■ 三代目レビュー RPG 3
アリス蒐集記 Die Mutter 冒険者の宿
竜の翼亭
竜と黄金の梨 わちゃわちゃダンジョンズ
-ルセルッカの冒険譚-
1日で10万稼げるダンジョン! 右下を押しているだけで
クリアできるRPG
ねじれのきりとりせん WILD SIDE さにーでいみそすーぷ

【 アリス蒐集記 】

アリス蒐集記
ジャンル [ 短編ハック&スラッシュRPG ]
作者 [ コバコウ さま ]
容量・圧縮形式 [ 317MB・ZIP ]
製作ツール [ WOLF RPGエディター ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 配布元

剣と魔法の国のアリス

どこから来たのかも分からぬ少女・アリスは、同じくどこから来たのかも分からぬバニー姿のお姉さん・時計うさぎから頼みごとを受ける。アイテムの蒐集とニンジン集めである。
最近モンスターがはびこりだしたため、戦闘力を持たない時計うさぎ自身が探索するには危険すぎるのである。
ならば、年端もいかないアリスにとっては尚更危険じゃないか…とツッコむところだが、アリス自身もこの理不尽すぎる依頼を二つ返事で引き受ける。
時も環境も千差万別な不思議の国で、アリスは剣と盾を取り、何故か手慣れた様子で探索を進める。「何かに巻き込まれるのは慣れている」とつぶやくアリスだが、果たして彼女の真相は…。

アリス蒐集記 アリス蒐集記

本作「アリス蒐集記」は、そんなストーリー要素は脇に置き、探索・戦闘・アイテム集めを中心に据えたシンプルなRPGです。
移動・コマンド選択など、全ての操作をマウス1本にまとめており、シンプルで分かりやすい操作でゲームを進められます。
戦闘バランスも「簡単」と自称するほどです。ザコ敵ならばほぼ1~2発で倒せますし、万が一全滅してもデスペナルティは「獲得アイテムが減る」ぐらいです。「報酬がゼロになる」ですらないのです。
そんな操作・難易度共に「簡単」な「アリス蒐集記」ですが、それでいて「工夫の余地」が大量に詰まったゲームでもあります。本作の強化要素は、アイテムを売って強化する恒常ステータス、剣と盾の2つにまとめられた装備に大きく分けられますが、この2つともカスタマイズのバリエーションが豊富なのです。

アリス蒐集記 恒常ステータスの強化要素は、5つのステージそれぞれに分かれており、ステージごとに強化に必要なポイントどころか強化可能な項目まで異なります。
序盤は安い強化ポイントを積極的に狙い、話を進めて難易度を上げれば高価な種族特効などに手を出せる…あるいは逆に序盤から種族特効を狙っていく…などなど、ステータスを手に入れる順番によってアリスは様々に変化します。

アリス蒐集記 もう一つの装備のカスタマイズは、更にバリエーションが多くなっています。
装備のステータスは装備名ごとに定められた「基本性能」と、合成によって付け外しできる「特殊効果」に分かれています。特殊効果の中には「攻撃力+1」など基本性能を底上げするものもあるため、基本的に装備は基本性能の高低よりも特殊効果を多く付けられるもの(バックが赤の装備)を優先しましょう。
合成回数を(数十回レベルで)積むと基本性能も底上げされるため、特殊効果を多く付けられる装備の有用性はますます高くなります。
特殊効果数の多い武器を探し当てるハック&スラッシュが、様々な方面から重要視されるゲームなのです。
話が進むと「『状態異常攻撃』『魔法耐性』など、特定の特殊効果を必ず持つ装備」が手に入ります。「特定の特殊効果を必ず持つ装備」は、得てして同レベルの「特殊効果が不定で、場合によっては全く持たない装備」よりも基本性能は弱めに設定されています。合成によって特殊効果を引き継ぐ重要性は、話が後半に進むほど重要になってきます。
ある武器は攻撃力重視、ある武器は状態異常を重視、ある武器はドロップ率と魔力を重視と、話が進んで赤バックの装備が揃うようになると、あらゆる場面に対応した装備が合成によって作れますし、作りたくなる仕組みになっています。

