■ 三代目レビュー アドベンチャー 11
なまくびじゅつかん リグ-RIG- 家猫コタロウ うつろぎさぁかす 花曇と夜空
LDK 町とわたしとサーカスと 禍代の神子-赤朽葉- GET MOUSE ネコミミ異界の反逆者

【 なまくびじゅつかん 】

なまくびじゅつかん
ジャンル [ 謎解き探索アドベンチャー ]
作者 [ ひんじゃくごりら さま ]
容量・圧縮形式 [ 13MB・ZIP ]
製作ツール [ WOLF RPGエディター ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 配布元

楽しく激しい美術館へ、ようこそ…。

なまくびじゅつかん…ここは不思議で謎だらけの美術館。ある日、2人の男女がやってきた。
つぶらな単眼の首だけ美幼女・キャンベル(姪)と、オシャレだが性価値観が昭和なのが玉に瑕のアラフォー・ルートビア(伯父)である。
入場前からノリノリの2人は、「館内展示物を自由に触って謎を解く」という「なまくびじゅつかん」のコンセプトに驚喜する。全身全霊で謎に挑む2人だが、展示物だけでも奇妙奇天烈な本美術館の「謎」…当然、一筋縄ではいかないぞ!!

なまくびじゅつかん なまくびじゅつかん

本作は、ストーリーよりも謎解きとシュールな世界観に注力した探索アドベンチャーです。登場人物はほとんどが元気な首だけ人間ばかり。彼女たち展示物が、お客であるキャンベルとルートビア相手に繰り出す丁々発矢のセリフの応酬は、頭を悩ませる謎解きの清涼剤となってくれます。
そう、本作はひんじゃくごりら氏の謎解きアドベンチャーの中でも、謎解きの難易度が高い作品になっています。思わぬ所にある仕掛け、ヒントとなる作品の使い方が複数回存在する、一度調べた箇所に複数回キーアイテムが出現するなど、小さめの舞台に所狭しと謎を詰め込んだ美術館なのです。

ただ、その念入りに詰め込まれた謎から生み出されるものは、「やりがい」という正の影響ばかりではありません。正直言うと、2021.09.20現在のバージョン(1.00)ではヒントが不足している上、ヒントの出し方も分かりづらくなっています。
展示された絵画の裏に仕込まれたメモ(ノーヒント)、そのメモに書かれた内容が穴ぼこだらけ、行ける箇所が多いだけに複数の謎が並行して発生する、「青髪セミロングの少女の首」がセーブポイントという基本的な説明すらない…などなど、バージョン1.00ではかなり謎解きの難易度に理不尽さが出ています。
本稿執筆前に問い合わせたところ、作者のひんじゃくごりら氏もヒントに不足がある点は自覚していました。「ヒントの穴抜けの部分を減らす」「複数個集めるアイテムについて、その個数をセリフで伝える」などの改善点を、今後の更新で追加する予定です。
バージョン1.00の時点でも、少なくともゲームが進まなくなるなどの致命的なバグは存在せず、私も(コレクション要素であるキャンベルとルートビアの個人情報集めまで含めて)最後までプレイできました。
しかし、バージョン1.00における「穴抜けのメモの内容を試行錯誤で解く」というのは、かなりの思考力と心の余裕が必要です。「物語をスムーズに読み進めたい」派の皆様は、ヒントが分かりやすくなったバージョンアップをお待ちいただいた方がいいでしょう。
正直言って、心の余裕がない方がバージョン1.00をプレイすると、あまりの内容の分かりづらさに、本作を誤解しかねません。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 リグ-RIG- 】

RIG
ジャンル [ 探索型謎解きホラー ]
作者 [ NAKAYA さま ]
容量・圧縮形式 [ 82MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクールVX ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 配布元

