■ 投稿レビュー RPG 40
迷宮世界の魔物使い 天下御免!からくり屋敷 Artificial Providence 2 魔王は村人に恋してる! とりごえ
ラハと魔法の園 (2) 地獄のように慈悲深く
~異世界いじめ報復事件~
モララーのもつ鍋 夜底奇劇・星空物語 ファイナル☆タカノマサ

【 迷宮世界の魔物使い 】

迷宮世界の魔物使い
レビュワー [ 阿賀栗 ]
ジャンル [ RPG ]
作者 [ 3Bee LaBo (伊藤隆生) さま ]
容量・圧縮形式 [ 389MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクールMV ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ ver1.00 ]
配布元 ダウンロード先

モンスター娘でハクスラ系

迷宮がダンジョンとして存在する世界で、モンスター娘のパーティーを指揮しながら攻略していくRPGです。

あらすじ
舞台は小さな村で、スキルを持たない主人公がツンデレ男冒険者の友人と薬草取りへ出かけるところから始まります。
森の中に入ると少女がモンスターに襲われており、冒険者と助けに向かいますが、敢えなく返り討ちに遭ってしました。
なんやかんやあって、主人公は魔物使いの能力を手に入れ、モンスターであった襲われていた少女と共に、冒険者としての活動を始めました。
ゲームの基本的な流れ
基本的には、村(拠点)で装備や道具などの準備を整え、各地の迷宮を攻略して行く形になります。
攻略するダンジョンは一部イベントダンジョンを除き、基本的にランダム生成・配置の“不思議のダンジョン”風になっています。もちろん、宝物庫や戦闘できないダンジョン内商人等も存在します。
ダンジョンを攻略しながら、経験値、金銭、武器、防具、強化用素材や仲間モンスター召喚用素材を集め、自身を強化し、またダンジョンに潜って、を繰り返していきます。

迷宮世界の魔物使い
システム
本作は、いわゆるハクスラ系に類するシステムを採用しており、ダンジョン内で装備等のアイテムを収集することができます。
拾った装備は素材を使用して強化することが可能で、同一名称であってもレアリティごとに強化可能数や性能も異なりあなたを選別の旅に誘います。
拠点にも武器・防具屋は存在しますが、強化不可のバニラ装備しか販売していないため、利用は装備の揃わない序盤のみとなるでしょう。

仲間は、主に、敵モンスターを倒した際に入手できる“ソウル”を使用し専用の場所で召喚することで、増やすことが出来ます。
この“ソウル”は、装備の強化に使用できる他、合成して新たな“ソウル”や新たな装備とすることも可能です。
仲間になったモンスターは、それぞれに異なるスキルやタレント(自動発動するスキル)を、一~数種所持しているため、これらをみて育成方針を決めるとよいでしょう。

登場するモンスターは計算違いでなければ123種類存在しており、ゲーム内図鑑でステータス特徴やコメントを確認することができます。

迷宮世界の魔物使い
雑感
難易度的には、それほど難しくなく、かといって考えなしに突っ込むと全滅してしまう程度、という印象を受けました。
ふりーむ(配布サイト)の該当ページにはプレイ時間が7時間~となっていますが、筆者はクリア時で12時間程度です。思い返すと寄り道はあまりしないプレイでした。

育成も装備強化も、比較的自由に行えました。尖ったステータス(AGI極振チャンピオンベルトやLUK極振連続行動ミミックなど)のキャラを作成して、無双するのも楽しかったです。
また、仲間になるモンスターも、ありがちな露骨にえっちぃキャラではなく、適度に可愛く収集意欲がそそられる、いい造形設計だったと思います。

クリアまでのボリュームは、中だるみもせず良い塩梅だったと思います。ストーリーも基本的に一本道で、取り立てて迷うことはありませんでした。
まだ図鑑もコンプしていないので、これからハックスラッシュ本番を楽しみたいと思います。

