■ 投稿レビュー RPG 25
王女様と薔薇の騎士 ざくざくアクターズ ネクロさんRPG Labyrinth Star 俺が数ヶ月かけて作った戦闘アニメ3
ぷちだんLO 片道勇者 ファルコンフロムヘル ゴメスの全穴堀計画 サラマンドラのおまじない

【 王女様と薔薇の騎士 】

王女様と薔薇の騎士
レビュワー [ 祈 ]
ジャンル [ 百合百合RPG ]
作者 [ えぬ さま ]
容量・圧縮形式 [ 24.0MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクールVX ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

いろんな意味で面白かった。
RPGとしての難易度はそんなに難しくないというか簡単な方だと感じたな。
プレイヤーの行動次第で主人公があらぬ方向に暴走したりして、ちょっとワロタwwwwwww
あと言うなら戦闘とかはすげぇ早く終るのが特徴だな。


 管理人コメント

本作品は「ガールズパーティ」というフリーゲームコンテストに出品された作品です。「ガールズパーティ」の作品のコンセプトは…「百合」ただ一つ。逆に言えば「百合」表現以外は自由な作風のものばかりです。
本作も、「百合」…目立つのはほぼ女性キャラという以外は、軽快に楽しめるRPGです。経験値や閃きスキルを溜めなくても何とかなる難易度です。
ちなみに、主人公の「百合」の対象は正直言って節操がありません。顔グラが有ろうが無かろうが、選択肢で口説くことが可能です。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 ざくざくアクターズ 】

ざくざくアクターズ
レビュワー [ kokoko ]
ジャンル [ RPG ]
作者 [ はむすた さま ]
容量・圧縮形式 [ 130MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクールVX Ace ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

今回紹介する作品は、「ざくざくアクターズ」です。
作者である、はむすた氏は、フリーゲームであるらんだむダンジョンの作者としても有名です。

前作であるらんだむダンジョンは、ダンジョン探索を中心に物語が進んでいましたが、今作はそれとは、一癖も二癖も違う形式のRPGとなっています。

内容としては、「はぐれ」が王国を建設するというものです。
「はぐれ」とは、一種の種族みたいなものです。

はぐれ達が、世界樹に登ったり、海底遺跡を探索したりしつつ、王国建設を目指しています。
詳しくはネタバレになるので、詳細なレビューは控えますが個人的には、今作も前作と同じかそれ以上に面白いと思うので紹介してみました。
是非遊んで見てください。

なお、本作は2章まで作成されております。時間としては10時間程度は遊べるかと思います。
今回もらんだむダンジョンの時と同じように、ある程度のボリューム毎に、漸次更新していく予定のようです。

長文をお読みいただきありがとうございました。


 管理人コメント

舞台となる世界の召喚士から好き勝手に呼び出され、そして疎まれるようになった…とOPで語られる「はぐれ」のシリアスな設定と、それにも関わらず軽い掛け合いを繰り広げる主人公たちの生き様は、確かに「らんだむダンジョン」から受け継いだものです。
ただし、今作は、キャラ絵をRTP改造のフリー素材ではなく、作者様自作の素材に変えています。RPG自体の内容とともに、絵柄もどのように進歩を遂げていくか、今から楽しみですね。現在は…まぁ、良くも悪くも「発展途上」ということで。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 ネクロさんRPG 】

ネクロさんRPG
レビュワー [ 餅 ]
ジャンル [ RPG ]
作者 [ えんがわ さま ]
容量・圧縮形式 [ 10.1MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクール2000 ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

ネクロマンサーのネクロさんと、幼女の姿になったダークロードの二人が女神を倒す冒険をするRPGです。

本作の魅力としては、敵味方共によく動く戦闘中のアニメーションが挙げられるでしょう。
敵味方合わせて最大6人のキャラクターが動きまわる為、圧倒されます。

その戦闘は独特なシステムとなっており、難易度も高いです。
ネクロさんとダークロードを自由に切り替えながら戦う事ができるのですが、この二人はHPを共有しており、またどちらかが倒れるとゲームオーバーとなります。
しかし、敵の攻撃力は高く、3回程度殴られると主人公は倒れてしまいます。

ここで必要となるのが敵の攻撃を代わりに受ける味方の存在です。 ネクロさんは魂を消費してザコ敵を味方に引き入れる「ブリーズ」という技を持っており、味方がいる限り敵に直接狙われることはありません(全体攻撃や特殊な攻撃は喰らいますが)。

