■ 投稿レビュー バカゲー 参
おいしいコロッケを
つくろう!
勇者の憂鬱 Eat Runner Kinoko2 Kinoko1
惨ス チマい巨塔 稲妻教師&女教師
伝説の教師の盾
他人の家 モケットポンスター

【 おいしいコロッケ(ころつけ)をつくろう! 】

ほんとうにおいしいにくは ざくろのあじがするって、インドネシア(いんどねしあ)にせんそうにいってた らいねんべいじゅの きんじょのじいちゃんがいってた。
レビュワー(れびゆわあ) [ 或野(ありや) 吟山(ぎんざん) ]
ジャンル(じやんる) [ りょうりほう がくしゅうよう きょうざい ]
つくったひと [ ナナメ(ななめ) さま (私的(してき) 似非(えせ) ベジタリアン(べじたりあん) さま) ]
けいしき [ flash(ふらつしゆ) ]
あそべるところ ダウンロード先

まいちゃん あげものには きをつけて!

 モニター(もにたあ)のまえの モラトリアム(もらとりあむ)フリーター(ふりいたあ)ニート(にいと)のおともだちのみんな こんにちは! きょうもげんきな ぎんざんおにいさんだよ! きょうはきみたちに コロッケ(ころつけ)のつくりかたのわかるゲーム(げいむ)を しょうかいするよ!
 みんなは ママ(まま)やどうせいあいてのおてつだいを きちんとしてるかな! ばんごはんのよういぐらいは てつだってあげないと 「ごくつぶし」と よばれちゃうよ! だから このゲーム(げいむ)コロッケ(ころつけ)のつくりかたをべんきょうして みんなにふるまってみよう! よろこばれること まちがいなしだよ!
 しかも やりかたによっては スーパー(すうぱあ)じゃかえないけど そのきになれば あんがいかんたんにてにはいる すごいにくでできた メンチカツ(めんちかつ)もできちゃう! でも メンチカツ(めんちかつ)のほうは ほかのひとには ふるまわないほうがいいよ! おまわりさんに つかまっちゃうかも しれないからね! ぎんざんおにいさんとの やくそくだ!
 それでは このへんで さようなら! つぎにあうときも しょうきを たもっていてね


 かんりにん コメント(こめんと)

ES(えす)おにいさんからも、ほそくしておくよ。
おいしい りょうりをつくるには、やっぱりじゃがいもさんたちとこころをかよわせるひつようがあるとおもうんだ。
かといって、キャプテン(きゃぷてん)つ○さくんのように、ともだちをけっとばすなんてことをやると、(ピー)にくメンチ(めんち)(©サニーガール(さにぃ がぁる)さん)をつくるはめになるから、よいこのみんなは、けっしてまねをしないでね。

おいしいコロッケ(ころつけ)はね、じゃがいもさんやたまねぎさんを、せいみつなバランス(ばらんす)ではいごうして、こころをこめてつくるんだ。
これを、けっかんから注入(たべ)れば、あらふしぎ。

ドーピングコンソメコロッケ(どぉぴんぐ こんそめ ころつけ)だ…
さあ、しょくん、おれがすっぺらぴっちょんするのを、とめられるかな?


(ほそく)
にせんろくねん さんがつ ついたち:
ぼう とくめいけいじばん にて、このさくひんを、ぱくっ…ゲフンッオマージュ(おまあじゅ)した、「たのしいトランプ(とらんぷ)であそぼう!」ができたんだって。
こちらもあわせて、たのしんでね。(ピー)にくメンチ(めんち)はできないけどね。
(のし部屋(べや) さまから あそべるよ!)
にせんななねん くがつ ふつか:
「たのしいトランプ(とらんぷ)であそぼう!」は、もう あそべないんだって。ざんねんだね。

↑ページ先頭へ / <【BAKA】INDEXへ / <<トップページへ

【 勇者の憂鬱 】

この投げやりなタイトル画面を見よ!
レビュワー [ ケイミー ]
ジャンル [ 上級者向けRPG ]
作者 [ てつ さま ]
容量・圧縮形式 [ zipで472 KB ]
ダウンロード ダウンロード先

し~っ!皆には内緒だヨ!いろ~んなRPGを経験した人向けだヨ!特にドラクエファンの人は必見のゲームだヨ!ホ、ホントだヨ!