気になった(ノット・イコール・悪い)点としては、

一つ目の点については、他のRPGツクールMV製作品に慣れている方なら気にならないかもしれません。筆者のようなRPGツクールはかなりご無沙汰で、ダウンロード前にMVのRTP(そんなものはないはずです)を探してしまう人にとっては、少し躓くポイントでした。
基本的な操作とキーボタンの対応やステータスの実際の働きを明示してあると助かったと思います。(なくても感覚でなんとなくわかりますが...)特に、戦闘速度の高速化(戦闘中にダッシュボタンで左上の音符アイコン)は早めに知りたかったです。
ゲーム内での説明は、特に不親切には感じませんでした。

二つ目の点について、進行不能になるような致命的なものは遭遇しませんでしたが、歩行速度が気持ち遅く感じることや、ターン非消費のスキルが二回目以降の一回目に不発する(操作がなかった扱いのため二回目以降はそれぞれ二回選択しなくてはならない)ことが気になりました。
プレイヤーによって最適な歩行速度は異なりますが、ダンジョンを探索し続ける性質上、もう少し早くても良いのではないかなと感じます。可能かは分かりませんが歩行速度を設定できれば助かったのではないかと思います。

三つ目の点について、控えのモンスターはパーティに入れないとスキルやタレントが確認できません。クリアするまでパーティの一枠は固定のため、確認するのが少しだけ手間でした。

最後の点については、召喚したモンスターがLv1からスタートするため、序盤に入手したモンスターとの間にレベル格差が生じやすいことが気になりました。
本作ではパーティ非加入の控えモンスターにも経験値が入りますが、気づくと序盤に召喚したモンスターがとんでもなく高レベルになっていました。
ただのレベル格差なら良いのですが、このゲームでは味方パーティの平均レベルを参照して敵モンスターのレベルが決定されている(不確定)ようなので、味方低レベルモンスターの虐殺が生じやすかったように感じます。味方対象モンスターのレベルを任意で減少できたら自分でのレベル調整もしやすかったのではないかと感じました。


いろいろと書き連ねましたが、装備を集めて仲間を集めて戦略を考えて、といったプレイはめちゃくちゃ楽しかったです。
ぜひ皆さんもプレイしてみてください。


 管理人コメント

同人活動もしている作者が全て書き下ろしたモンスター娘もさることながら、ハック&スラッシュ系のRPGとして確かな手ごたえもある作品です。
召喚したモンスターはクラスチェンジでさらに幅広いスキル構成を身に付けられます。モンスター固有のスキルとクラスごとのスキルによって、育成方法はさまざまに広がる仕掛けになっています。
ただし、味方のレベルは「なし」を含めたクラスごとに固有の値になっています。各クラスはLv1から始まることになります。投稿レビューにもある通り、低レベルのキャラが混じるとそれだけで戦闘が不利になるため、装備で埋め合わせたり、常に「ガード」を固めたり、心して対策を取りましょう。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 天下御免!からくり屋敷 】

天下御免!からくり屋敷
レビュワー [ サリアの護主 ]
ジャンル [ ダンジョンRPG ]
作者 [ panda さま ]
容量・圧縮形式 [ 50.5MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクールVX ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

田沼意次が平賀源内のつくったからくり屋敷を探索するダンジョンRPG。

仲間は本編クリアまで大黒屋光太夫、杉田玄白、東洲斎写楽の野郎3人。

からくり屋敷に相応しく、各階にパズルが用意されている。

ゲームの何よりの個性は、田沼意次(1719~88)の同時代人や文物を中軸にしていること。
敵キャラの名前やNPC、仲間、技(方術)、道具が当時のもの。
(モンスター図鑑が解体新書で、アイテム図鑑は物類品シツなど)
振り仮名付きのシナリオで、ダンジョンを探索しながら田沼時代の文物を一通り学習できるようになっている。
(といっても、ゲーム文化レベルでの忠実な歴史です。田沼=賄賂というイメージは真面目な世界では克服されているけど、ゲームの中の田沼は・・・)

からくり屋敷の本編を10時間くらいでクリアしてからが本番。
冥界から田沼以前の英霊(ここまで女の味方ゼロ)を復活させ、50時間くらいかかる新たな冒険に踏み出そう。