ダークロードは敵に狙われなくなる効果を持ちませんが、味方がいれば狙われる確率は低下する為、生存率は上がります。
常に味方を連れ歩くことが安定して進める上で不可欠なのです。

それでも、強い敵は要求される魂が多かったり、敵からの魂の入手量は乏しかったり、強い技を使うには相応のHP消費を要求されたり、光の珠を入手する以外のパワーアップ手段は無いなど全体的な難易度は高いと言えます。
戦闘で詰まった時は回復ポイント周辺で魂を稼いだり、取り逃がした珠を探してみると良いでしょう。


 管理人コメント

とにかく、味方を使い潰す戦い方をしないと、全く歯が立たないバランスになっています。主人公も「ブリーズ」で手に入るモンスターもHPは低め。しかも、回復アイテムは数が少ないため、一人の味方を長く使い続けることはとてつもなく難しいです。
「仲間にするためのコストとなる『魂』は、敵を倒さないともらえない」という点もネックになります。「ブリーズ」で手に入ったモンスター分は「魂」が手に入らないのです。
この対処は、回復ポイント周りの地道な稼ぎしかありません。幸い、回復ポイントでは主人公も味方モンスターも全回復できるので、ここを拠点として稼いでいきましょう。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 Labyrinth Star 】

Labyrinth Star
レビュワー [ DECOすけ野郎 ]
ジャンル [ バトル&探索重視RPG ]
作者 [ 砂川 赳 さま ]
容量・圧縮形式 [ 20MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクール2000 ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

島の洞窟の最下層を目指し、いざ行かん

【概要】

ダンジョンクリア型のRPGです。
なお、ダンジョンはランダムで生成されます。
(一応、各フロアは似たり寄ったりするのですが宝箱や次のフロアへの階段は全部ランダムです)

一定の階層を降りたり、そのダンジョンのボスを倒すと特定の階層までワープをすることができます。
ダンジョンを抜けたい場合は、どこかにある水色の魔法陣を探せばワープ可能です。
途中からは、とあるアイテムを使用すれば無制限に抜けることが出来るのですが、それまでは魔法陣をともかく探してください。多分すぐ見つかるはずです。

戦闘はシンボルエンカウントを採用していています。
雑魚戦は容易に省ける・・・と思いきや、変則的な動きをしてくる雑魚もかなり多いので、そういう場合は注意が必要です。
ある一定のレベル差があれば必ず逃げられるので、そこまで心配する必要はないかもしれません。

また、ボス以外にも特定の階層に「お尋ね者」がいるわけですね。
そいつらを倒すと、島の右下にある小屋に住んでいる人にアイテムがもらえたりします。
その家では、お尋ね者の弱点などが書いてあるので、それを読んだ上で戦闘に挑んでください。
(逆に、読まないとかなり悲惨なことになることも)

【戦闘のポイント】

一番最初に、連れていく仲間の職業を選べることが出来ます。
中でも、重要なのが「水か光属性の仲間は一人入れておけ」ということです。
貴重な回復メンバーなわけなので、ここは必ず選んでおきましょう。
そうでないと、ボス戦とかが辛いので・・・。

戦闘時には、通常攻撃、MPを消費する魔法、TPを消費する特技があります。
まず、大事なのは「敵の弱点」と属性を把握することです。
間違って敵と同じ属性の攻撃をすると相手が回復する、ということもあるのでそこは注意してください。

戦闘勝利後は、経験値・お金・魔石をゲットできます。
一番最初に4人仲間にしたのであれば、全員が同じペースでレベルアップしていくので特にそこらへんは問題はないでしょう。
次。お金。装備強化するために必要です。
最初のうちはあまり貯まらないので、宝箱をともかく探してお金をゲットしましょう。

そして「魔石」。これは重要です。
魔石には全部で炎・氷・雷・水・風・土・光・闇の種類があります。
そして、最初に選んだ仲間の職業がそれぞれ特定の属性に強いわけですね。
魔石で「魔珠」というものを新たに作り出すことで、その属性の魔法を覚えたり、ステータスを上げる、特殊攻撃、状態異常対策などステータスを強化することができます。
しかし、格キャラごとに10個しか魔珠を持てないので、ここがまた悩みどころです。

