■ 投稿レビュー アドベンチャー 42
りるれふ かよちゃんは頭が悪い (2) Sweet*Sweet CHANGE!! いちばん星の願いごと
マイ・スイート・トマト ムソウビョウ 機械仕掛けの夢 深夜12時学校で 散る桜 残る桜も 散る桜

【 りるれふ 】

りるれふ
レビュワー [ シュン ]
ジャンル [ 人狼探しのサスペンス探索ADV ]
作者 [ 春紫(春太郎 さま & むらさき さま) ]
容量・圧縮形式 [ 93.4MB・ZIP ]
制作ツール [ WOLF RPGエディター ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ 15歳以上推奨 ]
配布元 ダウンロード先

「人狼だーれだ?」・・・心は皆人狼じゃないですか?

 タイトルは赤ずきんを示す「Little Red Hood」をそれっぽく略したものとか。かなりユルいタイトルですが、その内容は血で血を洗うような残酷な話です。
恐ろしいのは見た目ではなく中身であることが嫌というほど思い知らされるでしょう・・・。
Ver2.0でのレビューとなっています。このバージョンではとあるエンドの後、追加の話が2つ用意されています。これは後述。

 赤ずきんはお婆さんの家で人狼に見つかり、追い掛けられていました。
雨が降る森の中、何とか人狼から逃げ切り、とある館に匿ってもらった赤ずきん。猟師や山菜採りなど、他の人物もここで雨宿りをしているようです。
しかしこの館で殺人事件が次々と発生していきます。これは人狼の仕業なのでしょうか・・・。

りるれふ りるれふ

 推理要素がありますが、実際は主人公(赤ずきん)がとあるキャラのアドバイスから勝手に推理を組み立てていくのでこの要素は薄いです。
代わりに探索要素が強く、アイテムとして入手できる「違和感」が重要な鍵を握ります。
アクション要素(いわゆる逃げ系)もあり。とはいえあまり数は多くないですが、初見殺しの要素も結構あるので注意してください。
エンドの分岐ですが、まず「違和感」の数で終盤の内容が変化し、更に真相を知る前にあることをしていたかで更に分岐します。
Ver2.0からはとあるエンドの後、新たな話が2つ追加されました。1つはあるカップルの話。もう1つは・・・。
 キャラの名前はとあるキャラ以外全て「赤ずきん」「山菜採り」のようにその役柄がそのまま使われています。
それ自体に特に意味は無いように見えますが・・・怖さをより際立たせているようにも。そして話を追うごとに事態は不穏さを増していくことになります。
3つあるエンドも全てプレイヤーの希望を悉く潰すものばかり。最初に見るであろうエンドは一見ハッピーエンドに見えますが・・・実は一番陰惨で救いの無い結末でした。
一番良いエンドだとしても結局夢も希望も無い残酷な結末です。ある意味童話の結末らしいとも言えますが・・・。
前述したVer2.0で追加された2つの話はこのエンドの後に見られるもので、1つはあるキャラの過去話。もう1つはIFの話。
そのIFの話ですら安易な希望を与えさせない辺り、作者様の本気が伺えます。怖いよ・・・!

 気がついたら「人狼探し」ではなく「人殺し探し」になっていたような・・・。結局どっちでも同じですが。
ある登場人物は何かの秘密を抱えています。それが明るみになった時は本当に恐ろしかったです。せめて、そこだけでも変えられれば・・・。
端的に言えば「全員の歯車が狂った」と言うべき話ですが、一体どこで狂っちゃったのですかね・・・。
とにかく怖かった中、一番怖かったのはとあるエンドの赤ずきん・・・もう狂ったという問題じゃないです・・・!