ちなみに、合成から小さなメダル、アイテムでのスキル習得など、やり込み要素は一通り揃っている


 管理人コメント

本作、時代考証にのっとった部分は、あくまで人物名などのフレーバーに徹しています。実際のゲーム内容は、時代考証を(あえて)うっちゃらかしたダンジョンハック中心のRPGになっています。
何しろ、本作の貨幣単位が「両」なので、OPで受け取った賄賂の100両では「絹の着物」すら買えない有様。お金とアイテムはダンジョンで手に入れるのが主となります。
本作の主人公であり、見た目は悪人の田沼意次と大黒屋光太夫がツッコミ役に回っている点から見ても、本作のぶっ飛んだ世界観がよく分かるでしょう。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 Artificial Providence 2 】

Artificial Providence 2
レビュワー [ サリアの護主 ]
ジャンル [ 探索型RPG ]
作者 [ 星潟 さま ]
容量・圧縮形式 [ 230MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクールVX ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

以前紹介された結界で防護しながら戦うのが特徴のArtificial Providenceの続編。

前作は基本3人パーティーだったが、今作では女2人から1人ずつ増えていって、5人態勢で決戦する。

大まかなところは前作のレビューと共通だが、探索アイテムの導入やボス戦、任意選択になったクエスト進行などあらゆる面が進化している。

1節に1体ボスを倒していけば、丁度よいところで上級ダンジョンが現れるようになるシステムもバランスが良い。超防御や超回避、開始即全体強制暴走、開幕即自爆などあらゆる手段で攻めてくるボス戦は彩り豊か。頭を使って能率よく倒さないと、それほど多く入手できない結界をどんどん消費させられ、物語上必須のボス戦でやられてしまう。献身を駆使して脆いキャラを庇いたい(この役柄は回避キャラの方が肉壁キャラよりも効率よさそう)。

仲間になる5人は魔法でも鈍足、俊足でも拙攻、剛力肉壁でも鈍足、中速度でも非力、もっと鈍足な物理魔法兼任。遅いキャラを回避キャラの献身と回避で凌いで、鈍足キャラの攻撃で仕留めるバランスだ。

前作の登場人物も政治家となって再登場。ストーリーの謎は前作プレイを前提にしている。しかし、結局は問答無用の腕力勝負になるので前作をやってストーリーを確認するのは趣味の領域かと。魔族との共存を唱えた舌の根の乾かぬ内に、魔族のモンスターを狩りにいく主人公たちも政治家の素質はあるようだ。

2013年の公開後、7章で長らく止まっていたのが10章に拡張されて2016年完結し、戦闘コマンドも初期から変わったので、一度クリアした古参者も最初からやり直してみるのもよいかと。(100時間以上かかるが)


 管理人コメント

「結界の維持が最優先」「スキルには回数制限がある」「ザコ戦は避けるのが鉄則」など、前作「Artificial Providence」から受け継がれた要素は多数あります。その上で、素早いタンク役のスレイ、魔法を用いたサポート・火力役のレティシアなど、仲間の役割がより特徴高くなっています。
安心してください。そんな複雑なシステムを持つ本作でも、インターミッションでの「EXイベント」などで「最適な行動」「次におススメのイベント・ダンジョン」を分かりやすく教えてくれます。教えてもらったことを常に忘れないように心がけましょう。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 魔王は村人に恋してる! 】

魔王は村人に恋してる!
レビュワー [ だるま ]
ジャンル [ RPG ]
作者 [ とまと さま ]
容量・圧縮形式 [ 199MB・ZIP、ブラウザゲーム ]
製作ツール [ RPGツクールMV ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ RPGアツマールふりーむにてプレイ可能 ]
配布元 ダウンロード先

勇者死ね。

ストーリ
魔王(女子高校生)が好きな人に振られたので、腹いせに勇者を倒す。
と聞くと八つ当たりのように思えますが、
魔王は村人に恋してる!
これを見ると、全く勇者の味方などできず、むしろ魔王を応援したくなります。私だけでしょうか?
なお、勇者パーティーは、勇者以外は全員女性です(女子高校生、女子小学生、社会人)。
彼女らと遊ぶだけでもムカつくが、そうではなく、それ以外の女性と遊んでいる。
は?
うん。一回死んでくれ。

