■ 投稿レビュー アドベンチャー 57
義賊は這い上がる

【 義賊は這い上がる 】

義賊は這い上がる
レビュワー [ ぬー ]
ジャンル [ 脱出アドベンチャー ]
作者 [ トンカチ さま ]
容量・圧縮形式 [ 18MB・ZIP ]
製作ツール [ WOLF RPGエディター ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

ハマリ度:8 グラフィック:6 サウンド:8

危険なギミックを潜り抜け這い上がる

■ストーリー
主人公ローレルは義賊で、不正疑惑を持つ商人の家を探っていた。しかし、その家の見張りに捉えられ、入ってから出られた者は居ないと言う怪しい洞窟に放り込まれてしまう。
主人公はその洞窟からの脱出を試みて奥へと進む。

■システム
洞窟内は謎解きやギミックがあって、それを解いて先に進む感じになっています。
謎解きはヒントから4桁の数字を当てると言うのが多いと書くと良くあるやつだなと思われそうですが、結構珍しい謎の出し方をしている感じです。難易度的には多少難しいですが、無理なく解けるレベルだと思います。
難しさの分、探索中に見つけたヒントを記憶しておけるシステムがあるので、謎解きゲームとしてはやりやすいでしょう。

あと、アクション面で初見殺しなトラップが多いです。序盤はそうでもないですが、後半になると連続して初見殺しに嵌まるので、そう言うのが好きかどうかによって、このゲームに対する評価が分かれると思います。

■総評
控えめなストーリー、珍しい謎解き、連発される初見殺し。
ストーリーを追うよりも謎解きゲームをやりたい人、初見殺しな仕掛けに嵌まるのが好きな人に。


 管理人コメント

謎解きは「よく考えれば必ず解ける」レベルです。唯一、終盤の鍵開けが「鍵は3つあり、ヒント1,2,3は、それぞれ別のカギのヒント」という点に気が付くかが謎解きの分かれ目です。初見では「ヒント1,2,3合わせて1つのカギの謎」と解釈してしまったため、パスワードが合わずに「!?」となりました。
そして、最もプレイヤーを苦しめるのが初見殺し満載のガイコツ軍団。後半になると「骸骨1体につき1回は必ず殺される」頻度で初見殺しが来ます。
ただ、本作は初作品のせいか、演出面にまで気が回っていないのが最大の欠点です。とりあえず、洞窟もマップチップで壁を作り、見た目のチープさを減らすことからですね。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