■ 投稿レビュー RPG 13
ミチル見参!
~一人旅でゴザルよ~
のび太戦記 ACE 白狼恋歌 白狼隊士記 Vida
THE ELDER SCROLLS:
ARENA
シリアの冒険 Silent Desire ジャストディアボロス 冷界大戦争。

【 ミチル見参!~一人旅でゴザルよ~ 】

連打命の戦闘シーン
レビュワー [ 煉 ]
ジャンル [ 不思議のダンジョン系+和風RPG ]
作者 [ あさソン さま(ドジョとピー) ]
容量・圧縮形式 [ 3.84MB・LZH ]
ダウンロード ダウンロード不可

奪われた時価10万幣の手足付きこけし!?を取り戻す為、天然剣士ミチルが行く!

コンパクでお馴染みの、ミチル見参!シリーズの2作目で、いわゆる不思議のダンジョン系。
一度やられれば、最初の村に戻されて、お金や所持品は全て失う点は同じですが、
『帰還の巻物』という道具を使えば、武具のみ所持したままで、最初の村に戻れます。
村では倉庫に保管もできるので、鍛えた武器や高性能な防具はなるべく保管しましょう。
ある道具があれば、ミニゲームも楽しめます。

戦闘は2秒間にボタン連打+コマンド技で攻撃する、というシステム。
アイテム節約の為、できるだけ通常攻撃で敵に多くのダメージを与えたいのが人情ですが、
数回の攻撃時間よりも、確実にコマンド技を出し切る時間を見極める方が重要です。
戦闘回数も結構多いので、連打に拘ると私のように腱鞘炎になりかけます(苦笑
難易度は少し高めですが、適度なバランスでやり応えのある作品だと思います。
100回遊べる・・・とまではいかなくとも、30回くらいは楽しめる筈。
全然物足りない!という猛者の方は、武器は木刀で固定などの制限プレイをオススメ。


 管理人コメント

ミッチーシリーズ(命名:或野吟山 氏)2作目にして、作者様自身も「過去の作品」として展示している古い作品です。しかし、ミッチーシリーズ特有のユルユルなストーリーコリコリの戦闘システムは、本作、そして前作「ミチル見参!」で、すでに開花しています。
本作「~一人旅でゴザルよ~」以外のミッチーRPGシリーズ(「ミチル見参!」・「~旅は道連れでゴザルよ~」・「~カラクリ大騒動~」)は、ダンジョンクリアとストーリー進行を繰り返す典型的なRPGですが、「~一人旅でゴザルよ~」のみ「不思議のダンジョン」タイプとなっています。
そのため、本作は戦闘とレベルアップを繰り返す従来のRPGにおける攻略手法が使えません。強力アイテムを「帰還の巻物」で持ち帰ること、そして、プレイヤー自身のレベルアップが必要になるのです。
その「プレイヤー自身のレベルアップ」が、本作の難易度をさらに上げています。何しろ、本作の戦闘はミッチーシリーズ特有の「連打+コマンド入力」による攻撃が主となります。ローグRPG的なプレイヤーのレベルアップと、格闘ゲーム的なプレイヤーのレベルアップの双方が求められるのです。


(補足)
2013.08.06:本作品は、現在DLできません。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 のび太戦記~Another Century's Episode~ 】

感じるんだ、ドラえもんの存在を
レビュワー [ PQ+ ]
ジャンル [ キャプチャRPG ]
作者 [ aaa さま ]
容量・圧縮形式 [ 21.1MB(本体)+8MB程度のボイスパック×3・自己解凍EXE ]
ダウンロード ダウンロード不可

何故このゲームが今までレビューされていないのか不思議なのです。
のび太のバイオハザードの作者、aaaさまによる連載型のRPG。
今回もドラえもんに対するやや間違った愛が感じられます。
恐らくはネタゲーだと思われているので、紹介されていないのではないでしょうか。
まぁ、確かに酷いネタゲー(褒め言葉)です。

何しろこのゲーム、登場するキャラグラフィックの大部分がナムコ×カプコンからキャプチャーされているのです。
まぁ、普通に見ればフリーによくあるキャプゲー、ネタゲーです。
実際、やり過ぎなくらいにキャプしてますが。
グラフィック以外にも、BGMやボイスに至るまで徹底してキャプチャーしている始末。
マップとキャラクターチップ以外はほとんどがキャプチャーされているので、
正直、著作権法に触れないか心配です。

