見ることが推奨されています。順に見ていきましょう。

 人形や人間が起こした行動が少しずつ分かってくるようになります。
自分は・・・理不尽にも感じましたね。どうしてこんなことが起こってしまったのでしょうか・・・。
それにしても・・・こんなにもひどい目に遭わせたのに許すだなんて・・・。普通なら恨んで復讐するところですよ!
エンドの内容からしてハッピーエンドに当たるエンド1よりエンド2の方が良いエンドになるかもしれません。
あっけなく終わる結末も多いことですし本当に幸せだったのか考えると難しいところですね・・・。


 管理人コメント

謎解きは多数あり、END分岐のタイミングも厳しいものになっていますが、ホームページに解答があるため、「どうしても進めない」という事態にはならないでしょう。
ただし、END分岐のタイミングの厳しさは「エンドを4→3→2→1の順で見る」流れを作るためのものです。そのため、初見は攻略に頼らず進めることを推奨します。
エンドに近づくにつれて分かるミーシャへの理不尽な仕打ちは、確かに私の目から見ても「普通なら人類を恨む展開にならざるを得ない!」と思うほどです。それでも人間を信じて真実を見つけ出していくミーシャの健気さこそ、本作の独特の点にして魅力なのでしょう。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 Nights of the Knife 】

Nights of the Knife
レビュワー [ おもち ]
ジャンル [ 女性向けサウンドノベル ]
作者 [ ふじえ さま ]
容量・圧縮形式 [ 20.6MB・ZIP ]
製作ツール [ NScripter ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

今回ご紹介するのは「Nights of the Knife」です。
2008年作のだいぶ昔の作品です。
世界滅亡を回避するため供物として聖域に捧げられた盲目の少女が、世界を支える三本柱と共に、供物として死ぬまでの数日を過ごす長編乙女サウンドノベルゲームです。

恋愛の甘さはあまりなく、シリアスで幻想的なお話です。
何もわからぬまま供物となるか、世界を知るため行動するかはあなた次第。
選択により好感度が上下してルートが決まりますが、結構難しいです。
攻略対象一人につき4つエンドがあり、さらにAエンド3つで別ルート解禁。
全部を攻略しようと思うとすごい時間がかかります。
しかしオールクリア後、パスワードがゲットできてオマケページに行けるようになります。小話や裏話が充実しているページです。そのお陰でやる気が出ます。

静謐で厳かな雰囲気に乗れると一気に物語の中に引き込まれ、長編小説を読んでいる充実感もあり、周回プレイも気になりません。
様々なエンドを見れば見るほど世界が明確になっていくので、時間があればやってみてください。

作者様は攻略ページを作る予定はないと明記しています。
攻略なきゃ嫌だ!という人は避けた方がいいと思います。


 管理人コメント

本作は文章のみで語られる物語です。主人公の黒紅も、パートナーである琥珀・浅葱・偽王も、顔グラフィックは与えられていません。どんな顔立ちであるかは、地の文から判断する他ありません。
詳細な攻略は無く、選択肢の正しさは選択後の反応で判別する他ありません。作者様のページでは、ただ一つ「とにかく積極的な行動をとってください。」とだけ記されています。琥珀・浅葱・偽王のルート選択は最初の選択肢で決まり、後の選択肢は好感度の上下に関わります。その中でどれが一番ベストエンドになるのか、いろいろと試してみる他ありません。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 氷の涙 】

氷の涙
レビュワー [ おもち ]
ジャンル [ ファンタジー恋愛ADV ]
作者 [ radixworks さま ]
容量・圧縮形式 [ 164MB・ZIP ]
製作ツール [ Yu-ris ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ 15歳以上推奨 ]
配布元 ダウンロード先

今回ご紹介するのは「氷の涙」です。
敵国の捕虜となった亡国の王女が復讐する乙女ノベルゲームです。

攻略対象が「国を滅ぼした将軍」と「敵国の執政官」という時点で甘い展開はありません。
(隠し攻略対象一人います)
シリアスな物語と登場人物たちの複雑な想い、そして憎悪と愛。
復讐のみを選ぶのか、愛に傾いてしまうのか、それはプレーヤーの選択に委ねられます。
救われない結末、すっきりしない結末、どれがベストなのかは誰にもわかりません。
足掻く王女と彼らの決断の先にあるのが光か闇か、その手で選んでみてください。