ガールズコンビのドキドキ☆ホラー探索…ではない

森の奥深くで目覚めた少女・ミラジェ(デフォ名)。曖昧な記憶に戸惑う彼女を親友の少女「リグ」が心配そうに見つめていた。
程なく大雨に降られたミラジェとリグは、すぐそばの古屋敷に雨宿りに向かう。
山奥に突如現れた古屋敷に、嫌な予感とデジャブを覚えるミラジェ。おぼろげな記憶に心が緩んだのか、ミラジェとリグは離れ離れになってしまう。
同じく古屋敷に迷い込んだコソ泥・ナギ。屋敷を彷徨う黒い影と「番人」。屋敷に留まり続ける住人たちの霊。一体この屋敷は何なのだろうか。
…そこには、ミラジェとリグが抱える「記憶」が隠されている。

RIG RIG

本作は公称プレイ時間4~5hという、中長編に分類される探索ADVです。長丁場となる理由は、二転三転するネタバレ要素満載のストーリーもありますが、3階+地下室+αという広大な古屋敷をあっちこっちと移動させられる長めの探索要素にもあります。
ホラーADVに付き物の初見殺しトラップ、超高速で追いかけてくる「鬼」役の黒い影(OP直後に難易度を下げられるアイテムを入手可能)と、足踏みをさせる要素も数多くあります。
「次のイベントがある場所」を見失う場面も多く、イベントが発生する場所を探し出すために更に移動時間がかかります。
それでいて分岐はBAD END:6個・NORMAL END:1個・GOOD END:1個・GOOD END後のTRUEが3個と数多く、かなり序盤からEND分岐に関わる選択肢が発生いたします。光った本棚の中から「ここのセーブは分けた方がいいよ」とアドバイスされている箇所のセーブは、必ず分けて取っておきましょう。その理由はGOOD ENDを見た後に分かります。

本作の面白さも、上記の複雑な分岐とネタバレ要素をふんだんに詰め込んだストーリーにあります。作者のNAKAYA氏が書き下ろした、チンマリとしてファンシーなキャラ画像に似合わず、謎ばかりでなく様々な恐怖と悲しさが詰まったシリアス成分多めのストーリーになっています。
ミラジェが失った記憶、リグの秘密、彷徨う住人の幽霊、そして番人…登場人物について少しでも語ると、それがネタバレとなってしまう程、本作のストーリーは謎が満載なのです。
心配せずとも、その謎はストーリーを進めるたびに明かされていきます。場合によってはBAD ENDに行ってしまい、謎が中途半端で終わってしまうかもしれませんが、その時もBAD ENDを避けるヒントが表示される仕組みになっています。一度GOOD ENDまでたどり着ければ、かなり詳細なヒントをもらえるオマケ部屋が解放されるため、こちらを見ながら3つのTRUE ENDを目指していきましょう。

最後に、ネタバレ要素には当たらない主人公・ミラジェの秘密を。実はミラジェは超絶馬鹿力の持ち主。自分の背丈ほどもある壺・樽・岩などを軽々とちぎっては投げてくれます。
壺・樽をちぎって投げることで開放される道・隠しアイテム「さつまいも」など、ミラジェの超絶馬鹿力は様々な面で攻略の役に立ってくれます。道中のオブジェクトは見逃さずチェックするようにしましょう。時にはそれが停滞したストーリーを解くカギになるかも!?

RIG RIG

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 家猫コタロウ 】

家猫コタロウ
ジャンル [ 猫様のお世話 ]
作者 [ ナナメ さま ]
容量・圧縮形式 [ 131MB・ZIP, ブラウザゲーム ]
製作ツール [ RPGツクールMZ ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ ふりーむ!ゲームアツマールにてプレイ可能 ]
配布元 配布元

猫は人類より上位存在

インターネットにいるならば避けては通れないもの。それは猫様。
本作の主人公も、猫様の下僕の傍ら会社員として働く一般人。
たとえ会社に遅刻しそうでも、ご主人様ことコタロウ(2歳・オス)には関係なし。人類としての都合を優先する下僕に向かい、猫様に仕える者としての心構えを説くのであった。
しかし、下僕が人間界の経済を回さねば、猫様の食べ物もおもちゃも買えられぬ。定刻通りに出社するために、下僕はあの手この手でコタロウの機嫌を取るのであった。

