■ 三代目レビュー アドベンチャー 14
SHTDN HER TREES COSMO BLOSSOM フィッシュ・フックは
涙しないRE

【 SHTDN(シャットダウン) 】

SHTDN
ジャンル [ ピクチャを探索するゲーム ]
作者 [ 旨味まづ さま(丸得基地) ]
容量・圧縮形式 [ 253MB・ZIP, ブラウザゲーム ]
製作ツール [ RPGツクールMZ ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ ブラウザ版・ダウンロード版の両方をプレイ可能 ]
配布元 配布元

塵も積もれば極彩色世界

ここはとあるパソコンの内部。ネットにも繋がらず、操作する人もいない、そんなパソコンの中に、動いているプログラムが2つだけ存在していた。
1つは、外部デバイス越しに侵入してきたコンピュータウイルス「アガペー」
残り1つは、そのアガペーを撃滅せんと目覚めたワクチンソフト「ゴヨウ」
現れてはデスクトップを滅茶苦茶にするアガペーに対し、ゴヨウの鉄拳制裁が飛ぶ…そんな毎日を繰り返していた。
ある日、「毎日潰しているアガペーは分身(ショートカット)に過ぎない」と気づいたゴヨウは、アガペーの本体を消去しようともくろむ。しかし、当のアガペーによって滅茶苦茶にされたデスクトップから本体を探し出すのは容易ではない。
しかし、ゴヨウは疲れを知らないソフトウェア。ゴミ箱に捨てられたファイルを1つずつ漁っていけばいつか辿り着けると、フルスキャンを開始する。
長年積まれて溜まった「ゴミ」は、持ち主の思いも重なった不思議で美しい世界を形成していた。パソコンの中しか知らないゴヨウにとって、「ゴミ」に積まれた地球の、世界の、生活の画像はとても興味を惹かれる物であった。
「ゴミ」の中で、ゴヨウは何を学び、アガペーは何を決意していくのだろうか。

本作の進行は単純。何十マップに分かれた「画像の世界」を左から右に進んでいく…大まかな進行はそれだけです。
しかし、巡るマップはどれも美しいドット絵で彩られた世界。見ているだけでも楽しめる作品になっています。
もちろん、本作でできることはそれだけではありません。マップ内には吹き出しのアイコンが点在しています。そこを調べると、マップの「画像」について、ゴヨウとアガペーの会話が楽しめます。
何もかもが初対面で、鉄面皮に秘めた興味を隠そうともしないゴヨウ。ネットから得た「知識」は持っているために一応の教師づらはするものの、「実感」はしていないためにどこかチグハグな解説になるアガペー。2人の会話の「妙」も、本作の魅力の1つです。

そんな、一見仲良くケンカしている2人の行く先は、どうなるのでしょうか。いかに和気あいあいとしていても、2人はプログラム。パソコンを破壊するために生まれたウイルスと、そのウイルスを破壊するために生まれたワクチン、どうしても分かり合えない溝が常に存在しているのです。
本作のENDは3つ実装されています。しかし、その分岐については完全秘匿。ホームページにも攻略情報は存在していません。
私も、吹き出しを調べる回数・「左から右」以外の通路の探索・画面右下のフォルダから飛べるショートカット…色々と試してみましたが、1つのENDしか見れていません。
「吹き出しが存在しないマップ」「右から左に行くことで後戻りができるマップ」「クリア後のゴヨウ1人で探索するシーン」など、怪しい箇所はあるのですが、パターンが多すぎて探り切れません。
顔のいい男子2人の絆、殺しあう運命を避けられない悲劇、以前に紹介した「ZENO」と同様、本作も美男子たちの悲しい物語を楽しめる作品です。ぜひ、色々と探って、2「人」のプログラムの「心」を探ってください。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 HER TREES 】

HER TREES
ジャンル [ ポイントクリック謎解きゲーム ]
作者 [ stone さま ]
容量・圧縮形式 [ 52MB・ZIP, ブラウザゲーム ]
製作ツール [ Unity ]
言語 [ 英語 ]
備考 [ ブラウザ上でもプレイ可能・ダウンロード版はWindows専用 ]
配布元 配布元