とはいえ、そもそもナムコ×カプコン自体がネタゲーみたいなものなので(失礼)、あまり不自然さは感じません。
むしろ、RPGツクールでよくぞここまで演出したな、と褒めたくなる出来です。

戦闘には3人しか参加できないのに多すぎるキャラクター。これでもまだ全員じゃないところが恐ろしい   そして最大のウリは、多数の本作オリジナルキャラを自作している点にあります。
  そのネタは多岐に渡り、『ドラえもん』をはじめとして、 『スーパーマリオ』、
 『ギルティギア』、 『仮面ライダー龍騎』、
 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』、
  さらには『RPGツクール2000』までも登場しています。

  オリジナルキャラたちは見せ方が上手く、登場にも違和感がありません。

戦闘も攻撃中にボタンを押すことでダメージがほんの少しだけ上昇したり、しかもそれがザコ戦では微妙に影響するなど、バランスもなかなか。
さらに攻撃したりダメージを受けることで上昇するTPが溜まると奥技が使用可能になり、かなり凝った演出で楽しませてくれます。

ただ、奥技が使用可能になると通常攻撃ができなくなるのは何とかしてほしかった……。

某6そっくりの防衛戦。BGMもそのまま(笑)

  また、最近のゲームによくあるようにミニゲームも随所に散りばめられています。
  ワ○ン川下りや防衛戦、激ムズのカーチェイス
  ド○アーガの塔など、原作を知っていると笑えるものが多数あります。

  ちなみに私はカーチェイスをノーダメージクリアに成功しました(自慢)

現在はエピソード3まで公開中。(正確にはエピソード3の最終盤のようですが)
一つのエピソード毎の更新が約1年と遅いのが玉にキズですが、かなり楽しめる内容になっています。
容量削減のためかボイスは別でダウンロードしなければなりませんが、絶対にDLした方がいいです。

シナリオの方もナムコ×カプコンの2年後という設定ですが、よくあるこじ付け的内容になってないため素直に楽しめます。
もっとも、私はナムコ×カプコンは未プレイですが。(笑)
はやく続きがプレイしたい。

あと、回復アイテムの買い溜めとレベル上げはしなくても問題なく進めますが、やっておいた方が無難です。


 管理人コメント

aaa さまの作品は、「のび太のBIOHAZARD」といい、前作「のび太戦記」といい、ツクールの仕様による操作性の難点が目立つ作品でしたが、本作「のび太戦記 ACE」は、自作戦闘と豊富なキャラクターを兼ね備えた大作RPGに仕上がっています。
特筆すべきは、前2作の経験から培ったと言うべき、練りこまれたシステム。アクションコマンドなど、ツクールに組み込むのが至難な瞬間的な操作も、バッチリと再現されています。
もちろん、前2作ほどではないとはいえ、戦闘バランスは少々キツめ。道中のレベル上げ、装備の向上は、しっかりと行っていきましょう。


(補足)
2011.06.26:現在、作者様HPは閉鎖しています。代理DL先は検索してお探しください。(気ノ懐戎徒 さま、情報ありがとうございます。)

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 白狼恋歌 】

旧キャラも、全員立ち絵が描き下ろされています。
レビュワー [ 煉 ]
ジャンル [ 和風RPG+アドベンチャー ]
作者 [ Physical Room C.S.K.の皆様 ]
容量・圧縮形式 [ 16.4MB・LZH ]
備考 [ コンパクWeb 2006年夏 銀賞受賞 ]
ダウンロード ダウンロード先

コンパク銀賞受賞作品。
『白狼隊士記』の続編にあたります。
前作の事件から1年後、一人の少女が再結成された白狼隊の元を訪れる。
少女の名は山形鈴音(変更可)。物語の幕は再び上がる。

主人公が女性になり、システムが少し追加があった以外は大体同じで、
各章ごとのアドベンチャー→RPG→会話という流れも変わっていません。
最大の違いは、より乙女ゲームに近くなった事でしょうか。
好感度確認画面の顔マークはどこかで見た覚えが(苦笑
例によって、好感度が高い相手とのエンディングもあります。
完全に女性向けな感じですが、それほど濃くはないので、男性でも楽しめます。

あ、くどいようですが、チョンマゲでなければ燃(萌?)えないという方は、
月代-SAKAYAKI-、という作品があるので、そちらをドウゾ。
華麗な剃り込みと、光り輝く頭に映える見事なチョンマゲが貴女を魅了します。

・・・HP内にある質疑応答の部分がいけないんです。
あんな質問と回答があったら、レビューした身としては書かない訳には!


