■ 投稿レビュー シミュレーション 19
吸血鬼大異変 触手を売る店

【 吸血鬼大異変 】

吸血鬼大異変
レビュワー [ おりおん ]
ジャンル [ レミリア・スカーレットが辺りを霧だらけにするSLG ]
作者 [ あさた さま ]
容量・圧縮形式 [ DL不要・FLASH ]
製作ツール [ FLASH ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
レミリアが巫女とか妖怪とか倒しつつ霧出すゲームだよ。
スペカがアイテム扱いだったり
紅魔郷の時間軸じゃあり得ない事が起きたり
霧出しすぎで里の人間生きてられるとは思えないけど
細かい事は気にしないで楽しんでね。

あと紅魔郷プレイしてない人は帰るべき。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

東方紅魔郷の二次創作SLGです。
チュートリアルにあたる1章と、本編にあたる2章で構成されています。
見慣れないコマンドばかりで始めは何していいか分からないと思いますが、進めていくうちに徐々に機能が解禁されていき、1章チュートリアルを終える頃には、どんな風に進めていけばいいのかなんとなーく分かってきます。
これさわったのはだいぶ前なんですが、寝食も忘れてぶっ続けでやってました。面白いです。
紅魔郷プレイしてない人は帰れって書いてありますが、東方知らなくても楽しめるゲームだと思います。

ちなみに同サイト内には「うつほの地上侵略記」というSLGもありますが、残念ながら地霊殿の方は未プレイなので大人しく帰ってきました。
地霊殿プレイ済みの方はそちらもぜひ。


 管理人コメント

ストーリーはかなり深い所まで「東方紅魔郷」を踏襲していますが、本作の登場人物はどれも東方シリーズでは有名なキャラばかり。二次創作などで聞き及んでいる程度の知識でも十分に渡り合えます。
逆に言うと、本作をプレイしてから「東方紅魔郷」をプレイする際に重大なネタバレが出てくる可能性があります。もし、そんな方がいるのならば、充分にご注意ください。
本作の基本は、育成パートで紅魔郷の面々を鍛えながら、定期的にカチコミを掛けてくる魔理沙と霊夢に対抗していくループを繰り返していきます。意外に多彩なコマンドは、バランスよく育てていかないと、いつかどこかで詰まる仕組みになっています。数値の把握が何より重要な、シビアなシミュレーションになっています。

↑ページ先頭へ / <【SLG】INDEXへ / <<トップページへ

【 触手を売る店 】

触手を売る店
レビュワー [ ぬるゲーマー太郎 ]
ジャンル [ 育成シミュレーション ]
作者 [ Achamoth さま ]
容量・圧縮形式 [ DL不要・RPGツクールMV ]
製作ツール [ RPGツクールMV ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ ブラウザ上でもプレイ可能 ]
配布元 ダウンロード先

初レビューです。管理人さんの最近レビューが少ないというお便りを読んで書きました。

謎の少女に怪しげなわりに意外と俗っぽい店主。時間潰しのお供の小鳥くん。

今回紹介するゲーム「触手を売る店」は、美麗なグラフィックと中華風世界観に虜になる半放置ゲーです。触手といっても大きなお友達要素はありません。どちらかというと世にも奇妙な物語の系列でしょう。

美麗なグラフィックで描かれる触手図鑑は一見の価値ありです。数時間もあればコンプリートできるでしょう。

本作の大きな特徴はこの図鑑要素でしょう。少しグロテスクで緻密なイラストと不穏なフレーバーテキストを触手を育てる間の暇つぶしに読むことになります。

徐々に仄めかされる主人公の来歴や触手を買っていった者のその後…

ゲームとしては下水道でガラクタを集めて湖に投げ込むのを繰り返すシンプルなものです。
しかし、小さな箱の中にに魅力的な要素がぎゅっと詰まった一作となっております。

ゲームで図鑑を眺めたり、フレーバーテキストを読んでヌフフとなる方にオススメです。


 管理人コメント

本作は、スマートフォンではおなじみの「放置育成SLG」ですが、待ち時間は1分少々。図鑑を眺め、鳥や店主と話していればすぐに完了する程度の待ち時間になっています。
放置育成SLGで重要となる図鑑要素ですが、本作ではそれ自体がストーリーとなっています。
顧客メモで連綿と綴られる「触手を買った者」の末路、触手を生む元となる「残留思念」、そしてプレイヤーが操る人形の「正体」…ありとあらゆる箇所に物語が詰まっています。

↑ページ先頭へ / <【SLG】INDEXへ / <<トップページへ