目の前には、「彼女」と「木」だけがいた

「HER TREES」の目的は、ただ「謎を解くこと」のみ。謎を解くたびに、「彼女」の頭上に生えた「木」は実をつけていきます。
枝の全てに実を付けて、謎解きをコンプリートしたとき、貴方はこの空間から脱出できる…そんなゲームなのです。

貴方の周りには数々の「絵」が飾られています。絵の中にある「物」は、ドラッグで自由自在に動かせるものが含まれています。
絵の中の「物」をいじくりまわせば、様々な「ヒント」が浮かび上がってくるでしょう。浮かび上がったヒントの順番で、画面右のA~Iのボタンをクリックすること、それがチュートリアルから示される「謎解きの基本」となります。

しかし、その謎解きは「理不尽」と感じるほどに高難度。その要因は、「セリフ」をことごとく排した造りにあります。
部屋の周りにある「絵」をいじっていれば、1つ2つの謎なら解けるかも知れません。しかし、ほとんどの「絵」は、「どうしたら文字や数字が浮かぶか」すら分からないでしょう。何しろ、「セリフ」が無いため、「解き方」を文章のヒントで表示することができないのです。

しかし、本作はただの「理不尽な挑戦状」ではありません。謎解きの答えは、画面右上のメニューボタンから「HINT & ANSWER」を選択すれば、完全に表示されます。
正直言って、この「HINT & ANSWER」に頼らなければ、まずクリアは不可能です。ヒントを見なければ発想すらできない解決法ばかりなのもさることながら、「1つの絵に複数の謎解きが存在する」ものさえあるのです。「1つ解いたから」と安心して、他にも謎解きがあることを見逃すと、いつまで経ってもクリアできません。
「どの絵にいくつの謎があるのか」についても「HINT & ANSWER」は完全に教えてくれます。
貴方も、心地よいサウンドと世界観の中、本作の謎解きを楽しんでください。そして、謎解きの難しさでこの世界に恨みを抱く前に、「HINT & ANSWER」に頼りましょう。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 COSMO BLOSSOM 】

COSMO BLOSSOM
ジャンル [ 短編SFホラー ]
作者 [ (そるてぃむ~ん) さま ]
容量・圧縮形式 [ 89MB・ZIP, ブラウザゲーム ]
製作ツール [ RPGツクールMV ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ ゲームアツマールでもプレイ可能 ]
配布元 配布元

現実に電気羊がいる世界。では、アンドロイドは何の夢を見ているのか。

ユウ=クレシマは、見知らぬ船内で目覚める。彼はお付きのオートマタ・サクラと共に火星旅行に行く途中、爆破テロに巻き込まれて大怪我をした。
気絶したユウは、同じ港に停泊していた小型運搬船に拾われ、治療を受けていたのだ。
小型船の中には、ユウとサクラの他にも乗員がいた。陽気だが怪しさも垣間見える青年・エミール、物静かな少女・イリス、戦闘用オートマタ・ニーナ、そして、コックピットに閉じこもったまま姿を見せない「船長」である。
6人を乗せた小型船は、地球へと航路を進めていく。航路は順調に進み、何事も無ければ無事に地球へと到着する。しかし、搭乗人員全て…ユウとサクラを含めて…が「秘密」を持つ宇宙の棺桶の中、「何事か」は着々と忍び寄っていたのだ。ユウが垣間見る電気羊の夢と共に。

COSMO BLOSSOM COSMO BLOSSOM COSMO BLOSSOM COSMO BLOSSOM

本作は、「狭い宇宙船」というクローズドな舞台の中で、ホラーあり、愛憎ありのサスペンスが繰り広げられる物語です。
また、本作のENDは4つに分かれており、「中盤の選択肢」と「その後の行動によるフラグ」によって変わる仕掛けになっています。特に、最も物語の真相が判明するEND1の到達条件は難しく、序盤からENDまでの行動が条件となります。具体的に「何をするとEND1に行けるか」のヒントは、おぼろげながらストーリー中に表示されますし、聡い方ならば「ひょっとしたら、何気なくやっていた『あの行為』がNGでは!?」と気づくでしょう。ただし、「何気なくやっていた『あの行為』」は本当に何気なくやってしまうように仕組まれています。END1に行く条件は、本気の「細心の注意」が必要なのです。