 管理人コメント

前作「白狼隊士記」の完全なる続編となっており、主人公以外のほとんどのキャラクターは、前作から引き続いて登場しています。
ストーリー自体も前作を踏襲しているため、前作をクリアしていないと、若干意味不明なシーンが出てきます。前作より評価が下がったのも、おそらくこの点が原因でしょう。
しかし、本作のキャラクターに注がれた愛は、前作に引けを取りません。むしろ、主人公だけ異性と言う状況にすることで、より深いものになっています。
本作は、是非前作のエンディングを見た後でプレイするようにしてください。そうすれば、本作も金賞以上の作品だと理解できるはずです。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 白狼隊士記 】

主人公・朝倉と隊長・片桐
レビュワー [ 煉 ]
ジャンル [ 和風RPG+アドベンチャー ]
作者 [ Physical Room C.S.K.の皆様 ]
容量・圧縮形式 [ 12.0MB・LZH ]
備考 [ テックウィン コンテストパーク 2005年7月 金賞受賞 ]
ダウンロード ダウンロード先

コンパク金賞受賞の和風RPG。
物語は一人の少年が、家を捨てる所から始まる。
少年の名は、朝倉美景。
彼は辿りついた江戸の町で、自分の居場所を見つけることができるのか?

各章ごとにアドベンチャーパートとRPGパートを交互に繰り返し、
江戸で起きる様々な事件を、仲間と共に解決していきます。
RPGとしての難易度はごく普通ですが、武器の強化は忘れずに。
各章末には、仲間達(+α)との会話が可能で、イベントが起きたり、
ストーリーやエンディングにも影響を与えます。

主要キャラのほとんどが、異なるタイプの美少年&男前揃い。
どちらか・・・いや、間違いなく女性向け(苦笑
このレビューを見ている女性ゲーマーの方が、どれ程いるかは不明ですが、
気に入ったキャラがいたらプレイしてみてはいかがでしょうか。

あ、和風と聞いてチョンマゲを期待された方がいらっしゃいましたら、
月代-SAKAYAKI-、というチョンマゲ好き涎垂の作品があるので、そちらをドウゾ。


 管理人コメント

RPG的な戦闘と、ADV的な聞き込みシーンが交互に繰り返されるため、頭の切り替えが必要となる作品です。
本作は、確かに様々なタイプの美形が出てくるため、女性向けと見られる部分もあります。ただし、別にキャッキャウフフなシーンはありませんので、男性でもその手のシーンは好きじゃない方も、抵抗無くプレイできます。
本作はむしろ、個性の強いキャラたちの人間模様を描いた作品です。主人公の目を通して、各キャラの個性を徐々に明かしていく構成は、全てのキャラに正しい意味での愛を注いだ、コンパク金賞もうなずける物なのです。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 Vida 】

詠唱シンボルの使い道が、生死を分ける!
レビュワー [ 斜 ]
ジャンル [ フリーランスRPG ]
作者 [ エレセンテ さま ]
容量・圧縮形式 [ 55.1MB・LZH ]
備考 [ コンパクWeb 2008年春 銀賞受賞 ]
ダウンロード ダウンロード先

本作は『Nepheshel』『イストワール』『魔王物語物語』などの名作を彷彿とさせる
フリーシナリオ形式のRPGです。
冒頭を含め説明らしい説明も与えられず、半ば手探りに近い状態で進めることになります。
基本的には、題名にも表されている「Vida<ヴィダ>」という世界の物語を
追うことで真実へと近づいていくことになるでしょう。

