■ 三代目レビュー アドベンチャー 8
月夜の夜道で
JKが追いかけられるお話
ネノクニ 砂上のメモリア
ガルーダの眼 Brevlevering ボクはキミのロボット

【 月夜の夜道でJKが追いかけられるお話 】

月夜の夜道でJKが追いかけられるお話
ジャンル [ 逃走ホラー ]
作者 [ こりす さま ]
容量・圧縮形式 [ 6.2MB・ZIP ]
製作ツール [ WOLF RPGエディター ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ 「ホラー表現」「性的表現」「暴力表現」「下ネタ」が含まれています ]
配布元 ダウンロード先

ナニカ が 追いかけてクル…

物語は、夜の帰り道をひた走る女学生、そして、それを追う男の影から始まる。
女学生は、男から逃げようとするが、程なくして袋小路に追いつめられる。
しかし、本作では、この女学生は追われる側ではない。「追う側」である。

月夜の夜道でJKが追いかけられるお話

追い詰められた女学生および世界は、突如変貌し、逆に男を襲いにかかったのであった!
一体この世界は何なのか? 男は何のためにこの恐ろしい世界に潜り込んだのであろうか!?

本作「月夜の夜道でJKが追いかけられるお話」は、そのタイトルが開始1分経たずして覆る追いかけっこホラーです。
そうです。「女学生が変貌し、男を襲い来る」という、本来ならネタバレ要素であるはずの展開が、開始1分経たずして発生するのです。
本作のゲーム部分のほとんどは、この変貌した女学生との追いかけっこになります。女学生はかなり足が速いうえ、道が複雑なので、何回・何十回と捕まることになるでしょう。
ご安心を。本作はチャプターごとのオートセーブである上、鬼に捕まってもチェックポイントまで巻き戻る以外のデメリットはありません。

そして、本作のネタバレ要素は、「女学生が変貌し、男を襲い来る」以降も二転三転と展開していきます。男の目的は、この世界とは、変貌した女学生の真実とは…。その全てが追いかけっこをクリアするごとにプレイヤーの眼に明らかになっていきます。
本作の展開は一本道なので、追いかけっこ途中に枝分かれのフラグなどはありませんが、追っ手を振り切るために道を開く謎解き要素は意外と出てきます。追っ手を振り切りながらスイッチを探すのはかなりの手間ですが、捕まっても一度押したスイッチは巻き戻りません。安心してスイッチ探しに集中してください。
また、セーブ前に見た記憶をヒントに謎を解く箇所もあるため、「覚えるべきだ」という表示が出たら、きっちりとメモを取りましょう。

本作のシナリオは30分程度。「ホラー表現」「性的表現」「暴力表現」が渦巻く序盤の印象とは異なる感動がラストには待っていることでしょう。
作者のこりす さまは、過去にも「案件:RoomNo666」など、ドット絵を駆使したホラーゲームを作っています。本作を気に入ったら、過去作もぜひプレイしてください。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 ネノクニ 】

ネノクニ
ジャンル [ 地下世界探索 ]
作者 [ donjuan さま(シャレコーベ草原) ]
容量・圧縮形式 [ 18.84MB・ZIP ]
製作ツール [ WOLF RPGエディター ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

ゴスロリ in Wonderland

黒枝ザミラ(12)は、洞窟で目覚める。彼女が覚えていたことは、遥か頭上にある穴から落ちた事、「家に帰らないと」という使命だけであった。
しかし、彼女の落ちた洞窟は予想以上に危険な場所であった。一歩踏み外せば奈落に落ちる暗所、12歳児など一瞬で食いちぎりそうな大ムカデ、人肉を喰らう羽虫の群れ…。
彼女はそんな危険な場所を涼しい顔で踏破する。それほどまでに彼女の帰巣本能は強いのか。そして、この洞窟の秘密、彼女が洞窟に落ちた理由とは…。
全ては、洞窟を隅から隅まで踏破することで明かされる。