 管理人コメント

本作は、復讐を果たすルートも、攻略対象と愛を交わすルートも、説得力を持って描写されています。
悲劇から始まる物語に対して各人物が複雑な思いを抱いており、単純に復讐に身を燃やすのか、憎しみを乗り越えて愛に走るのか、どれを選んでも「しこり」が残ります。
それが「悪い点」とならないように考えられたストーリーになっています。どの道を選ぶのか、その道で主人公たちは満足なのか、考えながら読み進めてください。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 あなたはばけものですか? 】

あなたはばけものですか?
レビュワー [ おもち ]
ジャンル [ オカルティック推理的ミステリーサスペンスRPG ]
作者 [ 猫狐よしお さま ]
容量・圧縮形式 [ 243MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクールVX Ace ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

おもちです。再び失礼します。
印象に残ったゲームを思い出したのでご紹介します。
題名は「あなたはばけものですか?」です。
一回じゃ真エンドは無理なので、二回目前提です。

オカルティック探偵部(同好会)に舞い込んだ依頼。
「ばけものをさがしてください」
彼らは真実を見つけ出せるのか。

行方不明の妹、閉じこもる旦那様、不穏な気配と使用人たちの謎。
一夜明けると増える被害者、事件の犯人は誰なのか。
話を聞いて、メモを取って、質問して、誰がバケモノかを推理するゲームです。
どの質問をすると心を開いてくれるのか、別の反応をしてくれるのか、考えるのが大変でした。
一回目は真犯人がわかっても大団円にはなりません。
ヒントがエンド後に貰えるので、二回目チャレンジになります。
そして正真正銘のハッピーエンドで終わり。と思えば手に入る鬱エンドアイテム。
私は使いませんでしたが、幸せをぶっ壊す行動ができるようです。

会話の種類がとても多く、何度も会話をしているうちに感情移入もできました。
その分、ハッピーエンドの喜びと鬱エンドの絶望がすごいと思います。楽しかったです。


 管理人コメント

本作は、会話だけではほとんどストーリーが進みません。証言を集め、鏡で相手の正体を見て、そして犯人と目した人物を退治しなければいけません。
証言を集めるにも、セーブをするにも、限りある紙資源を消費するため、必要となる情報は厳選しておく必要があります。もしくはリセットです。
表向きの態度も、隠された裏面も、一癖も二癖もある登場人物ばかりです。果たして、この中に犯人はいるのでしょうか。あらゆる点を疑わなければ、真実の糸口にすらたどり着けないでしょう。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 バケモノハイツ 】

バケモノハイツ
レビュワー [ おもち ]
ジャンル [ 不気味で不思議なハートフル憔悴ADV ]
作者 [ SEPTET さま ]
容量・圧縮形式 [ 91MB・ZIP ]
製作ツール [ WOLF RPGエディター ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

おもちと申します。
文章が苦手ですが投稿レビューにチャレンジしました。
ご紹介するのは「バケモノハイツ」です。
周回プレイが前提です。最初の一回はエンドが決まっています。

一回目は少年・葵視点で不気味でよくわからないバケモノハイツを歩きます。
二回目は少女・雪視点で、よくわからなかった葵視点の真実がわかります。
三回目は再び葵視点で、一回目と同じ道順をたどりつつ、真実を含むハッピーエンドへ向けて操作します。

私はend1.end2.end6という順番でクリアしました。
現実での事件、加害者と被害者、加害者の家族と被害者の家族、残された者の葛藤と逃避と罪悪感。
それらシリアスな要素が愛らしい立ち絵と優しい登場人物たちによりふんわり包まれて、少年少女が前を向いて進んでいくというどこかさっぱりした青春も感じさせる物語でした。
映画を見たような感じです。
エンドロールの音楽は聞き入りました。あとクリアするとパスが出て、オマケ部屋に行けます。