特筆すべきは「詠唱シンボル」という概念を採用した戦闘システムです。
単純に敵味方の行動順を考えるだけではなく、いつ詠唱が発動してしまうかを考慮せねばならず
一手先二手先を否応なしに読み取って行動していく必要があります。
フリーさを売りとした作品であるにも関わらず、戦闘に関しては『Seraphic Blue』
近いものを少なからず感じてしまうのは、何処か妙な話です。

難易度は決して低くはありません。むしろ、高い部類に入るのではないでしょうか。
ダンジョン毎の耐性・弱点傾向をチェックするのは当たり前。かつ自分たちの装備にも
気を配っていく羽目になります。雑魚に全滅させられることもしばしばです。
一人のキャラにボードを集中させられるのに気付かないと詰まりかねません。

なお、当該リンク先のVidaは「Ver.β」です。進行における致命的なバグが結構存在します。
予め下記の公式ページをチェックし、最新の差分を当ててプレイするのがいいでしょう。
http://e-re.jugem.jp/


 管理人コメント

『Seraphic Blue』の高難易度な戦闘システムを基礎に、「詠唱」という、よりタイミング命な戦闘システムを組み込んだシビアなバランスが、本作の一番の持ち味と言ってよいでしょう。
そのため、キャラのレベルアップだけでは到底勝ち進むことはできません。プレイヤー自身のレベルアップが必要となるのです。
技によっては、詠唱シンボルの個数など、戦闘の状況によって威力や次に攻撃するタイミングが異なる物もあります。そんな技を効率的に使用して、消耗をできる限り食い止めることが、本作の醍醐味なのです。
もちろん、敵キャラから低確率で手に入るドロップアイテムも見逃せません。上手く使えば、高い効果を発揮するアイテムばかりですので、コレクトに走るのも一興でしょう。


(補足)
2008.06.29:現在、本作はDLできません。バージョンアップ版製作中のため、配布開始まで、しばらくお待ちください。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 THE ELDER SCROLLS: ARENA 】

この扉の先に、何が待っているのか。
レビュワー [ extracks ]
ジャンル [ 自由奔放RPG ]
製作会社 [ Bethesda Softworks ]
容量・圧縮形式 [ 8.97MB・自己解凍EXE ]
備考 [ Teen指定・13歳未満プレイ禁止! ]
ダウンロード ダウンロード先 (English Site)

ハマリ度:8 グラフィック:7 サウンド:10

プレイヤーの数だけドラマは存在する。あなたはどんな人物になりたいのですか?

The Elder Scrollsシリーズ、これを知ってる人は何人ぐらいいるのだろうか?
最も最近のものと言えばシリーズ4作目のOblivionだろう。ちょっと知ってる人なら3作目のMorrowindだろうか。

私はビデオカードに付属していたシリーズ3作目のMorrowindから知ったタイプだ。
つまり2作目と1作目を知らなかった。

今回レビューするのはその1作目であるARENAである。

※注:牢獄から出たばかりです。

このゲームは一応のストーリーはあるが、それはとりあえず投げ出しておく。
本筋は自由な冒険にあり!

だが、牢獄が難しい。
あれはキツイ。
いや、マジでキツイ。
ドラクエ世代、FF世代にはキツイの一言では済ませれないだろうな。
だけど牢獄から出た時の感動は最高だ。
ここからはプレイヤーそれぞれのドラマの始まりだ。
何が起きるかはプレイヤー次第のドキドキ。
自由、それは行動の自由、殺戮の自由、売買の自由、冒険の自由。
後のシリーズでも受け継がれているこの流れ、しかし原点であるARENAも色あせていない。
普段からRPGをやらない自分でもTESシリーズは純粋に面白い。
どうしてか?
自分自身がそこにいるという体験が純粋に出来るからだ。
善人な自分もいれば悪人な自分がいる。なかには売買で儲ける自分もいれば突撃ダンジョン冒険野朗な自分も。
好きなことが好きなだけ、しかし悪いことをすれば罰せられるが抵抗も出来る。

TESシリーズで言えることは唯一つ。

自由を楽しめ。

<臨時ニュース:本日未明、民家に無職男性が侵入したところを現行犯逮捕されました。調べによりますと……>

※プレイにはDOS-BOX(http://www.dosbox.com/)も!