本作は、ENDを見るだけなら1分程度でコンプリート出来る、選択肢型のミニノベルです。「特定の選択肢を選ぶだけで終了する」という、本当に一瞬のお話なのです。
しかし、本作の本質はENDに辿り着くことではありません!!! 本作の目的は「ご主人様のコタロウ氏(2歳・オス)のご機嫌を取る」こと。多数に分かれたお世話コマンドを実行するたびに、コタロウ氏は猫様の務めとして様々なリアクションを返してくれます。
時には好みではないことを主張したり、時には「あまりにも模倣物として稚拙」などの辛辣な感想を返したり、そして時には完全にツボに入ってフニャ~ン♥となったりと、猫に支配された人類として身に余る光栄をお賜りになられます。

本作の作者であるナナメ氏は、他にも「こわくない おばけのおうち」「王様のお願い」など、ファンシーでホノボノな作品を手掛けています。自作のイラスト素材も、そのファンシーでホノボノなストーリーに花を添えています。
どれもストーリー量としては短編の作品ばかりなので、色々と触れてみましょう。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 うつろぎさぁかす 】

うつろぎさぁかす
ジャンル [ 微ホラー探索系アドベンチャー ]
作者 [ 日辻零 さま ]
容量・圧縮形式 [ 20MB・ZIP ]
製作ツール [ WOLF RPGエディター ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ 微量のホラー・出血・メタフィクション等の描写を含む ]
配布元 配布元

このサーカスは、夢か幻か。

うつろぎさぁかす

「魔女」とも呼ばれる謎めいた存在を団長とし、種族も見た目も様々な団員達が、花の顔をした客を相手に芸を披露する、ここはそんな朧げなサーカス場。演目が終われば、花たちはまた風の赴くままに去っていく…。
しかし、その日は少し勝手が違っていた。花の一人が、まるで自我のあるような動きを見せ、サーカス場の裏手に乱入してきたのであった。「自我のある花」を下手にサーカスの外に出すと、この朧げな世界ではかえって迷子となってしまう。
この花…いや、「水瀬シホ」という名前だけはかろうじて思い出した少女は、しばらくの間、サーカスの仲間たちと共に暮らすこととなった。
そして、事件は思わぬ所から発生する。

うつろぎさぁかす

シホがサーカス団員たちと打ち解け始めた矢先、団員たちが次々と謎の暴走を始める。
原因は、団員たちとの雇用契約のため、そして彼らを「過去」から救うために交わした「まじない」の暴走であると見抜いた団長は、「まじない」の影響下に無いシホに、団員たちの暴走の鎮静化と「心の修復」を依頼する。
シホがサーカスに来たとたんに始まった団員たちの暴走、その中で明かされる団員たち・シホ自身の過去とは…。

本作はホラーゲームに分類されますが、いわゆるスプラッタ・心霊現象・キモい怪物などのホラー表現はほとんどありません。本作のホラーの源は、登場人物の「過去」にあります。
(シホ自身を含めた)登場人物たちは、かなり繊細で複雑な過去を持っています。道中を進めていくと、団員を救う時点で「救い方を間違えると最後のEND分岐が悪くなるんじゃないか」という不安が襲いますが、実際は「救い方を間違えたら、その場でBAD ENDという名のゲームオーバーになるだけ」です。(ReadMeの「BAD END(ゲームオーバー):9個」に当たる部分)
ただし、すぐに終わると言えどもBAD ENDは立派な分岐。分岐の起きそうな「心に乗り込む」箇所では、しっかりセーブを分割してください。

本作の物語の妙も「登場人物それぞれの過去」にあります。最低限の(少し触れあうだけで分かる)人となりに関してはハサミ頭のラーティさんから教えてもらえますが、過去…それもサーカスに来る前の過去は、各人を救うために潜り込んだ「心」の中で初めて明かされるものです。
それらを見るため、まずは1周だけでも物語を完結させましょう。ReadMeにある「??? END:3個」についてのヒントは、物語を読み進めれば自然と、そしてわざとらしく教えてもらえます。注釈内にある「メタフィクション」は、ほぼ「??? ENDのヒント」を教えるためのものです。