シンプルに楽しめる本作ですが、現状、問題が無いわけではありません。
その代表たるものが魔法の存在意義の薄さ。APをコストにする割には武器の攻撃力を付与できないため、どうしても攻撃よりも火力が弱くなります。
魔力を上げることに特化した装備「マジカルステッキ」などもありますが、「ダンジョン内では装備を交換できない」という仕様がネックとなります。
モンスターの中には「防御力が高いが魔力が0」という「魔法で攻撃してください」的なモンスターも存在しますが、普通に「防御力よりも魔力が高い敵」とパーティを組んで登場する例も多々あります。正直言って、攻撃力を上げて物理で殴った方が便利です。「攻撃」には防御力を無視できる「クリティカル」もあるため、ますます魔法の存在意義は薄れていきます。
正直言って、「魔法」の使いどころは防御力がべらぼうに高い特定のボスキャラぐらいですね。

もう一つは、探索に若干存在するテンポの悪い点です。
探索は「クリックした方向にアリスがぺたぺたと歩き、移動中にモンスターと遭遇すると戦闘画面へ」という仕様になっています。
経験値集めやボスと闘うためには、探索マーク(?の付いたふきだし)を全部集めた後でも移動が必要です。こうなると移動に時間がかかるのはテンポ面で大きなマイナスとなります。
時間を節約したい場合、「火山」の強化要素「くちぶえ」を早めに習得しておきましょう。移動いらずで戦闘画面に入れるため、経験値を取得したい場合やボスと闘う場合に大いに役立ちます。

本作、シンプルな構成のステージが5面×3つの時間帯+αあるため、プレイ時間は4~5時間と、意外と長く楽しめる作品になっています。
「短いピリオドを繰り返して徐々に強化していく」というとてもハマりやすく、時間帯によらず楽しめるゲームです。
ステージごとの難易度幅も広いため、色々と試しながらアリスと共に経験を積んでいきましょう。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 Die Mutter (ディームッター) 】

Die Mutter
ジャンル [ 命を作る短編RPG ]
作者 [ 莞爾の草 さま ]
容量・圧縮形式 [ DL版なし・ブラウザゲーム ]
製作ツール [ RPGツクールMV ]
言語 [ 日本語・英語 ]
配布元 配布元

君は、何かを残して死ねるか。

「あなた」は、ガラスの棺桶から目覚める。周囲には一切の生物が見えない無機質な世界で。
かろうじて読み取れた情報は、「君がすべきことは生き延びること。そして、しかるべき時が来たら死ぬことだ。」という1枚のメモだけであった。
そして「あなた」は、D,C,B,A,Sに区分けされたラボを探索することになる。そこは、奇妙な生物が跋扈する危険な場所であった。
しかし、この奇妙な生物は「あなた」の心強い味方ともなる。自由に武器や生命を生み出せるマシン「Die Mutter」によって。

Die Mutter Die Mutter

本作は、とりあえずの結末を見るだけならば1時間程度の短編RPGですが、いざ極めようとなるとかなりのハック&スラッシュが必要となるゲームです。
それというのも、心強い味方を作るために、「コア」と「設計図」が必要なのです。コアは主に強敵からのドロップ(ダンジョンの宝箱からも低確率で手に入る)で、設計図は対象の敵から(コア以上の)低確率でドロップするのを期待する他ありません。
中ボスである「フラッガー」は味方にしたときの性能も高めで心強いですが、戦闘機会の少なさから、設計図のドロップにかかるプレイ時間期待値も長めになります。
私のプレイだとBランク以降のフラッガーが何十周しても手に入らず、コアBが20個集まるほどになってしまいました。アツマールの下部にある「想定プレイ時間」の2倍近い時間を費やしたのにです。
本作は、独特の攻略性があるゲームです。「類を見ない要素」が、以下のように多数存在しています。

アイテムコレクションにハマると、濃厚なハック&スラッシュを求められる本作ですが、とりあえずストーリーを求める方にとっても、本作は奥深さを見せる作品です。
本作は「2週目」のある作品です。「しかるべき時」の持つ意味とは。Sランククリア後に手に入れた「あの」アイテムの使い道とは。「とりあえずの1時間程度のプレイ」でも、かなり濃厚な体験ができるRPGです。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 冒険者の宿 竜の翼亭 】