それと、戦闘終了後に各キャラが「閃く」ことがあります。
閃くと、特技が増えます。ここで注意してほしいのが、「閃き」で特技を増やすためには同一系統の武器を使い続ける必要があるということです。
例えば、斧なら斧系統、弓なら弓、ナイフならナイフ。
そうでないと、特技があまり増えずに中途半端な状態になってしまいます。
ですので、一度最初の時点で選択した武器の系統はなるべく維持した方が後半でも有利になることでしょう。
(なお、職業によっても得意な武器の差異はあります。なるべく、それぞれに合った武器を選びましょう)

【この作品のポイント】

ともかく「プレイが快適」ということですね。
戦闘も、ダンジョン移動も、インターフェースもともかくスムーズ。
無駄がない。
楽しく戦闘と探索を進めることが出来ます。
ただ、2周目以降の特別要素とかは無いのでやり込みとかストーリーを重視する方にはあまり向かないかもしれないです。
(他の職業でクリアしたいんだ!という人には向いているかもしれませんが)


 管理人コメント

本作の職業は、ステータスやスキルだけでなく、得意な武器や属性も見て設定する必要があります。魔導師系は得意属性が多く、スキルの魔珠の効果が高くなります。逆に、得意属性がない戦士系はステータス増加の魔珠を持たせ、直接攻撃や特技の効果を高めましょう。
以上のように、成長の組み合わせが本作の醍醐味です。ただ、ボスや賞金首は弱点を上手く突かないとまず勝てません。どんな属性が来ても対応できるよう、幅の広いキャラクターを持っておきましょう。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 俺が数ヶ月かけて作った戦闘アニメ3 】

俺が数ヶ月かけて作った戦闘アニメ3
レビュワー [ 餅 ]
ジャンル [ デフォ戦ゲー ]
作者 [ だむ さま ]
容量・圧縮形式 [ 2.97MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクール2000 ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

本作はVIPRPGのRPG作品です。タイトルからすると戦闘アニメ集のようですが、中身は本格的なゲームとなっています。
宝を探すという目的はありますが、ストーリーは希薄で、登場キャラクターや世界観の知識を要求する内容ではありません。

本作の戦闘はRPGツクール2000のデフォルト戦闘、通称デフォ戦ですが、多くの工夫が組み込まれており、新鮮な感覚でプレイすることができます。
主人公達にはHPとはLPが設定されており、HPがゼロになるとLPが減少するという仕様になっています。
つまり、LPがある限りは戦闘不能にはならないのです。
LPを消費する技や、その他にも多彩な味付けが施されており、デフォ戦に慣れた人でも一筋縄ではいかない内容となっています。

RPGとしては短編といえる内容ですが、個性的なボス敵が数多く用意されており、戦略的なプレイが求められます。
戦闘以外でも、マップの造形やBGMを途中から再生するといった技術的な工夫も凝っている作品です。
ツクラーの方であればその驚きは尚更大きいでしょう。


 管理人コメント

戦闘アニメのみならず、RPGツクール2000のサンプルとしても一級品の力を持った作品です。戦闘アニメの方は主にRPGツクール2000のエディタで開いて見るもので、ゲーム部分はとても「戦闘アニメを見て楽しむ」レベルにとどまれない、戦略を必要とする作品です。
もちろん、LPなどのシステムもエディタを利用して参考にできます。ただ、ツクール2000のスクリプトは別作品へのコピペが大変なので、本当に「参考程度」にしかならないかもしれません。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 ぷちだんLO 】

ぷちだんLO
レビュワー [ 阿賀栗 ]
ジャンル [ RPG ]
作者 [ kso さま ]
容量・圧縮形式 [ 90KB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクール2000 ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

今回は、『ぷちだんLO』です。

このゲームには、二つの目的があります。
ひとつは、「ダンジョンを攻略」すること。
二つめは、「変異種(モンスターっ娘)の収集」をすること。

このゲームはシンプルにできており、この二つ以外は、たいした目的もありません。
ストーリーもあって、ないようなものです。
それで面白いのか?それが面白いのです。

目的が絞られている為か、迷うことなく進められ、肝である戦闘の難易度もいい塩梅でした。
ただ突っ込んだだけでは勝てないが、戦略を深く追求しすぎることもない。

そして、モンスターを仲間にするにはただ勝つだけではありません。
弱らせて捕獲する必要があります。
ボスモンスターを倒さずに捕まえる、なかなか楽しかったです。

モンスター収集については、一体につき一枚のCGがご褒美としてあります(なんとカラー!!
本編がセピア色なだけにCGを出したときのの喜びもひとしおです。

また、基本どこでもセーブが可能なので、スキマ時間にチマチマ進めることもできます。

ただ、このゲームは、セピア色の画面と矩形波サウンドでレトロゲーム風のいい雰囲気を醸しているのですが、そのせいで、一部見えにくいところもあるということがネックです。