そして、ストーリー的にも全てのENDを網羅して初めて『真相』が分かる仕組みになっています。選択肢を外すと全く表示されない「あの人の正体」、1つのENDでしか分からない「あの人の真意」、そんな秘密がこの舞台・この登場人物たちにみっしりと詰め込まれているのです。
本作唯一の外交的な性格ながら怪しさや偏執を感じさせるエーミル、黙して何も語らないイリス、人間に対し皮肉や諦観を見せるニーナ、主人であるユウに主従や恋愛以外の「なにか」を見せるサクラ、そして、原因不明の頭痛の中で血まみれのサクラを幻に見るユウ…果たして、この狭い舞台の中で、彼らは何を思っているのでしょうか。
主人公であり「視点」でもあるユウが「最も信頼できない」点をストーリーのキーポイントとしている作品です。何が実像で何が幻か、考察しながらこの「奇妙」な物語を読み進めてください。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 フィッシュ・フックは涙しないRE 】

フィッシュ・フックは涙しないRE
ジャンル [ 探索アドベンチャー ]
作者 [ トウヤイユキ さま ]
容量・圧縮形式 [ 228MB・ZIP ]
製作ツール [ WOLF RPGエディター ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 配布元

釣り針は舞台の上から

槙埜ジンと櫻井チシヤは隣同士で下宿していた。音楽家の卵で陽キャのチシヤは、何かとジンにかまっていたが、当のジンは塩対応の毎日であった。
ある日、出かけるジンの落としたスマホをチシヤは拾う。すぐさま走って追いかけるチシヤ。
ジンには難なく追い付いたものの、ふと周りを見ると見慣れたバス停は全く見覚えのない景色に変わっていた。来た道を戻ってもバス停にループし、ならばと向かった逆方向には鬱蒼とした森と不気味な屋敷が佇んでいた。
屋敷の中には、早乙女ミヨと渡会タイチの主従が住んでいた。…いや、「住んでいた」というのは適切ではない。ミヨとタイチはかつての住処に似た「狭間の世界」に閉じ込められた「迷い人」であった。
同じく「迷い人」となったジンとチシヤを加え、4人は元の世界に戻るため「色の付いた扉」を探すことになる。…いや、ジンとチシヤは本当に「迷い込んだ」のであろうか。見え隠れする「ツリバリ」の存在が、この物語が只者ではないと告げている…。

フィッシュ・フックは涙しないRE フィッシュ・フックは涙しないRE フィッシュ・フックは涙しないRE

本作は、7年前にレビューが来た「フィッシュ・フックは涙しない」のリメイクです。リメイクに際し、何が変わったかというと…「何もかも」と答えざるを得ないほどの相違点が存在します。

当然のことながら、謎解きもまるっきり変わっています。リメイク前は、正直言って、導線やヒントに難があったと言わざるを得ない出来でした。
しかし、リメイクに際し、謎解きの難易度自体の緩和、メニュー画面に「次の目的」を常に表示など、念入りに「誰でもプレイできる」難易度に収めていることが分かります。
リメイク後の謎解きの中には、例を見ない解決法が追加されています。「マウスカーソルによる『神の手』で、高所のアイテムを落としたり、敵を排除できる」スクリプトです。
特に「マウスクリックで敵を排除できる」仕様を、私は初見で見逃して、かなり苦労しました。操作説明は、メニューのBag→Tipsにメモしてくれます。また、一部のヒントはメニューのTalkで確認できます。「謎解きが見つからない!」という事態になったら、メニューを確認するのも一考です。

細かい点は大幅に変わっているリメイクですが、ストーリーの大筋はリメイク前と変わりません。すなわち、「ネタバレ禁止の『仕掛け』が全編に仕込まれている」ストーリーであるのです。
そのため、今回もストーリーについて、特に「第一部終了後」の展開については、本稿で触れることはできません。明かせることだけ軽く2つだけ触れておきましょう。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