冒険者の宿 竜の翼亭
ジャンル [ 放置育成RPG ]
作者 [ OPUWA さま ]
容量・圧縮形式 [ ダウンロード不要・ブラウザゲーム ]
製作ツール [ RPGツクールMV ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ 現在のバージョンは、vβ0.032 ]
配布元 ダウンロード先

宿なしの冒険者、冒険者なしの宿、そしてドラゴン。

新人冒険者であるブライアン、ジャンヌ、リリア、そして「あなた」は、絶体絶命のピンチに瀕していた。依頼を受けねば即座に干上がる冒険者なのに、その依頼を受けられる「冒険者の宿」が未だに見つからないのである。
ようやく見つけた宿は、経営危機により閉店したばかり、冒険者一行も宿屋の元店主も途方に暮れていた。
そこに現れたのは…何と超巨大ドラゴン・バッバムーラ!! 彼(?)は、自らの財宝で宿と冒険者一行を雇い入れ、史上初の「空飛ぶ冒険者の宿」を作り上げたのだ!!
ちなみに動力源はバッバムーラ自身。一度移動すると疲れて寝てしまうから、しばらく移動できないぞ!
果たして今回の街に待つ冒険は? それはドラゴンの気の向くまま。

冒険者の宿 竜の翼亭 冒険者の宿 竜の翼亭 冒険者の宿 竜の翼亭

本作、「冒険者の宿 竜の翼亭」は、放置育成が主となるRPGです。本作の育成要素は「放置で稼ぐ要素」「スタミナを消費して鍛える要素」に分けられます。
放置で稼ぐのは主にゴールド。「冒険者の宿」として、道行く人々にグルメを販売するのが主な資金稼ぎとなります。
逆に、スタミナを消費する冒険ではほとんど資金が稼げません。冒険で稼ぐのは素材と経験値。ただし、その2つとも単純なダンジョンハックで稼げるほど甘くはありません。

冒険者の宿 竜の翼亭 冒険者の宿 竜の翼亭

本作のクラフト要素はかなり複雑です。冒険や仕入れで入手する素材ごとに「穀類」「果物」「金属」「植物」などの属性値が設定されており、「属性値を一定範囲に収めるレシピを作ることでアイテムが完成する」仕様になっています。逆に言うと、属性値さえ揃っていれば素材は問いません。花から「竹槍」ができますし、芋と胡椒で「大根の漬物」ができる有様です。
そして、クラフト要素で作るアイテムにも注意が必要です。金属や植物などから作成する装備品は、装備するための条件があります。ステータスの高い装備品ほど高いスキルレベルが要求されるため、装備より先に己を鍛える必要があるのです。
そして、その「己を鍛える」要素も複雑です。本作は、単純にダンジョンに潜ってモンスターを倒すだけでは経験値が入りません。冒険を始める前に「料理」を腹に入れ、食後の運動(戦闘)で消化しきることにより、料理ごとに設定された経験値が「あなた」に入る仕掛けになっているのです。
そして、この料理作りが本作の最難関でもあるのです。レシピ条件が公開されている装備品に対し、料理のレシピは完全秘匿。作者自ら「料理レシピはTwitterで検索してくれ」と概要欄で言う程です。手探りで適当に材料を選ぶと、まず「失敗料理」になってしまいます。冒険や農場で大量に手に入るとはいえ、食材は貴重です。「手探る楽しさ」を面倒くさいと思う方は、Twitterや攻略Wikiを参照しましょう。
また、料理の種類によって、鍛えられるスキルレベルに差があります。基本的に肉・魚料理は筋力が、野菜料理では技力が、スイーツでは魔力が主に上がります。私の場合、肉料理がなかなか成功せずスイーツばかり食わせていたため、戦士型でキャラメイクしたはずなのに今は魔導士型になってしまいました。