本作の、そしてシホの真相は、「??? END」を全て読みこなして初めて分かるものです。そのために「繰り返し物語を読み込む」ことが必要なのですが、現時点(2021.08.02更新のバージョン1.03)では「Ctrlキーなどによるメッセージスキップ」が実装されていません。これは、本作の最大の欠点です。
WOLF RPGエディターでは、専用のコモンイベントを作ることでメッセージスキップができるようです。今後の更新でメッセージスキップを実装していただけたら、より勧められるアドベンチャーとなります。


(補足)
2021.08.16:バージョン1.04にて、メッセージスキップ機能が追加されました。Shiftキーを押している間、メッセージが早送りされます。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 花曇と夜空 】

花曇と夜空
ジャンル [ 探索ホラー ]
作者 [ sinononn さま ]
容量・圧縮形式 [ 381MB・ZIP, ブラウザゲーム ]
製作ツール [ RPGツクールMZ ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ ゲームアツマールでもプレイ可能 ]
配布元 配布元

今度はヒロインが怪異側

心霊専門の探偵事務所にて見習いとして働く夜空(よぞら)。「そろそろ正社員にしてくれ」と交渉に行った彼に対し、所長は昇進試験として、ある事件の解決を言い渡す。
無人となって久しい山奥の古屋敷、そこは立ち入った人間が次々と犠牲になっている怪奇スポットだった。事実、屋敷に立ち入った夜空の目には、異常なほどの霊障が映っていた。
探索を進める夜空の目の前に、更なる異常事態が発生した。ほとんどが血まみれでボロボロになった屋敷の中で、子供部屋だけがまるで新築かのようにピカピカだったのだ。
子供部屋の中にいたのは、花曇(はなぐもり)と名乗る少女。彼女は自分が死んでいる自覚はあったものの、惨劇のあった屋敷の住人とは思えない天真爛漫な少女であった。
花曇は夜空に対し「養父に逢いたい」とお願いする。花曇を伴い、同じく真新しく変化した屋敷内を探索する夜空。
しかし、そんな明るくなった屋敷内でも、霊たちの恨みの声は響き渡るのであった…。

花曇と夜空 花曇と夜空

本作の作者・sinononn氏は、以前にも「誰そ彼の腕」「面探の館」で取り上げた作者でもあります。
本作「花曇と夜空」は、製作ツールをRPGツクールMZに変更し、時間軸も「誰そ彼の腕」~「隠り世の学舎」とは独立したストーリーにしています。
本作は、怪異の性質も前作シリーズとは異なります。「妖怪変化」の類であった前作シリーズの怪異に対し、本作の怪異はヒロインの花曇を初めとした元人間。「超常のホラー」のみならず「人間のホラー」も描いた作品なのです。
その「人間のホラー」の筆頭たるのが屋敷の主。身寄りのない花曇を養子にするなどの人格者と思いきや、実は花曇に対して邪な恋慕を抱いていたことが序盤も序盤…夜空と花曇が出会う前から描写されているのです。
花曇の記憶と現在の屋敷の様子が食い違うなど、ストーリーの所々に「怪しさ」と「矛盾」がにじみ出るストーリーになっています。

そのストーリーはどのような結実を見せるのでしょうか。ReadMeにて「分岐なし」「プレイ時間1~2時間」と明言されている通り、読破は簡単です。Game Overとなる要素も最終盤のアクションパート程度です。
しかし、本作もまたシリーズ化しそうな描写が所々にあります。常に黒頭巾と謎に覆われた「ショチョー」、彼(?)に怪異から救われた過去を持つ夜空。夜空自身にも、その怪異に付けられた傷がもとで霊能力を身に着けている描写があります。
果たして、次に夜空とショチョーが出会う怪異事件は、どのような恐怖とドラマを私たちに見せてくれるでしょうか?