ネノクニ ネノクニ

本作、作者様のホームページでは「地下世界探索RPG」と謳われていますが、戦闘もレベルアップもありません。その分、逃走アクションやアイテムなどで潜り抜ける即死ポイントは多数存在しています。そのため、当サイトでは本作を【ADV】に分類しました。
謎解きのヒントも分かりやすくなっています。明文化されたヒントは鍵に閉ざされた図書館にまとまっていますが、図書館のカギを開けてない状態でも、一度引っかかって死ねば大体分かる条件になっています。
必要な装備を取るために倉庫を往復しないといけない点が、多少面倒と言えるぐらいでしょうか。
また、本作はENDが2つあります。おそらく、最初はBAD ENDになることでしょう。GOOD ENDの条件は、BAD END後に表示されるヒントを見ないとまず分からないようになっているためです。
ルート分岐も含めて20~30分もかければ、本作の物語はコンプリート出来るでしょう。作者渾身のドット絵技術による、不思議でゴシックでホラーでロリータな世界観、心行くまで堪能してください。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 砂上のメモリア 】

砂上のメモリア
ジャンル [ 1分間を繰り返す短編ゲーム ]
作者 [ ゆきはな さま ]
容量・圧縮形式 [ 69MB・ZIP, ブラウザゲーム ]
製作ツール [ RPGツクールMV ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ ブラウザ上でもプレイ可能 ]
配布元 ダウンロード先

何十回と繰り返された「はじめまして」

砂上のメモリア

延々と広がる砂漠を、一人の少年が彷徨っていた。そして少年は、一人の青年と出逢う。
「ラズワルド」と名乗る青年は、少年に様々な事実を語る。
・少年とラズワルドは「有機アンドロイド」と呼ばれる不死不滅の人造人間であること
・人類は荒廃した地上を捨て、地下シェルターに逃げ延びたこと
・地上を復活させる切り札が、開かずの「保管庫」に安置されていること
しかし、その記憶も、少年は1分間しか覚えられない…。そして、少年はまた歩みを進める…。

…延々と広がる砂漠を、一人の少年が彷徨っていた。そして少年は、一人の青年と出逢う…。

本作は、1周1分程度の物語を繰り返す、掌編のノベル作品です。
「1分程度の物語を繰り返す」「ロボットもの」と言えば、先日レビューした「ボクはキミのロボット」と似通っていますが、「ポストアポカリプスな世界観」「少年と青年の2人に焦点を当てた物語」など、味付けと調理法によって全く異なる物語に仕上がっています。

本作は、ゲーム内およびreadmeでしつこく言及されている通り、ネタバレ厳禁要素が多数ある作品です。
また、実際にタイマー制で1分の時間制限があるため、読むのが遅い方は物語を読み切ることすらできない可能性があります。
そういう方のために、一度見た物語は「メモリア」の中に記憶され、時間制限なく読み進めることができます。そして、「メモリア」を見れば、本作の仕掛けそのものも分かるようになっています。
そう、「砂上のメモリア」の物語は、本編を最後まで見るだけでは終わりません。本編を最後まで読み切った方は、必ずメモリアを確認しましょう。そこに真相を含めた更なる物語が眠っているのです。
本作は、本編と「更なる真相」を含めて20~30分程度の物語です。見ればきっと心に秘めたくなるはずです。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 ガルーダの眼 】

ガルーダの眼
ジャンル [ 古代パズルアドベンチャーゲーム ]
作者 [ 男子工房 さま ]
容量・圧縮形式 [ 171MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクールMV ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

少年の眼には、世界と翼が映っていた。

本作「ガルーダの眼」は、光を駆使した斬新なグラフィック表現、複雑で練り込まれたパズル、そして、語られる点が少ないレトロなストーリー運びを擁する作品です。
20分ほどで完結する短編ですが、語られる点が少ない作風のせいで、パズルの難易度は高めです。ヒントが少ないため。

ガルーダの眼

チュートリアルに従って進むと最初に目にするこのレリーフのパズル、実は最後に解くパズルになっています。しかし、「この部屋にはくちばし部分のピースが欠けている」と気づくには、説明書にある「レリーフの完全な形」を見る他ありません。ゲーム内には「レリーフの完成形」が描写されていないのです。
下手したら、延々と角度が微妙に合わない影絵遊びをする羽目になります。…というか、私のプレイ時間も5分ほどは「角度が微妙に合わない影絵遊び」に費やされています。

ガルーダの眼 ガルーダの眼 ガルーダの眼

本作のパズルは、「自分で気づかないと誰も教えてくれない」という難易度の高い問題ばかりです。最初の部屋の「違和感」に自分で気付かないと、「別の部屋」があることにすら気づきませんし、下手したら行先の反対方向を延々と調べることにもなりかねないほど些細なヒントです。
ゲーム内に描画されたヒントは、クリア後に改めて見ても「こんなの気付くかよ!!」と思うヒントもありますが、何故か攻略サイトなどの他のヒントも使わずに完全にクリアできました。