育成した「あなた」は、決してこのゲーム内だけの存在ではありません。本作にはフレンド機能が実装されています。「竜の翼亭」ワールドを冒険している多数のユーザが、「あなた」を冒険に連れていき、雇用費を支払ってくれます。逆に、「あなた」側も他のユーザが育成している冒険者を雇い入れ、強力なパーティを作れるのです。
スキルレベルの高い・装備品やスキルが強い冒険者ほど雇用費は高くなります。今の「あなた」が弱くても、「安くてそこそこ使える仲間」としての価値があります。それだけ、本作のバランスは「仲間が1人多い」ことによるアドバンテージが強い設定になっています。起動から1日たって、「あなた」の宿にも他ユーザの冒険者が参加するようになれば、「人ひとり分のアドバンテージ」は充分に味わえるはずです。
ちなみに、オープニングで登場したブライアン、ジャンヌ、リリアなど、ストーリー内のNPCも「冒険のたびに雇用費を払う仲間」となります。それなりに強い分、それなりに金がかかるため、お財布と綿密に相談したうえで仲間にしてください。

本作は、現時点では開発中の段階で、頻繁にストーリーやアイテムが追加されています。そして、そのストーリーが本作の特徴にして問題点。作者自ら「ひどいパロディネタ」と呼ぶほどなのです。第1章の「ボーデル港」は、ちょっとひねりを加えた「勇者と魔王」モノで、「パロディとしてもファンタジーとしても王道だな」と油断していましたが、第2章の「エウロパ大陸」でひっくり返りました。そこ!!!??? 第2章にしてそこパロディするの!!!!????

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 竜と黄金の梨 】

竜と黄金の梨
ジャンル [ 短編コメディRPG ]
作者 [ スミスケ さま ]
容量・圧縮形式 [ 86MB・ZIP ]
製作ツール [ WOLF RPGエディター ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

出会うべき運命の、出会ってはいけなかった、少女とオッサン

本作の主人公「梨子」は、木属性っぽい名前に似合わぬ肉弾系女子。
今日も彼女は、森の古老「チャノキ」ら森の妖精たちと共に、キャンプファイヤーを汚物の消毒と間違えるなどの愉快な日々を送っていた。

竜と黄金の梨

そんな平和な森に、ある日、角の生えたオッサンが訪れる。その佇まいと、丁重に応対するチャノキの様子から只者ではない雰囲気を感じる梨子。彼女自身も角のオッサンに惹かれるものがあったのか、その日の夜、彼の後を追うことを決意する。
特に咎めることもなく、むしろ推奨するかのように梨子の旅に付きそうチャノキ。泉の妖精から押し付けられた動く石像。不老長寿の妙薬「黄金の梨」を追うマッシュルームヘアーの王子さま。
愉快な仲間たちを従え、梨子は北の山へと向かう。…そこにどんな運命が待っているのか、知る由もなく…。

竜と黄金の梨

本作は、1時間30分程度の短編RPGです。そして、様々な特徴と面白さが詰まったゲームです。
システム面の特徴としては「ジャンプアクションで移動する」が挙げられます。ただし、本作のジャンプは「かつてRPGツクール2000で量産されていたジャンプアクション」を彷彿とさせる独特の操作感があります。やたらとフワッとした移動、ボタンを押しっぱなしにすると着地のスキをキャンセルして再度ジャンプしてしまう、あまつさえ、ジャンプ中も問答無用で戦闘画面に入り、着地予測が狂ってしまうなど、ジャンプの操作感自体にはあまり良い思い出がありません。
まぁ、本作において「正確なジャンプ」を求められるシーンは、大木のてっぺんにいるニワトリに話しかけるマップ1つぐらいです。ほとんどの道中は、てきとーに段差をジャンプで飛び越えながら、てきとーに(文字通りの)お邪魔虫を(文字通りに)殴り飛ばしていくだけで問題ありません。
ただし、ボス戦はそれなりに戦略が必要です。使用回数が限られた☆付きのスキル、バフの持続時間、デバフの対処、そして「ザコ戦は逃げずにしっかり倒しておく」レベルの経験値稼ぎを考える必要がある、「油断してると全滅する」難易度です。