しかし、このゲームは、それを補って余りある面白さをもっています。
ぜひ、このシンプルなRPGで、攻略と収集の楽しさを味わってはいかがでしょうか

追伸;

主人公のタイプは二つあり、それぞれ、「ふぁいたー」と「まじしゃん」です。
「ふぁいたー」は、サポート寄りで高い耐性と武器の扱いを見せ、「まじしゃん」は、攻撃寄りで安定した火力を持ちます。
個人的には、「ふぁいたー」の方が、難易度が少し易しく感じました。


 管理人コメント

本作には、元となる作品「ぷちだん」があるのですが、前作は有料作品の上18禁。前作と今作「ぷちだんLO」の間にはストーリー的な繋がりは全くないため、前作を購入する必要は一切ありません。興味を持たれた18歳以上の方のみ、ご購入ください。
本作の戦闘難易度は、意外とピーキーです。LV1の主人公は本当に弱く、最弱のゼリーとタイマンで渡り合えるかどうか…ぐらいの強さです。運悪くボスモンスターと出会ってしまうと、全滅は必至です。
その分、少しレベル上げするだけで強さも資金も段違いに上がります。捕獲に必要な「捕獲縄」は100Gと結構高めです。装備と捕獲縄どちらに資金を投入していくか、計画的に運用しましょう。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 片道勇者 】

片道勇者
レビュワー [ 祈 ]
ジャンル [ 強制横スクロールRPG ]
作者 [ SmokingWolf さま ]
容量・圧縮形式 [ 33.1MB・ZIP ]
製作ツール [ WOLF RPGエディター ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

ハマリ度:7 グラフィック:7 サウンド:7

強制横スクロールという仕様を持ったかなり変わったRPG
ゲーム性質としては風来のシレンやトルネコの大冒険を思い浮かばせるような作り
このゲームはオンラインにも対応している(ゲームそのものをやるならインターネットの接続はなくてもいい)
ローグライク系のゲームが好きな人向けだな


 管理人コメント

システム的には、1歩ごとにターンが進むなど、ローグライク系の要素を大きく取り込んでいます。しかし、そこは数々の作品を作りだしたSmokingWolf氏。画面移動を左→右に固定し、強制横スクロールを備えることで、素早い判断を必要とする新しいRPGを作り上げました。
本作品で一番悩ましいのはアイテムの取捨選択です。重量制限が厳しいうえ、道中で手に入るアイテムどころか、店売りのアイテムまでほとんどが未鑑定。しかも、鑑定するためのアイテムは高価で、序盤ではまず買えません。
序盤のクラスである剣士・騎士は、弓を装備しておらず、遠距離攻撃には不向きです。まずは足を止めて敵を待ち受ける作戦・斜め移動など、ローグ系RPGの基本のキである操作を覚えていきましょう。「片道勇者」では、足を止めての方向転換は3ボタン、斜め向きは4ボタンで簡単に実行できます。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 ファルコンフロムヘル 】

ファルコンフロムヘル
レビュワー [ 餅 ]
ジャンル [ RPG ]
作者 [ えんがわ さま ]
容量・圧縮形式 [ 9.2MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクール2000 ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

VIPらしいノリとネタを持ったVIPRPGのRPG作品です。
地獄に落とされたファルコンが塔を登るというシナリオですが、ストーリー重視の作品ではないので、シナリオはあって無いような物かもしれません。

作中の戦闘は基本的に全自動で進行します。
戦闘中に出来る事はMPを消費しての回復と、スキルの付け替えだけで、基礎的な能力値と連れている仲間、スキルが重要となります。

敵を倒すと低確率で仲間候補に加わってくれるのですが、この作品に登場する敵はその大半がモンスター娘となっており、大きく秀麗なドット絵で描かれている上によく動きます。
このモンスター娘達が本作の魅力の一つと言えるでしょう。