永久(とわ)の平和を崩さんとする、邪なる魔の王者現われり。
一人の男、最高の賢者と共に是を討ち滅ぼさん。

どこにでもありそうなRPGですが、この作品は少し違います。
何故、魔王を倒さねばならないのか。何故、魔物は人を襲うのか。自分達は何のために旅をしているのか。

そして…

そもそも勇者とは何なのか?

その答えが見つかる事でしょう。
善悪がどうのこうのとか言って、結局カッコつけてるだけの最近のRPGとは性質そのものが違います。
もしあなたが何かに悩んでいるとしたら、この作品を開いてみて下さい。何かが変わるかもしれません。

エンディングを迎えた後、きっとあなたは「騙された」とお思いになる事でしょう。
一言文句を言うために、レビューページを読み返して粗探しを始める事でしょう。

そして気づくのです。このレビューには何一つウソが書かれていない事に!


 管理人コメント

ケイミーさまのレビューは、本当に核心を突きますね。
このゲームがどれだけの破壊力を持つのかは、管理人の独断でこんなページに置いていることからもお分かりと思います。
このゲームは、確かに傍目にはおかしいシーンを「かっこいい」と言う言葉で飾り立てるような惨めなマネはしておりません。
ただ、思いっきりツッコんでいるだけです。
特にラストのオチを見た瞬間、「てめぇらの血は何色だぁー!」と、故・塩沢兼人 氏の声で叫びたくなると思いますが、悪いのはケイミーさまでも作者様でもありません。
RPGと呼ばれるネタそのものなのです。

↑ページ先頭へ / <【BAKA】INDEXへ / <<トップページへ

【 Eat Runner 】

思いの力…それが「プラシーボ」…うん、ギャグです。
レビュワー [ 海苔玉 ]
ジャンル [ ビジュアルノベル ]
作者 [ 空月まちゃる さま ]
容量・圧縮形式 [ 6.9MB・LZH ]
ダウンロード ダウンロード先

ハマリ度:7 グラフィック:8 サウンド:6

グリコで能力が出せる理論とは

何度と無くシリーズ化された作品です。
今回は、なぜか、パン食い競争します。
それもこれも、生徒を守るためであります。
美喜先生も登場します。


 管理人コメント

ついに来ちまったぜ、落雷教師シリーズの復活作がよおぉぉぉ~~~!(逆ギレ)
相変わらず最強の三田先生、相変わらず唐突なバッドエンド、そして、原作とは少々性格が違う美喜先生…その全てが作者・空月まちゃる氏の完・全・復・活にふさわしい作品になっています。
伏線とか小さいものは全て吹っ飛ばす豪快な作風は相変わらずです。旧シリーズからのファンは、とっくにDLしていると思いますが、この作品から落雷教師シリーズに入る方は、ぜひ旧3部作もプレイしてください。


(補足)
2007.09.02:DL先を「ふりーむ!」に変更。

↑ページ先頭へ / <【BAKA】INDEXへ / <<トップページへ

【 Kinoko2 -Attack of the 7senshis- 】

うん、「また」なんだ。済まない。じゃあ、注文を聞こうか。
レビュワー [ 煉 ]
ジャンル [ ヘタレ(と作者が念を押してます) ]
作者 [ NOIE さま (サークル鉄鋼団) ]
容量・圧縮形式 [ 100MB・ZIP ]
ダウンロード ダウンロード先

キノコ、再び。

今回の主人公はボロアパートに住む女子高生。
ある日アパートに帰ると、部屋には謎の奇怪な中年が一人。
名はトリュフ・ザ・バロン。小学生の頃に主人公が書いたノートの
中から発生したキノコ生命体だという。そして同じくノートから発生
した全人類抹殺を目的とした7人のキノコ生命体を倒すヒーローに
なってみないか?と勧誘される。訳が分からず逃げ出す主人公だが、
夜の街で一人目の敵と対峙してしまう。

戦闘は今時珍しいサイコロによるバトル。初めはとっつきにくいかもしれませんが、ヒントもあるのでまず負けないでしょう。
ただ、後半は流石にきつめのバランス。攻撃一辺倒では勝てません。

悪のキノコ生命体と戦う美少女ヒロイン・・・の筈ですが、世間一般の
それとは全くの別物となっています。流石Kinokoの続編。
前作よりもさらに毒が強く、混沌が深く、猟奇が増大しています。
リアルな描写ではありませんが、結構キツイかもしれません。

大量の小ネタも健在ですが、前作に比べると若干分かり易いネタが
増えたような気がします。それでも一般人からすれば相変わらず高い
ハードルですが。君はいくつ笑うことが出来るか?