そして、本作の楽しさは、道中のコメディにあります。味のあるALL自作のグラフィックで描かれたキャラたちは、ブルドーザーで石像を吊り上げる泉の妖精さまを初め、破天荒なコメディを演じてくれます。
そんな破天荒な旅路は、いったいどんな結末を見せるのでしょう。私からは「予想外の急転直下」とだけ話しておきましょう。もしかしなくてもネタバレ要素ですし、前情報なしに皆様の目に入れてほしい展開なので。
終盤のクライマックスにも、作者渾身の自作グラフィックが大きな効果を見せます。本作から「様々な」楽しさを味わってほしい、本作を最後まで遊んだ私の偽らざる感想です。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 わちゃわちゃダンジョンズ-ルセルッカの冒険譚- 】

わちゃわちゃダンジョンズ
ジャンル [ 放置型RPG ]
作者 [ Strayひろま さま・ポルゼンヌ小林 さま・あたりメ さま ]
容量・圧縮形式 [ 84MB・ZIP ]
製作ツール [ WOLF RPGエディター ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ 現在の最新バージョンはVer2.05・オンラインアップデート可 ]
配布元 ダウンロード先

「密」する勇者たちの伝説

辺境の街「ルセルッカ」。この街唯一の冒険者ギルドは、最近ある悩みを抱えていた。周辺のモンスターの凶暴化である。
抱える冒険者も少ないギルドは、度重なる襲撃事件で慢性的な人材不足に陥っていた。
そんなギルドに、ある転機が訪れる。突如訪ねてきた銀髪の冒険者「シドニー」である。
只者ではないシドニーの佇まいに、ギルド職員たちは希望を見出す。縦横無尽のシドニーの活躍と共に、モンスター暴走事件の真相も明かされていくのであった。
果たして、モンスターの暴走の原因は、そして、シドニーの真意は、いかに…。

わちゃわちゃダンジョンズ わちゃわちゃダンジョンズ わちゃわちゃダンジョンズ

本作、ストーリーこそ王道の「冒険者VS魔王」モノですが、視点を一歩引き、自動的に戦うパーティを見守る放置系RPGとなっています。
今まで当サイトで取り上げた中で、同ジャンルのゲームは「まほでんわーるど」ぐらいでしょうか。
本作の特徴としては、ダンジョンを攻略するたびに増えるストーリーと、個性的でありながらどれも育てれば一線級の実力を持つキャラクターでしょう。
事前準備が重要な放置系RPGだけに、各キャラの特色を把握する事が先決です。「キャラクター」で表示できる各キャラの特性には「特定の武器が得意」「装備なしで使えるスキル」「ステータスボーナス」など、多数の特典があります。それを生かせるような装備を考えるのが、本作の醍醐味となります。

本作、ダンジョンハックとなるだけに、装備品の選別にも考慮すべき点が多くあります。素のステータスを決める「レベル」と、付与されているスキル強度を表す「レアリティ」です。
レアリティが高い武器ほど、多数かつ強力なスキルが付与されています。場合によっては、「レア」よりレベル-10の「エピック」の方が戦闘力が高くなる場合すらあります。
装備品の付け替えは戦闘中を含めていつでも実行できます。ダンジョンや「錬成」でレア度の高い装備が手に入ったら、必ず付け替えるようにしましょう。

本作、とりあえずの目標である「魔王の討伐」ならば、2~3時間の放置プレイで達成できます。もちろん、本番はここから。2週目は、ダンジョン内のモンスターのレベルが50近く増える「ハードモード」、および新たなるダンジョンが追加されます。更に、ストーリーでも「勇者・シドニーの真意」が明かされる仕掛けになっています。
ちなみに、ダンジョンの深さとモンスター出現数の関係上、終盤のダンジョン(ノーマル)より、序盤のダンジョン(ハード)の方が難易度が低くなります。2週目以降、同時出撃できるパーティ数が倍増する頃には、この点も考慮してダンジョンハックを楽しんでください。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 1日で10万稼げるダンジョン! 】

1日で10万稼げるダンジョン!
ジャンル [ 短編ダンジョンRPG ]
作者 [ アンツル さま ]
容量・圧縮形式 [ 81MB・ZIP ]
製作ツール [ SMILEGAMEBUILDER ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

Fate is money.