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 LDK 】

LDK
ジャンル [ ワンルームホラーADV ]
作者 [ えびぽ さま (S.T.L.) ]
容量・圧縮形式 [ DL不要・ブラウザゲーム ]
製作ツール [ RPGツクールMV ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 配布元

住処の物語は、人の数だけ、そして人以外にも存在する。

冬月薫(フユヅキ カオル)…裏通りの「仕事」を生業としている無表情な男である。彼の「仕事」の一つは「事故物件の『洗浄』」。死亡事件が発生した物件に移り住むことで、不動産価値を洗浄する仕事である。
1つの物件の「洗浄」が完了し、新居に引っ越す準備をしていたさなか、カオルは見知らぬ少女に跡を付けられる。
「あやめ」と名乗るその少女は、カオルの妹を詐称し、カオルの新居に居候することになる。オマケに、新居はカオルが悪夢に見る物件に似た間取り…様々な意味で不安な新居生活となった。
その不安は思わぬ形で実を結ぶことになる。カオルは事故物件の夢を見たまま目覚めぬ人となった。カオルのただならぬ様子に、あやめはその元・事故物件に向かう。
ここから、カオルとあやめの「夢」をまたいだ二人三脚…真の「事故物件洗浄」が始まるのであった。

LDK LDK

本作は「探索パート」と「日常パート」を繰り返し、数々の「事件」を解決する探索アドベンチャーです。
探索パートの特徴は「夢の中で霊と対峙している」カオルと「現実世界の物件を探索する」あやめを切り替えて「霊の真相」を解き明かしていく謎解きにあります。
悪夢と現実での視点・時間軸の違い、悪夢内で得たアイテムの一部が現実側でも共通して所持されること、後半では現実側のあやめが「祈る」ことで、悪夢側のカオルに現実側のアイテムを渡せるようになること、本作ならではの謎解き要素が多数あります。
謎を解き進めるごとに、悪夢側・現実側ともにホラー演出が増えていく仕掛けにもなっており、事件を引き起こした霊の恨み・悲しみ・後悔が視聴者たる我々にもダイレクトに伝わる仕掛けになっています。

LDK

そして、インターバルに当たる「日常パート」も、本作では重要な要素となります。
日常パートでは、画面左上の「Freetime」の回数だけ、周辺住民の悩みを聞いたり、総勢5名の友人(=攻略対象)たちと交流を深めたりできます。
日常パートでの交流を重ねるにつれ、END分岐の条件となる「感情値」が高まる仕様になっています。詳細な条件はゲームページの下部に記載されていますが、基本的にFreetimeを毎回使いきればクリアできる条件になっています。気にかけるべきは「誰とエンドを迎えるか」の条件ぐらいでしょうか。
ストーリー面でも日常パートは重要点になります。先述した「誰とエンドを迎えるか」の分岐はもちろんのこと、名前の出ないモブたちの物語も「サブストーリー」として楽しめる仕掛けになっています。時には温かい物語を、時には胸糞な事件を、そして時には探索パート並みのホラーを、名もないモブたちも持っているのです。

そのため、本作では探れば探るほどプレイ時間が増えていくゲームになっています。一気にプレイすると休日の大半は使い潰すほどには長いシナリオです。5名のキャラ別エンドをコンプリートしようとすると、想定プレイ時間:600分も誇大な見積もりではないと頷けます。
探索パート・日常パートごとに完結する物語、ゲーム全体を通して物語られるカオル・あやめ・5人の友人たちのストーリー、本作には数知れぬ物語が詰まっています。
皆様も、ぜひ本作を隅々まで探し回り、物語を見つけだしてください。ただし、日常パートのFreetimeは、日常パート内の物語を全て探索するには遥かに足りません。本当に物語を「隅から隅まで」見ないと気が済まない方は、日常パートごとにセーブは分けて取るようにしましょう。

LDK

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 町とわたしとサーカスと 】

町とわたしとサーカスと
ジャンル [ ほのぼのホラーアドベンチャー ]
作者 [ めここのこ さま ]
容量・圧縮形式 [ 189MB・ZIP ]
製作ツール [ RPGツクール2000 ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ ゲームアツマールでもプレイ可能 ]
[ 15歳以上推奨 ]
配布元 配布元