 管理人コメント

本作は、単体でもショッキングですが、前作である「後輩と先輩と時々殺人鬼」「女子高生と時々幽霊ちゃん」を経験してからプレイすると、その救いの無さによりショックを受けるでしょう。
前2作は、どちらもれっきとしたハッピーエンドのある作品です。対して、本作ではベストエンドが一番悲惨と言う、救いの無さです。作者様HPの紹介に「ゆるふわ」がない時点で気づくべきでしたね。
ちなみに、ENDの分岐条件である「違和感」をコンプリートしていたとしても、「ある行動」をしていないと、コンプリートしていない場合と同じENDに行ってしまいます。ついつい流されるままに最終局面に行ってしまう終盤ですが、一旦立ち止まって、調べ残した箇所が無いかチェックしましょう。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 かよちゃんは頭が悪い 】

かよちゃんは頭が悪い
レビュワー [ ろっとん ]
ジャンル [ ADV ]
作者 [ マテンロウ計画(うた) さま ]
容量・圧縮形式 [ 5.2MB・ZIP ]
制作ツール [ RPGツクール2000 ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

ハマリ度:9 グラフィック:10 サウンド:7

やったねかよちゃん!おつかいできるよ!

おいやめろ!と言いたくなる、マテンロウ計画ではある意味一番ホラーなゲームです。
かよちゃんは頭が悪いのでさまざまなトラブルを前に「二度と家に帰れない(=ゲームオーバー)」ようになります。
お兄ちゃんはそんなかよちゃんの行動を先読みし、「○○はダメ」など事前に指示を出すのです。

■ネタバレ込み感想
マテンロウ計画様といえば「可愛い絵柄とほのぼの雰囲気で救いの無いお話」ですが、
 このゲームはその中でも救いの無さが目立つお話です。現代舞台なのがより一層…


 管理人コメント

1stレビューでも触れましたが、本作はHAPPY ENDが存在しない類のゲームです。
かよちゃんとお兄ちゃんの関係は、どうなっているのか。なぜ「いいひと」まで回避しなくてはいけないのか、色々と疑問を持ちながら読み進めて下さい。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 Sweet*Sweet 】

Sweet*Sweet
レビュワー [ ろっとん ]
ジャンル [ ADV ]
作者 [ マテンロウ計画(うた) さま ]
容量・圧縮形式 [ 2.1MB・ZIP ]
制作ツール [ RPGツクール2000 ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

ハマリ度:10 グラフィック:10 サウンド:7

好きになったらいけない人を 好きになってしまったら・・・?

■あらすじ
クラスで流行りのお菓子作りを始めたヨッコちゃん。
大好きなお兄さんや、親友のアキラちゃんの応援でお菓子作りが上達していきます。
…だけど皆には、ヨッコちゃんの知らない事情があって…

■小腹が空いてくるほのぼのADV
「依頼者を見つける→ネットでレシピ印刷→スーパー・コンビニで材料調達→お家でお菓子作り→依頼者に渡す」
の繰り返しで、町の人々を笑顔にしつつお菓子作りの技能を磨いていきます。
一連の作業での作中のレシピサイトや情報・写真から、いかにも中学生っぽい雰囲気が味わえます。

Sweet*Sweet Sweet*Sweet Sweet*Sweet

■豊富なさわやかガールズトーク!
本作は女の子同士の掛け合いが楽しい作品になっています。百合ゲーというやつです。
メインヒロインのアキラとの会話は内容・表情共に差分が多く、ゆるーい百合が楽しめることでしょう。
特筆すべきは手持ちのお菓子を消費してお茶会という名の女子会を開くことが出来る点。
このお茶会はイベント回数だけでなくお茶請けによっても話題が変わる手の込みっぷりで、突如としてメタ展開に突入したり、ニヤニヤするソフト百合展開だったり、プレイヤーのモチベーションを上げてくれます。

Sweet*Sweet Sweet*Sweet Sweet*Sweet

■マテンロウ計画の本領発揮
マテンロウ計画といえば「可愛い絵柄とほのぼの雰囲気で救いの無い人物背景」。
しかし今回は現代物ということで終始和やかな雰囲気…かと思いきや…
見た目によらない現代物ならではの重い話題の連続です。
それでいて爽やかなプレイ後感を与えてくれるのは、さすがマテンロウ計画といったところです。