勇者一行は危機に直面していた。3人パーティの男2人が、揃って難病に罹ってしまったのだ。呪いの病を治せる万能薬は、いっぱしの冒険者にはとても手の出る額ではなかった。
そこに、救いの女神が現れた。彼女は、自身の作ったダンジョンの報酬として、万能薬が買えるレベルの財産を提示してきた。
怪しみながらも他に当てもない勇者一行は、ただ一人動ける女魔導士・ミリオンをダンジョンに差し向けた。
奥にいるドラゴンを倒すだけで10万稼げるダンジョン。果たしてミリオンは、病に伏せる他2名に万能薬を届けることはできるのか。

1日で10万稼げるダンジョン! 1日で10万稼げるダンジョン! 1日で10万稼げるダンジョン!

ただし、この10万稼げるダンジョン、突入できるのは5回まで。敵を倒しても得られるのはお金のみなので、レベルを上げての地道な強化はできません。
ならば、強化はどうするのか。稼いだお金を装備や仲間に投資するのです。正直言って、初期装備のミリオン1人では、最初のスライムにすら勝てるかどうかのレベルです。
肉壁役の新人戦士・全体攻撃が得意なメガネっ子魔導士など、各仲間の特徴を把握し、敵の弱点を突くのが攻略の道筋となります。
モンスターもただ倒すだけではいけません。一度もダメージを受けずに勝利すれば、モンスター討伐報酬よりも高値で売れる「コイン」が手に入ります。この条件で「全体攻撃が得意なメガネっ子魔導士」が加わるとどうなるか…。攻略の道筋は、いかに早く「全体攻撃が得意なメガネっ子魔導士」を雇うかにかかっています。

そして、本作は「全体攻撃が得意なメガネっ子魔導士」を雇っても、最後に待つドラゴンを倒しても、目的である万能薬を手に入れても、まだまだ終わりません。「万能薬を持ち帰るEND」は、本作のENDのうち「下から数えて2番目のEND」と言えば、本作のやり込みの果てしなさが分かるでしょう。
「その時点で最高値の商品を購入すると、さらに高値の商品が店に並ぶ」仕掛けになっています。最高ランクのENDを目指すためには、パズルめいたお金のやりくりが必要になるのです。
それが最もわかるのが、ダンジョン最奥に待つドラゴン。仲間と装備を最高ランクにしても1ターンでは倒せない上、ミリオンよりも先に攻撃してきます。最初の一手が「様子を見る」になるような乱数のデレに期待するか、それとも装備で素早さを何とかするか…「やりくりの大切さ」が最もわかるバトルとなります。

最後に、私から少しヒントを。(→)「本作で唯一セーブできる道具」と渡される「セーブストーン」。実は1つ5,000で売れます。そして、「全体攻撃が得意なメガネっ子魔導士」の雇い賃は2,500。開始時の最高装備は杖とローブが各5,000。後は、分かりますね…?
そして、このヒント自体も最高ENDを目指すためには序の口であることをお忘れなく。
(←)

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 右下を押しているだけでクリアできるRPG 】

右下を押しているだけでクリアできるRPG
ジャンル [ 短編クリックRPG ]
作者 [ ジェッドム さま ]
容量・圧縮形式 [ DL不要・ブラウザゲーム ]
製作ツール [ Unity ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

勝利と平和は右にあり!

この世界は滅亡の危機に瀕していた。「右側」に棲む魔物の軍勢が「左側」の王国に攻め込んできたのだ。魔王軍の勢力は、すでに王城の喉元寸前にまで迫っていた。
しかし、王国側には切り札があった。かつて魔王を封印したといわれる「勇者」の存在である。しかし、この勇者、とんでもない存在だったのだ。

右下を押しているだけでクリアできるRPG

顔が矢印なのである!!

