■ 三代目レビュー バカゲー 弐
飲みすぎの闇

【 飲みすぎの闇 】

飲みすぎの闇
ジャンル [ 酔っ払い系脱出ゲーム ]
作者 [ べるず さま ]
容量・圧縮形式 [ 95MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクールMZ ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ お酒は20歳になってから ]
配布元 ダウンロード先

おSAKE♪ おSAKE♪

20歳以上の皆様、お酒は大好きですか? 私は当然ながら大好きです。
本日ご紹介する「飲みすぎの闇」は、タイトルの通り、「お酒」と「酔っ払い」をテーマにした脱出ゲームです。
これまたベロンベロンに酔っぱらったキャリアウーマン・酒美は、見知らぬ部屋の中で目覚める。そこは豪華な酒と奇妙な謎が陳列された迷宮であった。しかし、その迷宮は徳利型の怪物まで彷徨う危険な場所でもあった。
果たして酒美は、芯までアルコールが回った頭脳で、この迷宮から脱出できるか。

飲みすぎの闇 飲みすぎの闇 飲みすぎの闇

本作は、謎解きも「酒」と「酔っ払い」がキーワードになったものばかり。以前紹介した同氏の作品と同じく、おバカな世界観に比べて意外と難しい謎解きがひしめいています。酔っ払いの動きを見る謎、カクテルの知識が問われる謎、どのヒントがどの謎に使えるのかさえ、きっちりと見極めなければなりません。
しかし、それを解くのはシラフ(推定)のモニターの前の皆様。皆様が動かすはずの酒美は、「選択肢を主人公に任せることができる」システムにより、モノを調べるたびに支離滅裂な言動を繰り広げます。支離滅裂な言動は、プレイヤーの皆様がある程度調整できますが、どれも支離滅裂であることには変わりありません。その上で「酔っ払いに任せる」コマンドで酒美にランダムで選択させることさえできます。
ご心配なく。行動の選択肢はどれを選んでもENDが分岐したりGAME OVERになったりはしません。存分に支離滅裂な言動をお楽しみください。

ただし、本作には別の注意点があります。ENDは1つのみですがGAME OVERは存在します。廊下をランダムに動き回っている「徳利型の怪物」です。
奴に触れてしまうと(もらいゲロにより社会的に)GAME OVERとなります。徳利型の怪物は、廊下に入った直後に数秒ほど姿を見せた後、透明化します。その数秒間で怪物の位置を把握し、怪物のいる道を避けること、それが唯一の回避法なのです。

果たして、酒にまつわる謎を解いたプレイヤー、そして手当たり次第に支離滅裂な言動を繰り広げる酒美を最後に待ち受けるモノは…。それは、貴方の目で直接ご覧ください。およそ20分ほどで読破できるシナリオです。
そして、本作は、当サイト初のRPGツクールMZ作品レビューとなります。あらゆる意味で「初作品」にふさわしい破壊力を持つゲームであることは、この私が保証します。


(補足)
2020.10.18:このレビューは、24時間以上アルコールを絶った上で執筆いたしました。

↑ページ先頭へ / <【BAKA】INDEXへ / <<トップページへ