今更ですが、このゲームの主人公は魔王です。魔王が主人公というと人間を殺したりするようなゲームを想像しますが、全くそんなことはありません。

システム・特徴など

  1. 特徴として、宿屋がないです。宿屋が無いのはゲーム内では1日も経たないからです。
    回復するためには、お店(コンビニ)で、回復アイテムを買って回復してください。
    ただ、個人的にはコンビニで格安で全回復できる様にしても良かったかなと思います。コンビニのベンチで休憩みたいな(一応、何かしらの商品は買ったうえでの休憩ということで無料にはしない)。
    HPについてはスキルで簡単に回復することもできますが、MPの回復をスキルで行うと面倒です。アイテムを買って使いましょう。
    回復アイテムは食べ物・飲み物であり、大量摂取は危険な気がしますが、いくら飲み食いしても太ったり・健康を害しない魔法を自分にかけているのでしょう。
    ※念のため:これはゲームです。回復アイテムにお茶とポーション(エナジードリンク?)が登場しますが、実際に販売されているお茶やエナジードリンクにはカフェインが含まれているため大量摂取は止めた方が良いと思います。
    どうでもいい話、私もこのゲームに登場する社畜と同じように遅くまで仕事をしたことがあり、①遅くまで残業⇒②眠気覚ましにコーヒーを飲む⇒③帰宅後寝られない⇒④次の日寝不足⇒⑤眠気覚ましにコーヒー⇒③に戻る・・という魔のサイクルをやったことがあります。
    ある意味、麻薬(カフェイン)依存なのか、とにかく、本当に地獄でした。皆さんくれぐれもカフェインの取り過ぎには注意してください。
    それ以外は知りませんが、太りたければ大量に摂取しても良いのではないでしょうか?
  2. 難易度設定が可能です。このゲームは雑魚敵が強いです。ノーマルでもクリアできないことはありませんが、難しいと思ったら難易度をイージーにしましょう。
  3. 各章でのスタート地点(1章なら旅立ノ高校)は是非とも調べましょう。ちょっとした会話があります。
  4. 短編です。クリアまで1時間もかかりません。
  5. キャラデザイン、アイテム名(特に装備品)、アイテムの解説文など、凝って作られていると感じました。
  6. この作品以外もですが、この作者の作品は絵がきれいだと思ってます。

(2020.04.19 追記) コンビニで全回復する際、パーティ内で会話が発生(会話内容は回復する際に選んだアイテムに依る)と凝った作りになっています。
こういったパーティ内での会話は、注意しないと無くなりがちであり、ドラゴンクエストシリーズの会話システムやスターオーシャンシリーズでのプライベートアクションなど、パーティ内の会話は高く評価されており、本ゲームのコンビニでの回復時の会話についても同様に評価したいと私は考えてます。


 管理人コメント

画像の雰囲気と他の作品の印象から、本作も会話主体のノベルという第一印象を持っていました。まさか、ゴリゴリに育成しないと立ち向かえないRPGとは思いませんでした。
本作、私は難易度設定を知らずにクリアしたのですが、本当に「全回復が(最終ステージのイベントで1回しか)ない」「時にはパーティ全員が回復役に回らないと全滅する」バランスは、RPGに慣れない人には難度が高いです。
パーティの主要2名はどちらも魔法型で、雑魚相手でも通常攻撃だけでは立ち向かえないバランスにもなっています。まおこの「ナイトメア」「ソーンバインド」による状態異常、意外と威力が高いヒメの「スパーク」、これらを常に意識しながら戦いを進めていきましょう。


(補足)
2020.04.11:アップデートでコンビニにイートインが追加され、回復アイテム1つ消費で全回復できるようになりました。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 とりごえ 】

とりごえ
レビュワー [ サリアの護主 ]
ジャンル [ 不思議ダンジョン風ローグライクゲーム ]
作者 [ chamechameleon さま ]
容量・圧縮形式 [ 10.6MB・ZIP ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

「とりごえ」は鳥の楽園を目指して、鳥以外のモンスターを倒しながら進むローグライクゲーム。

武器はあっても、盾がないのが最大の特徴。

4種類のダンジョンがあり、難易度が上がるにつれて、階層と未識別アイテムの数が増えていく。
最初のダンジョンが20階で、100種類近くの敵が出るから、かなりの深さになる。