右下を押しているだけでクリアできるRPG 本作は、矢印顔の勇者を操り、右側の魔王城に向かう短編RPGです。
タイトルの通り、右下に大きく表示されているボタンだけを押せばENDに行ける構成になっています。右下のボタンはフィールド時には右移動、戦闘時には攻撃ボタンとなります。
つまり、殴るだけでクリアできる簡単なRPG…とはいきません。第2ステージボスの「ドラゴン」の時点で、「防御しないとHP半減級のダメージが飛んでくる溜め攻撃」が飛んでくるのです。本当に右下だけをクリックしていると、この時点で消し炭となってしまいます。
しかし、敵キャラの行動パターンは完全固定です。行動パターンを見抜けば、「防御を使うべきターン」「回復に回せるターン」がすぐに分かるでしょう。

そして、ひたすら右に進軍した勇者を待っているのは…。実は本作はマルチエンド。RPGらしき「寄り道」も重要なのです。
真ENDの条件もさほど難しくはありません。少し「左に戻る」だけであからさまなヒントが得られますし、条件自体も「ちょっとの寄り道」だけで済みます。
「本作はマルチエンド」というだけでも大きなネタバレですが、本レビューをご覧の皆様は、初回プレイではひたすら右に進んで「クリア」していただきたいと思います。
真ENDの感動は、一度「クリア」しないと大部分が薄れてしまうためです。

ついでに、もう一つネタバレを。矢印顔の勇者ですが、これが素顔です。別に魔王の呪いなどで姿を変えられたわけではないのです。真ENDをクリアしても、普通の人間に戻ることは無いため、あらかじめご了承ください。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 ねじれのきりとりせん 】

ねじれのきりとりせん
ジャンル [ 学園ほのぼのお助けRPG ]
作者 [ ぴーた さま ]
容量・圧縮形式 [ 78MB・ZIP ]
製作ツール [ WOLF RPGエディター ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

マジカル☆ぶかつどう!

この物語の舞台は、現代的な中学校である。…ただし、「剣と魔法・英雄と魔王の時代」を経た世界である。人類と魔導士の軋轢・差別問題など、様々な問題を未だに抱えた世界である。
本作の主人公・ミズキは、そんな世界で英雄にあこがれる、ボーイッシュ過ぎる女子中学生である。
彼女は、英雄を目指すため『お助け部』を立ち上げる。知り合いの烈火・うらら・一三・由理・楓の5名を勧誘し、学校内の困りごとを解決するために奔走するのであった。
それと同時に、学校には不穏な噂が漂っていた。生贄を捧げることで何でも願いを叶えてくれる「魔女」の存在が…。

ねじれのきりとりせん

本作は、マルチエンドの短編RPGです。基本は校内を探索し、悩める人に話しかけ、問題を戦闘画面で解決する、ほのぼのとした道筋の物語です。
ミズキを支える5名の部員にはそれぞれ「信頼度」が設定されており、部活動に同行させるだけで上昇します。「信頼度」はキャラのレベルも兼ねているため、信頼度を上げるごとに戦闘も楽になっていきます。
そのため、信頼度は5名まんべんなく育てるようにしましょう。…えっ、「一点伸ばしじゃダメなのか?」ですって?
実をいうと、1人の信頼度を特定値まで上げると、エンディングに突入してしまうのです。RPGだけにエンディング前には当然ラスボス戦。1人だけ伸ばしてENDに突入してしまうと、ラスボス戦がとてつもなく難しくなってしまいます。
そのために、5人の信頼度をまんべんなく育てる必要があるのです。END突入まで時間がかかるほど、スタメンのミズキも強くなります。しっかりと育成しておきましょう。

プレイヤーにとって最も負担となるのは、このエンディングです。キャラクター6名に合わせて6つのENDが実装されています。
そのどれもが、「生贄の代わりに願いを叶える魔女」が関わる代物。この恐ろしい噂が、6人の少年少女たちにどのように関わるのか、どのように「ねじれ」ていくのか、「きりとりせん」がどこにあるのか、6人の6つの物語を読み進めてください。
…ええ、本作が「学園ほのぼのお助けRPG」となるのはラスボス直前までなのです。なんだかんだ言ってミズキに協力的な5名が持つ「願い」とは? ただただ英雄を求めたミズキにどんな結末が待っているのか? 覚悟して読み進めてください。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 WILD SIDE 】

WILD SIDE
ジャンル [ 短編RPG ]
作者 [ さかあがり さま ]
容量・圧縮形式 [ 75MB・ZIP ]
製作ツール [ WOLF RPGエディター ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