「パンとサーカス」の真相は

町とわたしとサーカスと 町とわたしとサーカスと

町じゅうの人々が楽しみにしているサーカス。しかし、本作の主人公・ソフィラにとっては何となく気の進まないモノであった。
嫌々ながらもサーカスの観客席に立った瞬間、ソフィラは猛烈な吐き気に襲われる。落ち着こうとトイレに入った瞬間、彼女は気絶し…。
気が付けば、辺りは真っ暗。サーカスの正面玄関も完全に施錠されていた。ソフィラは、唯一開いていたサーカスの舞台口から外に抜けようと、更にサーカスの地下深くに歩みを進める。
そこで彼女が見たモノは…サーカスの舞台を遥かに超える「悪夢」であった。

町とわたしとサーカスと

本作は、グラフィックの画風や一部ルートなどから「ほのぼの」と冠していますが、ルートによってはガチ目のサイコホラーともなりうる、綱渡り的なフラグ立てを要するアドベンチャーです。道中で出会う「怪物」も、時にはソフィラの「友達」になり、時にはRPGツクール2000のデフォルト戦闘で殺しあう「敵」にもなりえます。
END分岐の具体的な仕様に関しては、ゲームに同梱されている「■ヒント・攻略.txt」に余すところなく記載されていますし、序盤から「違和感」としてすぐ分かるように描写されています。本稿ではEND分岐の具体的な場所に関しては伏せておきます。
ただし、プレイヤーによっては「■ヒント・攻略.txt」や(2021.06.27時点の)作者様ホームページには記載されていない「普通の謎解き」で詰まってしまうかもしれません。「普通の謎解き」ですら、複数の資料を照らし合わせる必要がある、その多数の資料が(イベント時にヒントがあるとはいえ)目立たない本棚やキャラとの会話から能動的に引っ張り出す必要がある、1度間違えるだけでゲームオーバー、ヒントを探す行程内にもゲームオーバーになるトラップ・END分岐に関わるイベントが仕掛けられている…などと、難易度が高くなっています。
謎解きに慣れている私でも「複雑だなぁ」と感じるほどだったので、今後の更新でEND分岐以外のヒントも入れてほしいなぁ…と思っています。

それでも、私は皆さまに「できる限りの予備知識を与えず」本作をプレイして「驚き」を受け取ってほしいと思っています。それほど、本作ストーリーには数々の「秘密」が詰まっていますし、3つのルートを1つずつ超すことでその「秘密」が徐々に紐解かれていく仕掛けになっているのです。
チュートリアルに従っていると、ボタン連打で選択肢を見逃すと、異様な方向に向かいだす本作のストーリー、初めはその流れに乗りながら「驚き」と「恐怖」を享受してください。1ルートを見たら、ストーリーの「意図」に気付くことでしょう。その「意図」に逆らい、「真相」と「幸せ」をその手に掴んでください。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 禍代の神子-赤朽葉- 】

禍代の神子-赤朽葉-
ジャンル [ 探索ホラー ]
作者 [ 戸塚 さま ]
容量・圧縮形式 [ 85MB・ZIP ]
製作ツール [ WOLF RPGエディター ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 配布元

少女と守護霊の謎が、いま解明される。

「禍代の神子-灰桜-」「禍代の神子-勿忘草-」にて、2度も悪霊と謎に苦しめられた入柄 ほたる。
今作「禍代の神子-赤朽葉-」は、そんな彼女の見合い話から始まる。しかし、その見合い話は、出逢う前から悪霊によって周りから引き離されるなど、苦難の連続であった。しかも、見合い相手だった波戸(なみと)路次(みちつぐ)の目的は、どうやらほたるが遭遇した事件、調べていた母親の謎、そして彼女を護る守護霊・千歳にある様子。
そして、ほたる自身にも、路次が追っている「マシロ信仰」なる言葉に聞き覚えがあった。ほたると路次は、かつてマシロ信仰のあった十路地町に調査の旅に出ることとなった。…当然、千歳も一緒である。
そして、ほたるの叔父である入柄柳生もまたマシロ信仰を追うため、知己である天添氷一と露の兄妹を十路地町に向かわせる。
…これにて、「禍代の神子」完結編の舞台は整った。ほたる、そして千歳が抱える真相が、今明かされる。