Sweet*Sweet

■余談
この作品、マテンロウ計画様がカードワース等で活躍させているキャラクターたちのスピンオフです。ぜひとも本家日記(Tumblr)ログをごらんあれ。
とあるキャラシートの中にはアキラとヨッコをさらにスピンオフしたキャラがいて…
お菓子作りゲームの発想自体が「リーフ(葉子の原型)の味覚は甘味しか感じない」という設定に繋がっていたり、さりげなくあの既死王やオールトレーダーさん達lostbraveの面々もいます。
Sweet*Sweet


 管理人コメント

ゲームとしての基本は、「材料の過不足ない購入」「調理のためのミニゲーム」の2点に絞られ、手軽に楽しめる作品になっています。
スパイスとして盛り込まれている重い部分も、UIや絵柄の朗らかさのせいで、それほど深刻にならずに楽しめるようになっています。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 CHANGE!! 】

CHANGE!!
レビュワー [ シュン ]
ジャンル [ 短いけど少し変われるかもしれないアイドル物語 ]
作者 [ 電脳詐欺 さま ]
容量・圧縮形式 [ 71.8MB・ZIP ]
制作ツール [ YU-RIS ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

それは3人の少女を、そして自分も変える短い短いお話。

 ここのサイトの作品は他にもあるのですが、今回この作品を選んだのは「とっつきやすい」と思ってプレイしたからです。
・・・もちろんそれだけが理由ではないのですが、短い中にも色々気持ちがこもっているように感じたのが一番の理由かもしれません。
選択肢無し、ボイス込みで40分程度と本当に短い作品ですが、3人のアイドルが(ちょっとだけ)成長する話になっています。

 夢破れ自堕落な生活を送っていた主人公は設立したばかりのアイドル事務所に招かれました。
社長からアイドル志望の3人のマネージャーに任命された主人公。
姫宮桜、望月楓、夢咲若葉。このアイドル志望の3人は果たして一人前のアイドルになれるでしょうか。
そして主人公も・・・マネージャーの仕事を通して成長出来るでしょうか?

CHANGE!! CHANGE!! CHANGE!!

 前にも言いましたが選択肢無しで話も短いですが、その中にアイドルとしての悩みや葛藤、そして成長が詰まっています。
3人には良い点もあるのですが何かしらの問題を抱えています。
 桜は歌は上手いものの、メンタル面が弱く本番でなかなか実力を発揮出来ないタイプ。
 楓はビジュアルは良いのですが、極端に体力が無く、周りに追いつきたいと張り切り過ぎる傾向も。
 若葉はダンスを初めとするアイドル素質は高いものの、その自信故かムラのある行動が多いです。
そんな問題点をアイドル1人ずつピックアップしていきます。問題になる箇所がはっきりしている若葉と楓はともかく、桜は・・・。
3人とも結構深刻な問題で、自分で自分を追い込んでいることもあります。主人公、つまりマネージャーはどう向き合っていくでしょうか?
 そんな主人公も話を追う内に何かアイドルに関係する仕事に就いていたことが分かります。但し、これについてははっきり明かされせん。
折角話を面白く出来る設定があるのにそれを活かせずにもったいないように感じますが、これについては
「過去を追うより未来に向かったほうが良い」というメッセージが込められているのかもしれません。
そうでなくても色々シナリオ面(特にキャラの設定)で損してる部分もありますし、ラストもアイドル物としてらしく無い感じがします。
まあ、短い話でここまで悩みや葛藤、そして成長を描けるのも悪くは無いですし、プレイヤーも得られる物がきっとあるはずです。


 管理人コメント

こう言う「ヒロインが複数」な作品だと、本来ならば選択肢で1人にクローズアップして人物を描くのが定石ですが、本作品では、あえて選択肢無しの群像劇とすることで、個人個人が持つ悩み・欠点を他の登場人物と関連付けて描いています。
その中には、主人公自身の過去も含まれます。OPの時点では自分もかなり気になっていたのですが、そこは詳細に描かれないまま終わります。やはり、そこらへんはアイドル3名の成長と未来の方を重視したと見るのが正しいのでしょうか?

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 いちばん星の願いごと 】

いちばん星の願いごと
レビュワー [ シュン ]
ジャンル [ 「アホ系アイドル路線」を卒業したいアイドルの物語 ]
作者 [ まっふら さま ]
容量・圧縮形式 [ 30.3MB・ZIP ]
制作ツール [ Livemaker3 ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

(アホな)アイドル~(から脱却する)活動・・・って何かがおかしい?

