■ 三代目レビュー アクション 2
Ultimate Custom Night カラアゲウォーズ

【 Ultimate Custom Night 】

Ultimate Custom Night
ジャンル [ ホラーサバイバル ]
作者 [ Scott Cawthon さま ]
容量・圧縮形式 [ 不明・Steam上でダウンロード ]
言語 [ 英語 ]
備考 [ 要・Steamクライアント ]
配布元 ダウンロード先

人形たちのParty Night, 人間たちのLast Night.

FNaFこと「Five Nights at Freddy's」。ナンバリングだけでも4作に渡る長期シリーズです。本作「Ultimate Custom Night」は、今までのシリーズに登場した50体以上のロボットたちをプレイヤーの自由にカスタマイズしてFNaFの一夜をプレイできる作品です。
1プレイ5分程度のゲームながら、操作は結構複雑です。不定期に警備員室に乗り込んでくるロボットたちをやり過ごすため、以下の操作が求められます。

Ultimate Custom Night Ultimate Custom Night Ultimate Custom Night Ultimate Custom Night

上記操作は、マウス1本でできるようにはなっていますが、一瞬の判断が求められるFNaFでは、マウス1本の操作は「遅い」と言わざるを得ません。また、カメラと被り物はマウスを下に持っていくだけで暴発する場合があるため、この点でもマウス1本の操作はおススメできません。
PCでプレイする場合は、キーボードショートカットを利用するのが一番やりやすいです。1ボタン1アクションなので、覚える難易度は高いですが、覚えた場合の軽快な操作は、必ず攻略の助けとなるはずです。
もっとも、あくまで「攻略の大きな助け」となるだけで「攻略できる」とは程遠いのですが…。

「Ultimate Custom Night」は、初期ステージだけで2つの扉・2つの通風孔・温度を下げる扇風機と、扉2つのFNaF1よりも難易度の高いステージ構成になっています。
高スコアを上げることで新しいステージ(警備員室)が解放されていく仕組みになっていますが、正直言って、2000点あげる難易度に挑戦するだけでも大変です。
初心者の場合は、FNaF1からの登場人物であるFreddy(熊), Bonnie(兎), Chica(ひよこ) (選択画面左上の3体)のレベルを5ぐらいに設定してプレイするのが、本作に慣れる手順としてはおススメです。
その右のFoxy(狐)は、FNaF1でもかなり対処の厳しい強敵です。操作のおぼつかないうちは選択しないでおきましょう。

キャラによって対処法も難易度も異なり、場合によっては出現時点でほぼ死亡確定となるキャラまでいますが、本作「Ultimate Custom Night」では、その説明はほとんどありません。選択画面で数行程度の説明がある程度です。
本作内では説明の少ないキャラごとの性能、全く説明のないストーリーについては、有志がWikipediaなどで説明・考察しています。FNaF自体に初めて触れる方には、これら日本語の説明文をあらかじめ見ておくのがおススメです。FNaFシリーズの楽しみは回避アクションにあり、ストーリーをネタバレしてもその楽しみは減りません。

↑ページ先頭へ / <【ACT】INDEXへ / <<トップページへ

【 カラアゲウォーズ 】

カラアゲウォーズ
ジャンル [ 短編アクションRPG ]
作者 [ POPO さま ]
容量・圧縮形式 [ 34MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクールVX Ace ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ 肉とから揚げのゲームセレクト 参加作品 ]
配布元 ダウンロード先

王者の下でむせび泣く者たち(食卓的な意味で)

良い子のみんな~!! 好き嫌いしてないかなぁ~!? 好き嫌いはだめだぞ~!
特にピーマンが食べられないなんて言っちゃうと…

カラアゲウォーズ
繊細なピーマンたちはんでしまうんだ。

今回のお話の主人公は、ピーマン国のお姫様・ピーニャ。
毎日のようにショック死していく国民たちに心を痛め、強硬策に出る。
毎食毎食、子供たちの人気をさらっていく「唐揚げ」を滅ぼし、ピーマンに振り向いてもらうのだ!

カラアゲウォーズ もちろん、戦うのはピーニャ姫自身。
「雪うさぎと星の王子さま」「ゾンビーデ☆バンビーナ」と同様、軸を合わせてショットで肉類をぶっ飛ばしていくのだ!
雑魚が多い場合は、腹心のテツオをアタックさせよう! チャージ時間こそかかるものの、広範囲に大ダメージを与えるぞ!
通常技のショットも、テツオアタックもリーチが長く、弾数にもほぼ制限はありません。
テツオアタックはSPを使用しますが、SP回復アイテムである黄ピーマンがポロポロ落ちるため、ほぼ無限と考えて差し支えありません。
おそらく、難易度は今までのPOPO氏の作品の中でも最も簡単といって差し支えないでしょう。

もちろん、POPO氏お得意のコメディシーンも抜かりありません。道中散々笑わせた後、ラストにちょっとしんみりさせるPOPO節は、本作のような短編作にもしっかりと描かれています。
毎作ぶっこんでいる温泉シーンも、いつもよりセクシーに用意しておりますよ。
カラアゲウォーズ

↑ページ先頭へ / <【ACT】INDEXへ / <<トップページへ