禍代の神子-赤朽葉- 禍代の神子-赤朽葉- 禍代の神子-赤朽葉-

「禍代の神子-灰桜-」から5年、「禍代の神子-勿忘草-」から3年もの月日が経ち、ついに完結編「禍代の神子-赤朽葉-」がリリースされました。
完全なる3部作であるため、「-赤朽葉-」のストーリーを楽しむためには「-灰桜-」「-勿忘草-」をBEST ENDまでクリアしておく必要があります。
もし、あなたが「禍代の神子」シリーズの初見者であるならば、この記事を見るより先に「禍代の神子-灰桜-」「禍代の神子-勿忘草-」の順にプレイしてください。

本作「禍代の神子-赤朽葉-」は、「解決編」だけに、謎解きの重要性も高くなっています。プレイ時間の大半で歩き回る「月白ノ塔」には博物館とは思えぬリドルが仕掛けられており、それを解くことがゲームのメインとなります。一発GAME OVERとなる引っ掛け問題もあり、一筋縄でのいかなさはシリーズ随一と言えるでしょう。
また、ストーリー面でも謎解きの比率が高くなっています。何しろ「『千歳』が何者なのか」が初めて明かされる章なので。その謎の紐解き方も一筋縄ではいきません。
今作ではBEST ENDの条件が難しめになっています。「どこかを見逃した」というのは終盤に差し掛かったあたりで分かるだけに、見逃した「どこか」に行ける道筋を探すのにかなりの時間が掛かりました。詳しくは、例によって作者様ホームページにヒントがあるため、どうしても見つからないという方はそちらをご参照ください。

禍代の神子-赤朽葉- 禍代の神子-赤朽葉-

そして、本作に限らず、2021年の「禍代の神子」シリーズではかなりのアップデートが入っています。ウインドウサイズが16:9になり、イベントスチルが追加されるなど、2021年現在の「禍代の神子」シリーズは、初レビューした5年前・3年前とはかなり様変わりしています。
今まで「禍代の神子」シリーズをプレイしていない方はもちろん、クリア済みの方も、アップデートで変わった要素を見比べるため、5年間の集大成を改めて確認するため、もう一度「-灰桜-」「-勿忘草-」「-赤朽葉-」の順にプレイしなおしてみるのもおススメです。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 GET MOUSE 】

GET MOUSE
ジャンル [ ねずみくんにチーズをあげるゲーム ]
作者 [ せん さま ]
容量・圧縮形式 [ 6MB・ZIP ]
製作ツール [ WOLF RPGエディター ]
言語 [ 日本語 ]
配布元 配布元

ねずみくんは うれしいと つい踊っちゃうんDA☆

「GET MOUSE」は「ねずみくんにチーズをあげる」というタスクを全8ステージで叶えるミニゲームです。
しかし、そこは「操」「マッドファーザー」で知られるせん氏の最新作。一筋縄ではいきません。
最初の最初の選択肢が「ゴミ」「チーズ」「ばくだん」というクレイジー・マウスなのです。

こういう選択肢が出ると、どうしても「ばくだん」を選択してしまうのが悪いゲーマーのサガですが、そこはアキ(デフォ名)アヤといった女傑を生み出したせん氏。本作の主人公「ねずみくん」は「ちょっぴり泣き虫」で「こころのやさしい」ねずみですが、「かよわい」とは一言も掛かれていません。
「ひとに 危害は加えない」とも書かれていますが、悪い人なら話は別。