 くまのこ道の作品も久しぶりにレビューしたような気がします。今作はアイドル物。
相変わらずのノリと無茶な展開の数々です。「ふりーむ!」紹介ページでのカテゴリーに「乙女ゲーム」がありますが、実際の恋愛要素は・・・。
作者名が変更されたようなのでこちらもその名前で通していこうと思います。

 アホなアイドルの路線を辞めたいと思っている綺羅星ピピカ(名前変更可)。
しかしマネージャーに相談してもそれは無理と一蹴されてしまいました。完全に取り付く島も無い状態です。
主人公はこの現状を何とかしたいと修行を始めることになるのですが・・・。

 さて、主人公が出来ることは3種のミニゲームで能力を上げることです。
正解は完全にパターン化されているため、何度かやって政界を覚えてしまう方がいいでしょう。
一度マスターするとそのミニゲームをスキップ可能になります。また何かしらのエンドを見ることで難易度を下げる設定をすることも出来ます。
エンドはパラメーターによって分岐しますが、ここで効率の良いエンドの回収を。

 まずは一点強化でパラメーターを上げ、それに対応するエンドを全て見たら、ミニゲームスキップを利用して他のエンドも集める

という流れです。紹介ページにあるヒントに詳しい攻略法があるので参考にしてみましょう。
 そのエンドなのですが、アホなアイドル路線を完全に辞めるエンドはほとんど無く、別の道に歩んだり、ますますアホな道に突っ走るエンドも。
あの滅茶苦茶な歌詞の歌で人気になったり(?)、そもそもアイドルかどうか疑わしい活動を始めたり・・・あなたアホなアイドル辞めるんじゃなかったっけ?
まともなエンドも当然ありますが、それらはやはりインパクトに欠けるため、こちらがオマケみたいな扱い・・・アレ?やっぱりアホなアイドルの方が良い?
ちなみに恋愛要素は極一部にあるだけで、あったとしてもそしてこれから、という中途半端な所で幕を閉じるため、あまり期待しない方が良いです。
本人が「嫌」と言っていたアホアイドルの路線を突っ走るエンドの方が面白いことが多く、作者様らしい皮肉が感じられます。やっぱり現状維持は大事ですよね!(ぇ

いちばん星の願いごと いちばん星の願いごと

 ・・・にしても通販とか意味不明な歌とかいきなりアイドルに関係無いアレを始めるとか、エンドはカオスな展開ばかり。
あの主人公、アイドルそのものを辞めてお笑い芸人とかに転職するべきではないでしょうか。アホなアイドルというより変なアイドルです・・・。
他にも主人公からの恋心に気づいて無い様子の無愛想なタクシー運転手、女装して活動している元美形子役、
夢を諦めきれないダンサー、どこかで見たような風貌の謎だらけプロなどなど、どこか変な人物が揃います。
アイドルの世界はこんなカオスな世界・・・だったら、アイドルの未来が心配になります・・・。


 管理人コメント

バッドエンドから始めるよう、ミニゲームの難易度は素では高めです。普通の人なら、2周目以降の難易度を下げる措置をつけてやっとクリアできるくらいでしょう。
ただし、クリアできなくても、クリアできても、ピピカの未来は苦難と笑撃の連続です。途中でちょっといいシーンが入ったと思ったら、オチがとんでもない方向に行ったりと、基本的にコメディな作品です。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 マイ・スイート・トマト 】

マイ・スイート・トマト
レビュワー [ シュン ]
ジャンル [ 動いてしゃべる楽しい絵本 ]
作者 [ D_こねこ(KITTENS) さま ]
容量・圧縮形式 [ 115MB・ZIP ]
制作ツール [ 吉里吉里2/KAG3 ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

トマト嫌いの人がトマト好きになることを願って。

 元々シェアウェアだった作品がフリー化されて帰ってきました。・・・といっても自分は名前だけ知っていて実際にはプレイしていませんでした。
話としてはボイス込みで1時間程度、選択肢もありません。その分、映画風の演出で話を盛り上げています。
これを見てトマト嫌いの人がトマト好きになれば良いですね・・・。