濃いサブキャラクター達も再び、というか何人かは前作から引き続きの登場となっています。蹄の音が聞こえたら要注意(当然実写)
新たな敵が登場する度に、死にそうな目にあう前作主人公の巧が哀れ。
当然ながら色恋沙汰には一切発展いたしませんが、キノコ経験者(?)同士として語り合うシーンはあります。

前作を最後までプレイした猛者なら楽しめる内容だと思います。


 管理人コメント

普通、次回作というものは、インパクトの面ではどうしても初作より見劣りしてしまうものなのですが、本作では全く当てはまりません。全ての面でパワーアップしています。
サニーガールさんのレビューを見たときには、「自主規制♪」の意味がイマイチつかめなかったのですが、実際にプレイすると、痛感するハメになります。
本作で新たに追加されたバトルシーンは、分かりにくく言えばTRPG風…ランダムダイスが全てを決めるシステムです。
バトルにいくまでのアドベンチャーパートでは、ヒーローポイントに当たる「心毒値」を得るという目的もあり、ネタの道を逝く楽しみも、更に増したと言って過言ではないでしょう。
作者は、現在「Kinoko3」の製作に取り掛かっています。次回作も、その高いグラフィックに似合わず、ヘタレブラックバイオレンスに満ち溢れた作品となってくれそうで、非常に期待しております。


(補足)
2006.06.11:作者様HPの移転に伴い、DL先を変更いたしました。

↑ページ先頭へ / <【BAKA】INDEXへ / <<トップページへ

【 Kinoko1 -White Christmas?- 】

ごめんね。インパクト重視で選んじゃったから、ごめんね。
レビュワー [ 煉 ]
ジャンル [ ヘタレ(と作者が言ってます) ]
作者 [ NOIE さま (サークル鉄鋼団) ]
容量・圧縮形式 [ 33MB・ZIP ]
ダウンロード ダウンロード先

「キリンさんは隙だらけです、でも象さんはもっと隙だらけです」
・・・ここまで壊れたADVを、私は知らない。

主人公はボロアパートに住む貧乏三流大学生。クリスマスも近い12月。
ある日、部屋の畳にキノコが生えているのを発見するもそれを放置。
翌朝目覚めると、隣には裸の少女(?)が眠っていた。
少女は世界の危機を回避する為に生まれたキノコ生命体だった。

ラブコメの王道のような始まりだが、ラブコメのラの字も無く、
キノコ少女のボケと主人公の突っ込みが延々と繰り返される日々。
謎のホームレスや馬の先輩(実写)、花屋で働く同じキノコ生命体の
少女と南国生まれのラフレッチャさんに、マッドサイエンティストと
濃すぎる面々も登場し、混沌が更に加速していく始末。

会話の殆どが小ネタで埋め尽くされており、その範囲はかなり広い。
分かりやすいネタもあれば全く分からないネタまで多種多様。
選択肢は有って無いようなものだが、一応EDに関係していたりする。

終始カッ飛んだ内容ですが、最後の最後だけはちょっとだけ切ない。
万人に薦められるゲームではありませんが、私は面白いと思いました。
あとがきもパンチが効いてます。


 管理人コメント

サニーガールさんのレビューでは、マッシュたんの寝姿というお色気シーン(?)で始まっていたので、こちらも対抗してみました。
…コレも激辛のサガか…。
「突撃家政婦ドリス」に勝るとも劣らないネタの詰め込みぐあいと、かなり高いグラフィック…に甘んじることなく読者を置いてきぼりにする超展開、そして馬頭(実写)。そのどれもが、管理人には楽しめる内容でした。
ラストへの伏線の張り方もあらゆる意味で見事です。まさか、あの執拗に繰り返されるネタが重要な要素になるとは、初見ではまず気づかないでしょう。