突き飛ばしたり呪ったりとモンスターたちは基本技を駆使してくる。
こちらの防御力が0で攻撃力が高いので、攻撃させずに倒すのが基本。

特に卵は絶対に食べて識別しちゃいけない。
炎上して即死したり、レベル1になったりする。

交換屋からもらった卵でレベル1になって、あっさりやられたところでレビューしている。

説明書に書いてないけど、 矢は弓がないと装備しても意味がなく、振り向く時はシフトキーを離さないと前進してしまう。

それを踏まえれば、結構楽しめるだろう。


 管理人コメント

本作、一応「防具」扱いになる「羽」という装備はあります。ただし、「羽」は単純に防御力を上げる装備ではない点にご注意を。「飛び道具のみ防ぐ」など、効果が限定されるものがほとんどのため、場面に応じて付け替える必要があります。
また、「振り向く時はシフトキーを離さないと前進してしまう」という仕様、実はシフトキーを押すたびに「方向転換モード(格子が出た状態)」と「歩行モード」を切り替える仕様になっているのです。方向切り替えは格子が出たことを確認してから方向キーを押しましょう。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 ラハと魔法の園 - the graystory - 】

ラハと魔法の園
レビュワー [ だるま ]
ジャンル [ ファンタジーRPG ]
作者 [ kotonoha* さま ]
容量・圧縮形式 [ 186MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクールMV ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ 最新バージョンは3.02 ]
配布元 ダウンロード先

このゲームは、過去にレビューされてますので、そちらも参照頂きたいです。

2019/11/23にハードモードが追加されたバージョン3が公開されました。
ハードにすると敵を倒す際、特定の手順を踏まないと倒せない敵が序盤から出てきます。ラハと理の魔法生 -the 2ndstory-が良かったという人はプレイをお勧めします。
レビューを書く前にプレイをしましたが、過去にプレイしたはずなのに、はまってしまって寝不足になりました。このゲームはフリーなのに本当に良くできてますね。

さて、このゲームのプレイ時の注意ですが、サイトによっては古いバージョン(2.2)のままになっているようなので、最新(2019/12/15時点では最新バージョンは3.02)になっていることを確認してから、プレイしてください(※RPGアツマールは、2.2のままでした。Freem!、フリーゲーム夢現は3.02でした)。


 管理人コメント

イチオシレビュー時点の最高難易度「ノーマル」でもかなりピーキーなバランスでした。より高難易度の「ハード」は、いったいどれほどの難易度になっているのでしょうか。
「攻略を覚えている人向け」の難易度であることは確かです。「ズム・チャタ・チェック」を使う暇すら与えられないのかもしれません。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 地獄のように慈悲深く~異世界いじめ報復事件~ 】

地獄のように慈悲深く
レビュワー [ もえ ]
ジャンル [ RPGとADVの間 ]
作者 [ もえ さま ]
容量・圧縮形式 [ 182MB・ブラウザゲーム(ダウンロード可) ]
製作ツール [ RPGツクールMV ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ 【ニコニコ動画アツマール版はこちら】 ]
配布元 ダウンロード先

ハマリ度:10 グラフィック:10 サウンド:10

現代社会におけるいじめをテーマにしたゲームです。

作者です。
此方の場をお借りして、ゲームのPRをさせていただきます。

【こんな感じのゲームです!】

小学校6年生のクラスに転入することになった主人公、藍太。
でも転入先のクラスはどこかおかしくて……?

地獄のように慈悲深く
転入先の心温まる風景

帰りの会で奇妙な事が起きます。
その結果、藍太とクラスの人達は気絶してしまいます。
目覚めるとそこは明らかにヤバイ場所!
しかも敵意剥き出しの人達もいます。
なのに手も足もでません。
だって藍太の魂は、瓶詰にされているのですから……

地獄のように慈悲深く
現れる謎の二人組。クラス全員を不幸にしたいらしい……?