 エミは筋金入りのトマト嫌い。トマトが入っていれば、トマトの味がしなくても嫌悪感を覚えて食べられないというほどです。
そんなある日、彼女の元に突然トマトちゃんという少女が押し掛けてきました。
このキャラは彼女が昔作ったとある作品の主人公。この作品には色々と個性的なキャラが描かれていました。
この作品には彼女をトマト嫌いにさせたある過去が隠されていたのでした・・・。

マイ・スイート・トマト マイ・スイート・トマト マイ・スイート・トマト

 この作品の主な特徴は、「全編フルボイス」「セーブ機能が無く、代わりにチャプター機能が付いている」「立ち絵は無く、全てスチルで構成されている」こと。
9つのチャプターは細かに配置されているので途中から見ても安心・・・出来れば最初から通しで見ることをオススメします。
字幕のオンオフやオートモードも用意されています。映画の雰囲気を楽しむなら字幕無し&オートモード推奨。
全て読み終えたらオマケが見られるようになります。・・・何故そこにあるのですか?
 さて、エミのトマト嫌いは本当に深刻です。家族や友達に迷惑をかけるほどであり、自分で「重症」と言うくらいです。
このトマト嫌いは意外な所にありました。見た目でも味でも無く、もっと根本的な部分にあったのです。
しかしその程度で心が折れるのもどうなのでしょうか・・・とも思いました。あの作品のキャラもしっかり立ってるし、うーん・・・。
そんな時にやって来たトマトちゃんはエミに何を伝えたかったでしょうか。そしてその後の展開は・・・。
ラストは人によっては消化不良だ!と納得出来ないものですが、一つの終わり方としてはアリかもしれません。
・・・最後のチャプターのアレは流石に笑ってしまいましたが。わざわざそんなことを・・・!?
ともかくトマト嫌いな人もこれを見てトマトが好き・・・になれなくても少しは考えを改めてくれれば幸いです。

マイ・スイート・トマト


 管理人コメント

本作のテーマは「現実と寓話のクロスオーバー」。以前紹介した「Merry X'mas you, for your closed world, and you...」では、寓話に取り込まれた主人公の悲劇を描いていましたが、本作では「現実の主人公と寓話の主人公の対話と齟齬」を描いた作品です。
終始コメディ調で描かれるため、あまり悲劇性は感じませんが、その中であっても「エミに設定されなかったせいで家族がいないトマトちゃん」が、その心情を吐露するシーンは、思わずウッと来ました。
実を言うと、本作の作者は「PSOアンダーグラウンド/朽ちゆく想い出に」の作者でもあります。全くジャンルが一致しない両作品ですが、絵柄に面影が残っていたりと、色々な影響が見て取れます。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 ムソウビョウ 】

ムソウビョウ
レビュワー [ シュン ]
ジャンル [ 気弱な少女と病弱少年の探索ADV ]
作者 [ 戸塚 さま ]
容量・圧縮形式 [ 18.8MB・ZIP ]
制作ツール [ WOLF RPGエディター ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ 12歳以上推奨 ]
配布元 ダウンロード先

ちょっと気弱な女子高生、再び怪奇の世界へ・・・。

 『彼岸邸』の続編となっていますが、この作品単体でも特に問題はありません。見ておくともっと楽しめるかも?
前作と比べると探索アドベンチャーとしての難易度が上がり、演出も更に強化されています。
わらしべイベントが用意されているなど、探索以外の要素にも注目です。

 叔母のお見舞いの為に病院にやってきた怖いものが苦手な女子高生、ひより。お見舞いも無事終わりこれから帰ろうとしたところ・・・
病弱でちょっと生意気な13歳の少年、尚(なお)と一緒に奇妙な場所に迷い込んでしまいます。
廃病院にも見えるこの場所は一体どこなのでしょうか。そして脱出出来るのでしょうか・・・。