(補足)
2006.06.11:作者様HPの移転に伴い、DL先を変更いたしました。

↑ページ先頭へ / <【BAKA】INDEXへ / <<トップページへ

【 惨ス -Biography of Zancers- 】

間違える方が悪いんじゃああ!
レビュワー [ ケイミー ]
ジャンル [ スポーツ ]
作者 [ Jugemer さま ]
容量・圧縮形式 [ 711 KB・LZH ]
ダウンロード ダウンロード先

見つめていたんです…消え行く魂を。ただ、怖くて。

次のニュースです。
ダンス教室「Biography of Zancers」に通っていた、ラッカーさん(レベル12)が昨日午後五時頃、お亡くなりになりました。
他の生徒達と違う振り付けをしていたところをコーチに見つかってしまい、殴って殴って殴り飛ばす等の暴行を受けた模様です。
すぐさま病院に担ぎ込まれましたが、まもなく息を引き取りました。
この件に関して、ラッカーさんを殴り殺したコーチは、「たくさん殴れば殴るほどストレスが解消されます」と供述しており、
警察はこれを殺人事件とみて、振り付けを間違ってない人を殴った場合は逆にコーチが裁判官に殴り倒される等の処置を促しました。
尚、ラッカーさんの死によって空席が生じたため、ガラスさんが補欠入学するとのことです。
この事実について、コーチは「卒業(レベル100)直前に殺せたら高得点ですよね」と笑顔でコメントをなさっております。

以上、現場からでした。


 管理人コメント
てめーも間違えてんじゃねぇぇ!

簡潔に言えば、「間違い探しゲーム」なのですが、そんな牧歌的なジャンルでまとめられるのならば、ケイミーさまのレビューは成り立ちません。 上のレビューに、「惨ス」の全てが語られています。
ゲームパートは、振り付けを間違えている生徒がいないか観察するハンティング・タイムと、生徒に愛のムチ連打(撲殺)を喰らわせるストレス解消タイムに分かれます。
ストレスを解消のためだけに愛のムチという名の残虐行為を繰り返す問題熱血教師になれる素薔薇しい作品です。「なりたくない」などという意見は受け付けません。

↑ページ先頭へ / <【BAKA】INDEXへ / <<トップページへ

【 チマい巨塔 】

続いては、こちらの塔です。(C.V. 八嶋智人)
レビュワー [ 威信 ]
ジャンル [ くいまくり ]
作者 [ ふりーむ さま ]
容量・圧縮形式 [ 944KB・ZIP ]
ダウンロード ダウンロード先

どうも!久しぶりにレビューするぜぇい!w

ぼーいずびーあんびしゃす!
さあ前にレビューした「白い巨塔」!今回はそれの続編(?)であります!前回に巨塔を制した少年は新たな挑戦に!?その名も「チマい巨塔」!新たなクリックの限界にいどめぇいw

相変わらずオープニング絵は気合入りまくりなもの、ゲーム中のヘたれ具合が最高!前作をプレイした人はより一層楽しめる!・・かな?w暇ならやってみいやw


 管理人コメント

「白い巨塔」のアツい連打を、食(左クリック)・おかわり(右クリック)を各1回ずつで済ますことにより、より白熱したシステムにしたものです。…悪く言えば、変わっているのはそれだけです。
未だにネットランキングは未実装ですが、その連打のアツさと、なんとも言えないゲーム画面は、こんなネタサイトを見ている方なら、きっと楽しめること請け合いです。

↑ページ先頭へ / <【BAKA】INDEXへ / <<トップページへ

【 稲妻教師&女教師 伝説の教師の盾 】

ついに美喜先生にまで稲妻が!
レビュワー [ 海苔玉 ]
ジャンル [ ビジュアルノベル ]
作者 [ silflu さま (Project Lips) ]
容量・圧縮形式 [ 3.6MB・ZIP ]
製作ツール [ 吉里吉里2 ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