GET MOUSE GET MOUSE GET MOUSE GET MOUSE

ためらい無くプレイヤーに投げ返してきます。

面が進むほど「ねずみくんにチーズをあげる」条件は厳しくなっていきますが、基本的に総当たりで行けるため、全体的な難易度は低くなっています。プレイ時間も20分と掛からないレベルのミニゲームです。
そうなると試したくなるのが「全選択肢の制覇」ですが、2021.05.30時点でのバージョン1.02では、全選択肢の制覇はやりにくい仕様になっています。「セーブはオートセーブ1つのみで分けて書き込むことができない」「ステージセレクトモードが実装されていない」ためです。
ニューゲームで1ステージ目からやり直してもそれほど余計な時間はかからないほど短いゲームですが、個人的にはステージセレクトは欲しかったですね。

さて、こんな「ねずみくん」、実は作者様ホームページのマスコットでもあるのです。Lineスタンプも販売されているため、本作で「ねずみくん」にズキュンときた方は、ご購入を検討されてはいかがでしょうか。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ

【 ネコミミ異界の反逆者 -Cruel Fairytales- 】

ネコミミ異界の反逆者
ジャンル [ 横スクロール謎解き脱出ADV ]
作者 [ Ruborvini さま ]
容量・圧縮形式 [ 101MB・ZIP, ブラウザゲーム ]
製作ツール [ RPGツクールMV ]
言語 [ 日本語 ]
備考 [ 12歳以上推奨(一部のクリア後要素は15歳以上推奨) ]
配布元 配布元

少女が落ちた不思議の国。少年が逃げた現実の国。

普通の少女・ペシェは、見知らぬ場所で目覚める。そこにはやけに丸い猫と、ネコミミが生えた人間がいた。
何の疑いもなくネコミミ人間たちに帰り道を尋ねようとするペシェだったが、ネコミミ人間たちはそんなペシェに敵意を見せ、捕縛・監禁にまで至る。
ペシェは、同じく捕らえられていた丸い猫・ねころんと共に村から脱出。あてもないまま彷徨っていたところを、白猫のような青年・ネージェに救われる。
ネージェは、ここは人間に迫害された魔物たちの世界であると語り、ペシェを人間界に返すために協力する。
周り全てが人間に恨みを持つ者ばかりのこの世界から、果たしてペシェは脱出できるのであろうか。そして、この世界に捕らわれた「人間」はペシェだけではない…。

ネコミミ異界の反逆者 ネコミミ異界の反逆者

本作は、メルヘンチックな世界観でシビアなストーリーを展開する、同作者の「白雪王子は抗えない! ぷらす」と似た作風の、そしてよりシリアスに寄せたアドベンチャーです。
そして、本作はかなり複雑なEND分岐を持つ作品でもあるのです。大まかな分岐は、物語中盤で出会う「もう一人の人間」・ルシェの扱い方で決まります。ネージェとルシェを初め、本作の登場人物には複雑かつ凄惨な過去があり、それらのエピソードをちゃんと聞くかどうかもEND分岐に関わる場合があります。
基本的に、他人の話はしっかり聞く選択肢を選びましょう。ルシェの好感度を上げる選択肢は、正解が分からない物もあるかもしれません。そういう場合も成功したら「ルシェの好感度が上がった」などのフラグが明示されるため、トライ&エラーで正解を探り当てるのが最適な手段となります。

そして、本作の真骨頂は、全4つのENDをコンプリートした先にあるオマケシナリオにあります。オマケシナリオの展開は、作者自ら「R-15相当の表現を含む」「実況・ネタバレ禁止」「作中の描写・思想は、必ずしも正解ではありません。特定の思想や主張を否定・強要する意図は一切ありません」と、閲覧前に厳重注意が入るほど、登場人物のセンシティブな箇所に踏み込むストーリーになっています。
本編であれだけ苦労して辿り着いたGOOD ENDは、未だに「めでたし めでたし」には辿り着いていなかった…かなり心に来る、それ故に心を動かすストーリーになっています。
私自身はオマケシナリオを含めたストーリーに感動して、本作を当サイトにて紹介するに至りました。しかし、その感動を強要することは、私も、そして作者も望むことではありません。
本作内の表現に「どうしてもダメ!!」と思う箇所があったら、読む手を止めていただいて構いません。それほど、本作は好みが分かれるセンシティブな物語なのです。

↑ページ先頭へ / <【ADV】INDEXへ / <<トップページへ