ムソウビョウ ムソウビョウ

 ・・・ということで『彼岸邸』と同様に探索を行うこととなります。王道、といったところは前作とあまり変わりませんが、難易度はかなり上がっています。
前作と違いゲームオーバーになることもあります。総当りでは解くのが難しい謎解きがあり、意外な手段での謎解きも用意されています。
初見殺しの要素が多く、間違った判断がゲームオーバーやバッドエンドを招いてしまいます。
一番の難問はCase.1(ハッピーエンド)への道。このエンドに進むにはある場所であることをしなければなりませんが・・・これが結構な変化球。
本当に意外なことをしないと辿り着けません。多分一番の初見殺しであり、そのまま進んでしまう人も多いのではないでしょうか。
話の本題とは別にわらしべイベントがあり、手に入れたアイテムを次々と交換していくことになります。
最終的にあるアイテムが手に入り、これを持った状態でCase.1ルートを進むと・・・?

 ひよりは相変わらず怖いものが苦手のようで、今作でもやたら怖がる反応を見せてくれます。
こういうキャラが怪奇に巻き込まれるのはもはや運命というものでしょうか。
尚も生意気な性格からは予想も出来ない過去があり、ただの病弱な少年では無いことが伺えます。
こんなことがあったらひねくれ者になるのも無理はないかもしれません。年の割りに達観しているのも分かる気がします。
迷い込んだこの世界は果たして何なのでしょうか・・・。ま、まさか・・・?
エンドコンプとわらしべイベント達成により、タイトル画面に新たな項目が・・・?


 管理人コメント

前作「彼岸邸」では素材絵だったひよりが、今作では作者の自作素材となったため、私はプレイしてしばらくは「彼岸邸」の続編だと気づいていませんでした。ちなみに、自作の顔グラに切り替えたのは「彼岸邸」と今作の間に作った「一寸童子」からです。探索ADVであることは変わっていませんが、話のジャンルは大いに異なる作品を続けざまに作れる人物であることが分かります。
私は、Case.1のエンディングに行くのがせいぜいで、それでさえ、作者HPにあるヒントを見ずには潜り抜けられませんでした。わらしべイベントなんて、全く気づきもしませんでした。
恐らく、最初に引っかかるのは、3番目の画像にある別世界の脱出でしょう。これを攻略するのはかなりの変化球です。本作では、このように、変化球で初見殺しの謎が多くあります。心しましょう。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 機械仕掛けの夢 】

機械仕掛けの夢
レビュワー [ ろっとん ]
ジャンル [ ADV ]
作者 [ マテンロウ計画(うた) さま ]
容量・圧縮形式 [ 8.2MB・ZIP ]
配布元 ダウンロード先

ハマリ度:8 グラフィック:10 サウンド:7

ブリキの国の管理者グリベルを捜しながら、
歯車のように日々を生きる青年のお話。

■あらすじ
全てがカラクリで構成されたブリキの国。ここではあらゆる「力」を司る部品が作られています。
生前偉業を成した主人公は死後、記憶を失い「27万5236番目」という名で働くことに。
跳ぶ力を司る“ブリキうさぎ”を餌の配分と適度な運動の2項目で成長させる、シンプルな育成ゲームです。

機械仕掛けの夢

■マテンロウ計画おなじみ「可愛い絵柄とほのぼの雰囲気でダークな話」
育成の傍ら、主人公はブリキの国の住人達と交流します。
美人なお姉さん型の“394号”や主人公と同じく偉業を成して住み着いた“先輩”、なにやら怪しい案内役“19号”。
そこで生まれる機械の葛藤、人間の葛藤…それぞれの価値観から来る悲劇、そしてとある記録を垣間見た主人公の決断とは…

機械仕掛けの夢 機械仕掛けの夢 機械仕掛けの夢

激動の展開はありませんが、機械のように冷たさと力強さを持つ作品です。


 管理人コメント

本作の「ゲーム」と呼べる部分は“ブリキうさぎ”の育成ですが、ストーリーはそんな“ブリキうさぎ”を余所に進んでいきます。
最後の選択肢によって分かれる2つのEDは、どちらもやるせなさを感じるものです。主人公が何故その道を選んだのか…私の個人的な感想としては、中盤で出会う“394号”との出会いと別れが切欠となったように思います。マテンロウ計画作品としては異例の「大人の女性」なヒロインですが、だからこそ描ける悲恋を描いた作品です。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 深夜12時学校で 】