獣たちのサバイバル・ミッション

小柄な虎の獣人・ジーラ、戦闘部隊の隊長である彼女は、現在ピンチに陥っていた。食糧不足である。
駐屯地近辺にあった廃墟に調達に向かおうとしたところ、部下であるウサギの獣人・ネイトに見とがめられる。忠誠心に篤いネイトは、ジーラの助けになればと廃墟探索に同行する。
案の定、廃墟内部は危険生物がひしめいていた。ナリは可愛いが、軍人でも手を焼く魔獣たち。ジーラとネイトは、目的を達し、この廃墟から脱出できるのであろうか。

WILD SIDE WILD SIDE WILD SIDE

本作は「レベルアップが無い」短編のRPGです。ENDは2つありますが、コンプリートするにしても30分も掛からないほど短編のRPGです。
RPG自体の難易度もそれほど高くはありません。本作の「レベルアップが無い」とは、「アイテムで能力値を上げる」という意味です。能力値を上げるアイテムはモンスターから無尽蔵で手に入るため、戦闘に自信が無い方でも数分稼げば見違えるほど強くなります。
本作の特徴は、何と言ってもキャラの可愛さです。小柄なジーラよりも、筋骨隆々のネイトの方が可愛さに全振りしているあたり、「一朶の仇花」を作ったさかあがり さまの嗜好がいかんなく発揮されています。
隠しボス(隠れ場所は一目でわかるレベル)を倒すと見れる真END後に、オマケ部屋が解放されます。本作はジーラとネイト以外にも濃いチョイ役が登場しており、世界観の共通した過去作も出ています。本編プレイ後も、色々と楽しんでください。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 さにーでいみそすーぷ 】

さにーでいみそすーぷ
ジャンル [ お布団干したいメイドさんと、ベッドから起きたくない坊ちゃんの ドタバタキュートな短編RPG ]
作者 [ ノラ さま ]
容量・圧縮形式 [ 42MB・ZIP, ブラウザゲーム ]
製作ツール [ RPGツクールMV ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ RPGアツマールでもプレイ可能 ]
配布元 ダウンロード先

朝からメイド

これは、引きこもりがちなお坊ちゃまと、彼に仕えるメイドの、波乱万丈な朝方の物語。
メイドは、ベッドに引きこもるお坊ちゃまを引っぺがすため、爽やかなお日様の匂いと美味しそうな朝ごはんの匂いでユニットバス付1DKを満たそうと、家事に精を出す作戦をもくろむ。
しかし、1DKでお坊ちゃん暮らしができるこのマンションは只者ではない。燦燦と降り注ぐ太陽は、新鮮な魚が一瞬で干物になるBurning Power。朝早くに割り込む奇妙な訪問者たち。ユニットバスに閉じ込められた謎の女。そして、じめじめした部屋に沸く奇妙なモンスターたち。
メイドはこれらの障害を乗り越え、つつがなく朝の家事を終えられるのだろうか!? 全てはお坊ちゃまへの愛のため…ではなく、お給料のため!!!

さにーでいみそすーぷ さにーでいみそすーぷ さにーでいみそすーぷ

本作「さにーでいみそすーぷ」は、作品ページでは「~ドタバタキュートなADV」と謳ってはいますが、実際は戦闘もレベルアップもあり、RPGと呼ぶのが近い作品です。
そのRPG戦闘も、意外に難易度が高いです。カビだったりカタツムリだったりと見た目はファンシーなボクセルながら、攻撃力は意外と高く、油断していると敗北します。
敗北してもGAME OVERにはなりませんが、勝利しない限り話が進みません。HPが減ったら回復・坊ちゃまの差し入れでMP回復・物理攻撃と魔法攻撃の使い分け・本格的な作戦が求められます。
戦闘以外の探索要素も、本作では重要となります。モノを持ち上げたら、ベランダの光に当てて乾燥させたり、ゴミ箱に捨てたり、餌場に置いてご飯をあげたりと、色々な家事をこなす必要があります。

粛々と家事をこなす以外にも、様々な隠し要素で開放される実績も実装されています。私の初プレイでは、冒頭の「ベランダの光に置いて乾かす」を見逃していたため、序盤は躓きましたが、それでも30分前後でコンプリート出来るボリュームです。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