藍太は、過去のいじめ事件の復讐に巻き込まれてしまったのです。
今日、転入してきたばかりなのに……
不幸すぎる……

藍太は気づけば、地球とは全く違う異世界に迷い込んでしまいます。
魂の瓶詰状態から解放されて肉体を取り戻せたことには安堵するものの、どうしたらいいのか戸惑う藍太。
すると女神ミロクに出会います。
彼女は、近くの村に力になってくれる人がいると教えてくれます。
藍太の冒険はここから始まります。

地獄のように慈悲深く
異世界トリップ先で出会う女神ミロク。彼女の目的とは……?

藍太は元居た場所に還ることができるのでしょうか?
過去に何があったのでしょう?

地獄のように慈悲深く 地獄のように慈悲深く 地獄のように慈悲深く
物語を進めていくと過去に何があったのかを知ることが出来る。

【バトルシステム】

1:魔法やスキルは、装備しなきゃ使えないぞ!

装備するのは、防具やアクセサリーなんかじゃない!
君はどの魔法を使いたい?
自分の戦闘スタイルに合わせて、いろんなスキルを使ってみよう!

地獄のように慈悲深く

2:能力値は自分で振り分けよう!君はスピード型?攻撃型?防御型かな?

君はどんな風に戦いたい?
強力な火力ですべてをねじ伏せる?防御に徹して勝機を待つ?
それともスピードを上げて、相手を翻弄する?
全てはプレイヤーの君次第!
ポイントをリセットして振りなおすこともできるから安心だね!

地獄のように慈悲深く

3:魔法やスキルを使うにはTPが必要だ!君はどう立ち回る?

TPは毎ターンに1ポイントもらえるぞ!
あと防御や特殊なスキルを使う事でも手に入るんだ。
強力なスキルや魔法ほど、多くのTPを必要とするぞ!

地獄のように慈悲深く

【作者から】

このゲームを作ったきっかけは、作者本人がいじめにあって不登校になった体験からです。
私は小学校高学年から不登校になって、それ以来ずっと人生曇り空です。

だから、このゲームの主要キャラも同じ年代の子供たちにしました。

いじめがテーマの素晴らしい作品はたくさんあると思います。
でも私がいやだなあって思った部分があって、それはいじめられっ子が復讐するというテーマの作品はほとんどが、いじめられっ子が「おっかない存在」みたいに扱われていることです。
怨霊だとか、復讐者とか、よくてダークヒーローで、悪くすると復讐は良くないよみたいに説教されて改心みたいな……
ホラーゲームで、いじめられっ子の怨霊が出たりするのよくありますよね。

また、現実であったある事件で、犯人が子供の時にいじめられていたと報道がされていました。
ネットの反応で、「そんな大昔のことにとらわれてるのは怖い」みたいなのがありました。
マスコミの取り扱い方にも違和感がありました。

そうか、世の中では「いじめられっ子」ってそんな扱いなんだって思いました。
いじめによって、心に大怪我を負ってその後立ち上がれない人はたくさんいます。
いじめがどれだけ酷いことなのかを知ってほしい、「いじめかっこわるい」と皆に思ってほしいと思います。

普通の人にとって、子供時代は「過去の事」なのかもしれません。
でも、子供の時にいじめられた人は大人になってもずっと苦しむんです。
「過去の事」じゃないんです。
「過去のことに囚われて、そういう人ってなんだか怖い」じゃなくて、「そんなになるまで人をいじめて、何食わぬ顔で暮らす人がいるのは怖い」になってほしいです。
上手く説明できず、しかも長くなってすみません……


 管理人コメント

本作はRPGとしては簡単な部類です。序盤に「経験値2倍」スキルが手に入るため、それを装備しながら戦えば能力値で無双できるからです。むしろ、そのために経験値を1つずつステータスに割り振る作業が面倒くさいと感じるほどです。
本作でハードなのはストーリー面。人間が持つちょっとした悪意や怠慢や誤解が招いた大惨事を余すところなく描いています。「自分はいじめには関わっていない。悪いのは生徒だ」と思っている先生の何気ない一言が、実は止めを刺していたことなど、人間の醜悪さを「想いの結晶」で思う存分露にされます。
そもそも、主人公自身も罪を被らないとは言えない世界になっています。「経験値」という仕組みのろくでもなさ、味方の神様「ミロク」が持つ裏の顔、元人間かもしれないことが示唆されるモンスターなど、この世界自体が悪意を持って作られているのです。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 モララーのもつ鍋 】