 管理人コメント

本作は、かなり皮肉な構成になっています。1週目で謎解きのついでに倒していた「バケモノ」は何だったのでしょうか。ストーリーを進めるにつれて真実が明らかになっていきます。
謎解きは一部ヒントがありますが、私が一番難しかったのはヒントの無い鍵盤の箇所でした。木の鳴らすメロディに合わせた演奏が必要なのですが、絶対音感の無い私だと、一つずつ踏んで音があっている場所を探すしかなく、意外に時間がかかりました。
割と謎解きは難しめで、ヒントがある箇所でも詰まる可能性があります。作者様HPの答えに近いヒントも頼りにした方がいいでしょう。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 幸せなエミリー 】

幸せなエミリー
レビュワー [ シュン ]
ジャンル [ 探索ホラーアドベンチャー ]
作者 [ あうぐ さま ]
容量・圧縮形式 [ 12.8MB・ZIP ]
制作ツール [ WOLF RPGエディター ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ 12歳以上推奨 ]
配布元 ダウンロード先

たとえ救いが無くても、自分が幸せならそれで良いのでしょうか。

 『アイシャの子守歌』の作者が作った探索ホラーアドベンチャーです。
全体を通じて暗い話です。なのにタイトルに「幸せ」とある理由は・・・?
あらすじを書こうにも書くべきことが無いので省きます。話を進めていくうちにどういう内容かはある程度分かりますが・・・。

 作品としてはアイテムを見つけて探索範囲を広げていく普通の探索ADVです。大体30分~1時間くらいで終わるはずです。
場所は家の中で広くは無く、調べられる箇所が光ることもあるので探索はスムーズに行えるでしょう。
難解な謎解きや追いかけられ要素、ゲームオーバーはありません。またエンドは1つだけです。
前述したとおり話は暗く、血の描写もあるのでその辺りは覚悟しておいてください。やはり明かされていない部分が多く、推測でしか分からない所も多いです。
自分は「誰からも愛されなかったからこそのこの結果・・・」と考えます。
そう考えるとこのタイトルもある意味間違いではないかもしれません。


 管理人コメント

本作も、やはり語られるストーリーは少なめの作品になっています。難しい謎解きもGAME OVERになる追いかけっこも無いため、道案内に従い、エミリーの物語を追っていきましょう。
一見不可解な舞台とエミリーの行動ですが、今作ではその動機についてもおぼろげながら描かれていきます。決して恐ろしいだけではない「悲しい」物語になっています。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 レイニートレイン 】

レイニートレイン
レビュワー [ シュン ]
ジャンル [ 恋愛短編ノベル ]
作者 [ AOL さま ]
容量・圧縮形式 [ 32.6MB・ZIP ]
制作ツール [ LiveMaker ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

それは、雨にまつわる恋の物語。

 こういう乙女ゲーでレビューするのも久しぶりです。何やっているんだろうか自分・・・。
それほど長くありませんが、1つの恋が綴られていく良い話です。
そしてタイトル画面やセーブ&ロード画面などの演出面にこだわりを感じます。是非チェックを。

 主人公である「私」にはとある楽しみがあります。
それは雨のときにだけ同じ電車に乗っていて、席には座らず、自分が好きな作家と同じ小説を読んでいる「彼」を見つけることです。
「臆病だから」と彼には話しかけていませんでしたが、あることをきっかけに距離が縮まることになるのでした。

レイニートレイン

 雨と電車が関わる恋の話です。長さは30分~1時間ほど。
エンドは3つ。選択肢は2箇所でどちらも単純な2択。簡単に全てのエンドが見られるはずです。
小話も用意されているほか、コンプスチルもあるので是非確認しておきましょう。

 ある出来事で関係に変化があり、そこからどう話が動くか・・・に注目です。
もちろん良いことだけではなく、ふとしたきっかけですれ違いが起こったりもします。
道中出てくるあのキャラにも注目です。とある事実が判明した時は驚きましたね・・・。
一番良いエンドでの2人のこれからにも期待出来ますね・・・。


 管理人コメント

掌編に「出会いとすれ違いと恋愛成就」とオーソドックスな恋愛小説を描いている作品です。
選択肢によって、人物の絵が描かれる個所が異なり、全ENDを見ることでやっと全体像が見れる仕掛けになっています。シナリオ量でもストーリー傾向でも読みやすい作品です。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