深夜12時学校で
レビュワー [ シュン ]
ジャンル [ 幽霊探索型ラブコメADV ]
作者 [ さくらぷりん さま ]
容量・圧縮形式 [ 68.9MB・ZIP ]
制作ツール [ RPGツクールVX Ace ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ 15歳以上推奨 ]
配布元 ダウンロード先

深夜の学校から脱出!・・・がそっちのけに?

 表向きは普通の探索ADVですが、実際やってることは普通じゃないです・・・。
開始数秒でセクハラを実行できるあの作品よりかはマシと思いますが、それでも問題だらけでは無いでしょうか?色々と・・・。
下手をするとあの作品より問題になるかもしれません。
但し、肝心の探索部分がそっちのけになっていたあの作品とは違い、中身はまともな探索ADVですのでそこはご安心ください。・・・安心出来るかなあ?
あ、「ふりーむ!」紹介ページにある注意事項も読んでおいてくださいね。

 年に一度の祭りの日、憧れのちな先輩と花火を見ようと深夜の学校に向かった主人公、ケンジ。
しかしいつの間にやらケンジと先輩は学校に閉じ込められてしまいました。
脱出するには幽霊をどうにかしなければならないようです。2人は脱出出来るでしょうか?

深夜12時学校で

 ・・・とあらすじも普通な探索物ですが、開始早々から問題点が。あ、理不尽な謎解きや極度のホラー要素はありませんよ?
開始数分からアレなスチルが出てきたのには噴きました。更にその後のケンジの発言にも噴きました。言わなくていいから!
その後も予想外の展開やスチルが次々出てきて唖然としました。特にあの写真は・・・。これって探索ゲーム?
メモが必須の謎解きや、心霊写真を撮る謎解き、移動速度やライトのオンオフを使う謎解きも用意されています。
この作品はゲームオーバーが無く、謎解きに失敗してもやり直しが出来ます。中にはやり直す際手順や証拠の確認が出来る場合も。
 エンドは3種類。1つだけ妙に難しい物がありますが、他2つは問題なく回収出来るはずです。
難易度の高いCエンドは調理室に閉じ込められた主人公の友達、神薙(かんなぎ)が関係しています。
頻繁に彼の元を訪れ話を聞いたり、アイテムが使えそうな所でもすぐには使わずにヒントを聞いてみたりしましょう。
このエンドはおまけみたいな物であるため、別に見なくても構いません。
2周目からはとある場所の鍵が手に入り、スチル鑑賞やシーン鑑賞が出来るようになります。
メッセージスキップやウィンドウ消去のボタンがあるのは良いと思いました。

深夜12時学校で

 妙に凝っているドット絵にも注目です。意外と動きが多いですよ!
先に言った通り、この作品でやっていることは普通の探索・脱出アドベンチャーです。
・・・しかしアレコレやの危険なイベントやスチルが原因で普通では無くなっています。しかし問題はこれだけではありません。
実は話の根幹はシリアスで、ここではネタバレになるので詳しくは語りませんが、想像も出来ない事実が判明します。
そんな・・・これではあんまりですよ!単純な話と思いきや実は全く単純じゃない、一筋縄ではいかない話でした。
どうせならエ・・・ゲフンゲフン、サービスシーンを強調するのもありだったかも?色々な要素を楽しめるのでこれはこれでアリだとは思いますが。
あと、あのエンドは誰得でしょうか?まあ需要があるのなら仕方無いのかも・・・?
ちなみに作者の公式ページURLは「初めにお読みください.txt」にありますが年齢制限があるので注意してください。