モララーのもつ鍋
レビュワー [ ジョウ ]
ジャンル [ ゲロ塗れRPG ]
作者 [ ローゼンクロイツ さま ]
容量・圧縮形式 [ 223MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクールMV ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ ショッキング表現多数につき未成年はプレイを非推奨 ]
配布元 ダウンロード先

お料理は魔術☆たくさん作って一流の魔術師を目指そう!テクマク☆セーラー☆カンカンノ♪

ZIP形式と記載しましたが本作はアツマールにてブラウザ上やスマホでも遊べる(起動するだけなら)お手軽なゲームで、「すでに私たちは地獄のまっただ中でした。」「さよなら、モナーRPG。」「ダージュの調律」などでお馴染みのローゼンクロイツ様の最新作(令和元年夏現在)です。
同氏は"地獄のまっただ中"において、その肉塊の中に宝石をぶっ刺したようなキラキラと光る汚らしさがウリの作風でありましたが"さよモナRPG、ダージュ"においてはだんだんとマイルドな表現に切り替えていったように感じます。
(それでもゲロっぽい表現がなくなったわけではありません。)
それでも良いのですが、本作は「そんなお上品でいいのか?クロイツ氏よ!」と言う最中に現れたもので、"地獄"へ原点回帰、下手をするとさらに汚い方向へシフトした作品となっています。

主人公からしてまず最悪で、奴隷を一方的に暴行したりするメンタリティの上に吐き捨てるセリフもいちいち汚らわしい物となっている一方で
奴隷の"でぃ"以外のキャラももっぱら口が悪く平気で他人を蹴落とすクズばかりなのでどっこいどっこいかもしれません。
一山こえたあたりで(比較的)良心的なキャラクターも仲間になります、が、そのころにはシナリオそのものの救いのなさが加速していきますが、
序盤の時点のグロさにめげなければまぁ何とかなるので、最後までプレイしてください。主人公のモララーに"ふさわしい"ラストが待っています。
それを見たとき、果たしてあなたは「ザマアみろ」と言うのか?それとも「おめでとう」と言えるのか?あるいは両方を投げかけるのでしょうか。

マップは意味不明にグロ肉が突っ立っていたり、洞窟がタンパク質で構成されたナニかだったりしますし(これには理由があり終盤になればわかります)グロと恥部のお下品さマックスの敵が勢ぞろいですが
戦闘バランス自体は割とサクサクしていて楽しめる上、お料理などのコレクション要素もあるので見た目のキツさを感じなければかなりのグッドゲーム。しかしお料理コンプは非常に難しくいためお料理素材ドロップ等が確認できる敵図鑑があればもっと楽しめたでしょう。
シナリオも言葉と表現のグロさがあるがゆえに輝くものとなっている他"地獄"とのつながりもあり同作を知っていればもっと楽しめる、あるいは先にこっちをクリアして"地獄"をプレイしても盛り上がれるというお得な要素もあります。
さながら2ch(現5ch)のスレッドで見たストーリーのような青臭い幸せを、このゲームでつかめるかもしれませんよ。そして終わったら体を動かそう!さぁ僕と一緒にジョギング!パララン☆パララン☆


 管理人コメント

本作はローゼンクロイツ氏初めてのRPGツクールMV作品となるためか、マップ素材にはMVに標準でついている素材が使用されています。一見すると、キャラが懐かしのアスキーアートキャラである以外は普通のRPGに見えます。
しかし、プレイから1分も経たずにグロ肉がエントリーするオープニングで、「ローゼンクロイツ氏らしさ」が濃厚に迫ってくる作品であると納得するはずです。
エログロを満載した画面さえ耐えられるのならば、伏線を張りまくった本作の愛と絶望の物語が堪能できるはずです。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 夜底奇劇・星空物語 】