ハマリ度:8 グラフィック:7 サウンド:5

なんとも素敵なコラボレーション

以前、某落雷教師の「サンダーボルト殺人事件」や、教育界の問題を訴える「美喜シリーズ」をレビューしました。
今回は、その二人が出てくるとても素晴らしい作品になっています。
前半から、ボーナスの為に、戦闘を繰り広げていたりするのですが。
まあ、なんだかんだで、「伝説の教壇の盾」を巡る争い、いわゆる「聖盾戦争」に巻き込まれていきます。
グリコネタやら、落雷シーンは今回も健在です。
サンダーボルトシリーズの製作者も美喜が出てくる作品を製作中とのことです。


 管理人コメント

管理人の中で、おバカノベル二大巨頭勝手に位置づけている「稲妻教師」シリーズと、「女教師・美喜」シリーズが夢のコラボレーションを実現したと言うニュースは、まさに全身を稲妻が貫くほどの衝撃を与えました。
しかも、今度は、「稲妻教師」シリーズも復活すると言うことで、稲妻をダブルで食らったかのような衝撃です。
新作内でも、三田先生と美喜先生、そしてジェンダーは相変わらずのヘンな奴らです。この作品から始められた方は、ぜひ、旧作もDLしてみてください。
決して損はさせません。


(補足)
2013.12.30:DL先をVectorに変更。

↑ページ先頭へ / <【BAKA】INDEXへ / <<トップページへ

【 他人の家 】

その大切な椅子…壊れてるんスけど…。
レビュワー [ K’(カズ・ダッシュ) ]
ジャンル [ 不条理探索系RPG ]
作者 [ 佐藤五三郎 さま ]
容量・圧縮形式 [ 730KB・自己解凍EXE ]
ダウンロード ダウンロード先

もう言うまでもなく、バカゲーです。
RPGのお約束『他人の家のタンスを調べて中身を拝借(ぇ)』をより(違った方向に)特化させた作品。
ツボやタルを調べる(無断拝借)のは序の口、他人に成りすますわ(詐欺)、物ぶち壊すわ(器物破損)、挙句には神に名乗るわ(滝汗)……。
思わず「おおい!誰かつっこんでやれよ!!!」とディスプレイの前で叫んでしまった私(爆)。

そーいえば、魔王の城はどーなったのかしら……?


 管理人コメント

佐藤五三郎作品の魅力…それは、ツッコミ役のいないシュールさにあります。
エシュター君セルソン君なら、身が細るくらいツッコむ状況も、ここの登場人物たちは眉一つ変えません。思わずこっちの方が心配になります。
しかし、この人の作品は、回を追うたびにある意味スケールアップしていきますね…。今回のギャグは

時を越えますから。(誇張一切無し)

↑ページ先頭へ / <【BAKA】INDEXへ / <<トップページへ

【 モケットポンスター 】

誰が、こんな戦闘を待ち望んでいたのか。
レビュワー [ 海苔玉 ]
ジャンル [ 馬鹿格闘? ]
作者 [ 石子 さま ]
容量・圧縮形式 [ 250~300KB程度・LZH ]
ダウンロード ダウンロード先

ダウンロードサイトをうろついていたら「モケットポンスター」を発見。
早速ダウンロード。
このゲームは草と火バージョンが存在します。
登場キャラクターといったら、「サイヤの王子君」からはては「極道先生」までかなりバラエティに富んでいます。
戦闘がメインのゲームなのですが、戦闘になったらあの有名RPGを彷彿とさせます。
オリジナルバージョンも存在します。


 管理人コメント

パロディのつもりでいて、全く似ていないキャラ…と言うか、「似ている」と言う認識を脳みそが拒否するキャラクターはあらゆる意味で必見です。
ちなみに、本家のように命中率や威力を考えたやりこみは、さすがにムリなのが少々アイタタな感じです。(と言うか、どの技も威力・命中率はほとんど同じ
「効果は バツグンだ」という割りに、やたらとみみっちいダメージの応酬に耐えられないならば、「オリジナルバージョン」で、自分なりの最強キャラを作ってみるのも良いかもしれません。


(補足)
2007.09.02:DL先をVectorに変更。

↑ページ先頭へ / <【BAKA】INDEXへ / <<トップページへ