ガルーダの眼

マップが狭いため「総当たりで解ける」バランスにしているのもあります(特に上図の「迷いの森」問題)。そして、迷っている時間が苦にならないほど世界観に浸れるグラフィック表現も、謎が解けずにあちらこちらと移動するストレスを和らげる役割を果たしています。
「延々と歩き回りたくなる」「ずっと見ていられる」「細かい所まで見てみたくなる」マップ表現が、ヒント発見の助けになる場面も多くあります。1つのスイッチを動かしたら、変化している箇所はないか、行けるマップを全て歩き回るつもりでプレイしましょう。そのつもりでプレイしても、20~30分程度でクリアできるボリュームです。

そして、本作で注意すべき点がもう一つ。本作は「プロローグで終わってしまう」点です。タイトルにある「ガルーダの眼」ですが、本作内で使用するのは2回だけです。
ガルーダの眼と同時に手に入るライフポイントなんて、本作内では全く意味をなさないパラメータです。本作内では「ダメージを与える怪物」は存在せず、「一発死のトラップ」しか存在しないので。
本作を最後までプレイすると、心の底から思うんですよ。「有料でもいいから完全版が欲しい!」と。それほど、本作内で描写されている世界観は、ビューティーとワンダーとミステリーに満ちた素晴らしい物なのです。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 Brevlevering 】

Brevlevering
ジャンル [ 手紙を届ける ]
作者 [ おばけ さま ]
容量・圧縮形式 [ 427MB・ブラウザゲーム ]
製作ツール [ RPGツクールMV ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

今日もまた、手紙を届けるお仕事が始まるお…。

Brevlevering

今回ご紹介する「Brevlevering」も、下の「ボクはキミのロボット」と同じく、「1分ノベルコンテスト」の参加作品です。
多少の謎解きこそありますが、手紙に添えられた花を見ればおよそ分かる仕掛けになっています。
本作の特徴は、「架空言語」にこだわった世界観にあります。手紙に書かれた文字も、村人が話す言葉も、見たこともない言語体系で作られています。あまつさえ、声優を募集し、その架空言語の「発音」までやってのけたのです。
1分ほどで読み切れる短編ながら、細かい所まで趣向を凝らした作品になっています。

本作の凝らされた趣向は、ゲーム本編から外れた様々な所にも見て取れます。セーブ画面まで進行に応じて変わり、場合によってはセーブ画面から分かる「物語の意味」さえ存在します。
架空言語が翻訳された「2週目」もあるので、より深く物語を知りたい方は、是非選択してみましょう。

なお、本作の文字は架空の言語体系ですが、決して出鱈目に作ったものではありません。タイトルの「Brevlevering」も、単純にGoogleに投げただけでは本作のページが先頭に来ますが、本来はデンマーク語で「手紙の配達」を意味する言葉です。
影たちが話す言葉も、よく聞くと「papa」とか「idiot」など、英語知識でも通じる単語がチラホラと見えます。そこからストーリーを類推するのも、また楽しくなるでしょう。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 ボクはキミのロボット 】

ボクはキミのロボット
ジャンル [ 掌編ノベル ]
作者 [ 夜雨ドッド さま ]
容量・圧縮形式 [ 14MB・ZIP, ブラウザゲーム ]
製作ツール [ RPGツクールMV ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

織り重なるキオク

これから貴方にご覧いただくのは、あるロボットの記憶である。
数奇な運命により、人から人へと渡ってきたロボットの生涯である。
老朽化と断片化が進み、初期化すら受け付けなくなったオンボロ。
しかし、そのロボットに残った物は、確かな「人生」だったのだ。

本作は、1周に1分弱、全部見るにも5分と掛からない掌編の物語です。今までの夜雨ドッド氏の作風だった「ホラー」も、本作では控えられています。
本作は、ふりーむの「1分ノベルコンテスト」企画として投稿された作品です。
1分程度のストーリーでも、本作にはちゃんとした「物語」があります。今までの夜雨ドッド氏の作品と比べても、はっきりと物語が語られる作品なのです。
語られる言葉は少ないものの「余韻」が残る作風は、ジャンルこそ違えども確かに夜雨ドッド氏らしい作品と言えます。
「ロボットの物語」「掌編小説」という以外、何を語ってもネタバレとなってしまいます。5分程度いただくだけなので、読者自らの目でご覧ください。
ブラウザからのプレイでもストレスとならないよう、画面はシンプルにしています。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