スキルはマップ探索で拾い、持っている物の中から3つまで装備できます。
強いスキルはより奥の階層へ進まないと拾えない為、基本的にはレベルアップによる強化を繰り返し、奥へ進んで行くゲームとなっています。
マップ上に落ちているアイテムでも強化は出来るので、戦闘を避けてアイテムを集めるというプレイスタイルも有ります。

比較的シンプルなシステムで、テンポが良いため気軽に遊べるゲームです。
ファルコンをひたすら鍛えましょう。ただし、赤シンボルの強敵には要注意で……。


 管理人コメント

盗賊のファルコンだけあって、攻撃力は低く、LV1では最初のチュートリアル戦闘すら押し切られてしまいます。
攻撃力はLVアップで自動的には上がらず、LVアップ時に一つだけ使えるボーナスで成長させるなど、計画的な成長が必要になります。
「同じ階の緑敵なら楽勝」レベルでは到底かなわない赤敵ですが、その分、仲間になってくれる確率も段違いに高くなります。ある程度成長したら、より強い仲間を手に入れるため、積極的に狙いに行きましょう。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 ゴメスの全穴堀計画 】

ゴメスの全穴堀計画
レビュワー [ 餅 ]
ジャンル [ モノクロRPG ]
作者 [ 炭酸電池 さま ]
容量・圧縮形式 [ 2.7MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクール2000 ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

不思議なモノクロの世界を冒険するVIPRPGの作品です。
オープニングはひどいですが、ゲーム本編はVIPらしさもほぼ無く、シリアス感のある作風となっています。

ゲームはステージ分けされた「進む・戻る」形式で進行します。進行中には敵や味方、宝箱などがランダムに出現しますが、その全てがモノクロの自作イラストで描かれており、作風に味わいがあります。
それぞれのステージの描かれ方やBGMの雰囲気も良く、丁寧な作りとなっています。

戦闘はスピーディーで、素早くスキルを選択したり、行動を選ぶ必要があります。
スキルは消耗品で、4つまでしかセット出来ない為、あまり好き放題は使えません。
通常攻撃だけでも雑魚戦なら十分勝てる為、基本的には通常攻撃メインで大丈夫です。

不思議な世界に浸りつつ、意外とかっこいい主人公ゴメスの勇姿を堪能しましょう。


 管理人コメント

リアルタイムの戦闘はシビアです。ボーッとしてると敵キャラにタコ殴りにされます。それでなくてもダメージが激しいため、スキルやレベルを整えておかないと力負けしてしまいます。
各ダンジョンのボスは、レベルアップによる力押しでも厳しい強さになっているため、情報屋(死神五世)で事前準備をし、有効なスキルを購入し、万一のためにサポート妖精も雇っておいて…と、全てが運任せの「進む・戻る」形式ダンジョンでは厳しい条件が問われます。時には引き返すことも考えましょう。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 サラマンドラのおまじない 】

サラマンドラのおまじない
レビュワー [ 祈 ]
ジャンル [ 短編RPG ]
作者 [ くろあめ さま ]
容量・圧縮形式 [ 36MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクールVX ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

ハマリ度:9 グラフィック:9 サウンド:9

「だいちのちから」「だいちのかけら」の地術シリーズでお馴染みのくろあめ氏の新作RPG
今度の設定は地術じゃなくて呪術
プレイした印象としては過去の地術シリーズの作品と比べてやや難しいという印象
とはいえ、戦闘難易度と戦闘速度の調整におまけシナリオは健在。
やりこみたい人、話だけでも読んでみたいという人でも両方楽しめる出来だな


 管理人コメント

今回の「サラマンドラのおまじない」の難易度が高い最大の原因は、「呪術には回復魔法がない」という仕様のせいです。
OPから「癒しなき力」と明言されており、チュートリアルとなる序盤でも「回復ないからお薬はちゃんと買え。」と口を酸っぱくして言われます。
また、弱点を突けるかが勝負を決める「だいちのちから」から受け継がれるタクティカルなバトルは健在です。その上、これまで以上に敵の攻撃力が高く、HP消費が激しくなります。
装備品は宝箱からでもなんとかなるため、稼いだ金は薬に注ぎ込むつもりで行きましょう。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