夜底奇劇・星空物語
レビュワー [ おもち ]
ジャンル [ 革命劇RPG ]
作者 [ 喜劇上演団体B さま ]
容量・圧縮形式 [ 313MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクールMV ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

白河詩織は17歳の女子高生。
最近ストーカーが鬱陶しいが、実害がないので放置していた。
だが、殺された祖父の遺品を受け取った直後、ストーカーは強襲する。

連れ去られた詩織が目にしたのは、裏世と呼ばれる異世界。
そして祖父を殺した犯人だった……

憎悪を胸に宿し、復讐に突き進む彼女に待ち受けるものとは一体――

+++

これは少女の復讐劇です。
表世の詩織、裏世のブライド。正反対な二人の革命譚です。
「復讐」という行為に付随する憎悪と愛をこれでもかと丁寧に描き切った作品です。
祖父を殺された詩織の復讐と、凶行に至ったブライドの憎悪。この二つが様々な人物の激情と絡み合い、結末へと収束していく過程はとてもよくできていました。
容赦なく人は死にます。ラストは泣きます。

難易度の切り替えが可能なので、RPG初心者でも安心です。
ぜひともプレイしてみてください。


 管理人コメント

本作の戦闘が難しく感じるのは、難易度設定による敵の強さだけではありません。スキルの一つである「体術」が、HPを消費するのも一端にあります。
HP回復アイテムは道中の敵がポコポコ落とすため、体術で減ったHPはすぐに回復させましょう。体術には、もう一つ「100%命中ではない」という欠点があります。むしろ命中率は低めに設定されているのか、肝心な場所で外れる印象があります。難易度を高めに設定すると、体術を外したせいで全滅する場面も多く発生します。100%当たる上、敵の弱点も突ける「式術」は、その反面、「式力」の回復アイテムは貴重品です。
難易度「普通」のイベント敵の時点で、一撃でこちらのHPが半減するダメージが来ます。レベルや装備によるステータス上昇量、そして、敵からドロップするアイテムと交換する強力な装備品で、こちらも大幅に強化できます。「勝てない」と思ったら、一つ前のダンジョンでレベル上げをしましょう。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 ファイナル☆タカノマサ 】

ファイナル☆タカノマサ
レビュワー [ おもち ]
ジャンル [ 奇想天外摩訶不思議奇天烈RPG ]
作者 [ YOSHIO さま ]
容量・圧縮形式 [ 288MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクールMV ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 ダウンロード先

地球の危機に全身黒タイツの記憶喪失男タカノマサが挑む感動の長編RPG。
初っ端からおかしさ満点のギャグRPGかと思いきやストーリーが進むにつれシリアス度が高まっていきます。
渋い二歳児、魔女っ娘、下ネタ侍などなど個性的でぶっ飛んだキャラが多いこと。
ドシリアスな現状と世界が彼らのお陰で読み進められます。

徐々に明らかになっていくデンジャラス星人の思惑、タカノマサの正体、絶望への道筋。
地球を守れるのか? 希望を掴めるのか?
タカノマサの戦いが始まる――!

雑魚が強いのでしっかりレベル上げしましょう。
というかエンカウント率が高いので雑魚倒さないと移動できません。
あと戦闘メンバー「のみ」経験値ゲットなので、ご注意を。
でもレベルはポコポコ上がるのでレッツバトル。お金もたくさん落とします。
じっくりレベル上げ、大量の回復アイテム、チート武器(早めに攻略読むの推奨)があれば余裕を持ってクリアできるでしょう。

ラストは泣きました。ぜひプレイしてみてください。


 管理人コメント

本作の初見の印象が「ギャグRPG」なのは、全身タイツの主人公・タカノマサよりも、彼を助けた「コオロギ顔のジジイ」のせいでしょう。むしろ、タカノマサは序盤でも根拠のないモテを求める以外は一般的な人間です。庶民的な欲望も含めて。
本作は「愛」の物語です。序盤の「愛」こそ、タカノマサが一目惚れしたヒロイン・ミスチルへの一方的な愛、および敵に洗脳され歪まされたモブたちの愛ですが、ストーリーを進めるたびに、さらわれた母を救うために旅立つ西(2歳児)など、「愛」の内容もシリアスになっていきます。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