 管理人コメント

本作の作者は、元々は18禁シェアウェアを作っている人です。本作の下敷きとなったのは、エロもグロもひっくるめた18禁ホラーRPG「腐界に眠る王女のアバドーン」です。本作冒頭でも、「アバドーン」の宣伝とも取れるメモが残っています。
「アバドーン」も、「スウィートホーム」をベースにしてエロを入れたホラーRPGと見せかけて「男同士の攻略も可能」という一筋縄ではいかないシナリオが入っていましたが、本作にも一筋縄ではいかない仕掛けが入っていきます。
普通の巻き込まれ型ヒロインと見えた「ちな先輩」も、話を進めるたびに不可解な言動が見えはじめ、最後には…と、詳しくは貴方の眼で見てください。ただのヒント役と見えた神薙くんも、Cエンドを目指すと最後には…と、これも貴方の目で確認してください。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 散る桜 残る桜も 散る桜 】

散る桜 残る桜も 散る桜
レビュワー [ シュン ]
ジャンル [ 山を駆け巡って春を開花させる短編ADV ]
作者 [ 地獄カバ さま ]
容量・圧縮形式 [ 62.1MB・自己解凍方式 ]
制作ツール [ RPGツクールVX Ace ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

散っても桜は桜。でも命の場合は?

 実はこの作者様の作品をプレイしたのは今回が初めてになります。短編ながら色々考えさせられる作品でした。
tiny green』や『純愛ハートブレイク!』の作者で、他にも短編作品(主にRPG)を幾つか出しているので知っている人は多いかも。
ファンタジー系作品が多い中、この作品は和風物。「命」がテーマと言える話なのですが、い、意外と重い作品でした・・・。
色んなキャラがいるほのぼのした雰囲気だったのにこれは・・・。

 ここは尾山(おさん)という様々な動物や妖怪が暮らしている山。
「いろは」という神の使いの使いである小さな狐は神使(しんし)としての役目を全うしようと、冬の眠りから目覚めました。
しかし、春にもかかわらず尾山はまだ寒く、春が訪れる気配はありません。彼女は何故こうなっているのか調査を始めることにしました。
山の色々な場所に向かい、原因を調べていくうちに彼女が忘れていたある出来事が明かされることに・・・。

 やることはというと、いろはを操作し住人達に話しかけて困っていることが無いか、などを聞いたり、怪しいところを調べること。
話は一本道。戦闘要素は無く、またゲームオーバーもありません。調べる所が分からなければ総当りでも十分突破できます。
話を進めるうちに行ける所が増えていき、いろはが仕えている狐のシキや化け狸、天狗、商売猫、蜂にウグイスなど・・・様々なキャラに出会います。
最初は全く触れられていなかったいろはの記憶。しかし序盤からそれを思わせる発言などはあります。
それ故に、真実が発覚した時の衝撃は大きかったですね。え・・・まさか・・・いろはにそんな過去が・・・!?
エピローグにも注目です。ここは完全にネタバレになるので触れませんが、感動させられるかも!?
最後まで見たらタイトル画面の変化にも注目です。

散る桜 残る桜も 散る桜 散る桜 残る桜も 散る桜

 キャラの動きが細かく表現されており、特にいろはは色んな動きやリアクションを見せてくれます。
話を追うごとにキャラが増えていく「状況」、出会ったキャラの紹介が記されている「人物記録」にも注目です。
山で出会う化け狸のシマ、古井戸で出会う山姥(やまんば)、などどこか憎めないキャラもいれば、
商売猫のミケや河童、天狗といったムカつくキャラもいます。まあ正論を言うこともありますし仕方無いかもしれません。
それはともかく、多彩なキャラと数々のイベントを楽しみ、そして予想もしなかった真実に驚く作品でした。
是非ともエピローグまで見ていろはの活躍(?)と隠された秘密を見てください。


 管理人コメント

本作は、以前の100%コメディな作品とは異なり、「死」と言う悲しいものを裏に秘めた作品になっています。
…と言っても、よほど後半にならなければ、その悲しいものが表に出ることはありません。あっちこっちへと向かう単純なお使いシナリオです。
本作で注目すべきは、キャラクターの細かい動きです。今までの作品より大きめになったキャラクターたちは、小型のウグイスやクマンバチに至るまで、様々な表情を見せてくれます。ストーリーを進めるにつれ、背景も大きく様変わりし、季節の移り変わりを感じさせるものになっています。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