 管理人コメント

私からのコメントとして、とりあえず、これだけ覚えておけば何とかなるレベルの操作方法について記します。

これだけ覚えておいても、おそらく牢獄では何度も死ぬでしょう。それを潜り抜けて、初めてお天道様を拝めたときの快感、そして無限に広がる世界こそ、The Elder Scrollsシリーズの醍醐味なのです。
※詳細な説明やチュートリアル・序盤の攻略については、有志の解説サイトがあります。こちらもご参照ください。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 シリアの冒険 】

誰ですか、大根に聖なる力を入れたオタンチンは。
レビュワー [ 煉 ]
ジャンル [ 伝説のサラダを作るRPG ]
作者 [ 今野隼史 さま(辺境紳士社交場) ]
容量・圧縮形式 [ 2.99MB・自己解凍EXE ]
ダウンロード ダウンロード先

何やら壮大なストーリーで描かれる大作RPGのようなオープニングですが、
この作品で描かれるのは、片田舎の農村で人知れず悪戦苦闘する、ある少女の物語。

主人公は八百屋の一人娘シリア。ある日、親友のリーズが古い本をどこからか持って来て、
そこに記された伝説の『ハンヌイ・サラダ』を作って欲しいと頼まれる。
食べた者は黄金谷へ吹っ飛ばされる、という胡散臭さ全開のメニュー。
果たして、シリアは無事にサラダを完成させる事が出来るのか?
サラダの材料となる野菜を探す為、モントローズ村を隅から隅まで歩き回ります。
必要な材料は、全部で11種類。多くは村の人達に話しかけ、簡単なお使いをこなす事で、
材料を分けてもらえます。しかし、いくつかの材料はある獣達との戦闘に勝利しなければ
手に入りません。戦闘は難しくはありませんが、回復アイテムは常に持っておきたい所。
装備画面では、オリジナルグラフィックで表示されているアイテムがズラリ。
フリルエプロンを手に入れたら、是非とも装備して皆に披露しましょう(笑
戦闘をこなす度にパワーアップする謎の大根は、何かの伏線?でも大根・・・
古の精霊の呪力が宿る大根・・・本当に伏線だったら色んな意味でスゴイ。

シリアスなオープニングとは全く関係無さそうな内容ですが、このシリアの冒険が予兆に
留まっている『何か』を動かし、世界を飲み込む大きな波になるのでしょうか?
続編にあたる『リーズの冒険』の完成が楽しみです。


 管理人コメント

現在ではイラストレータとしても活躍している今野隼史 さまですが、我々フリーゲーマーにとっては、「辺境紳士」名義で「今の風を感じて」などの有名作をグラフィック面から盛り上げてくれた人物として有名です。
この「シリアの冒険」は、今野隼史 さま個人で製作された(2008年5月時点では唯一の)作品です。一時間も掛けずにクリアできる短編ですが、この当時から今野隼史 さま渾身のグラフィックが余す所なく詰まっています。
本来、「シリアの冒険」は、現在製作中の「リーズの冒険」の序章的作品となっています。現在、「デモンパラサイト」「七人の武器屋」などの挿絵で多忙な今野隼史 さまですが、私も「リーズの冒険」の完成は非常に楽しみにしています。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 Silent Desire 】

HP・状態異常は、アーシャの顔色を見るしかありません。
レビュワー [ 煉 ]
ジャンル [ 不思議のダンジョン系 ]
作者 [ tomo さま(Compromise Comprog) ]
容量・圧縮形式 [ 33.2MB・ZIP ]
ダウンロード ダウンロード先

アレスティア王国のギルドに所属する魔法剣士アーシャとなって、
様々な依頼をこなしていく、ステージクリア型のRPG。

RPGではありますが、システムは不思議のダンジョン系に似ています。
剣と魔法を駆使して、敵を倒しながら出口や階段を目指して進み、最後にボス戦という流れ。
難易度はそれほど高くなく、クリアしたステージは再挑戦可能で、経験値稼ぎも可能。
敵のモンスターは、ほとんど女性化されており、絵有り声付きという妙な豪華さ。
作者様が本音で喋り過ぎている、モンスター図鑑も読み応えがあります。

「何故に何度も妥協した事を、ゲーム内に書くんだろう?」と不思議に思っていると、
ホームページの上部に、燦然と輝く一文が。
『「コンプロ×2」は妥協を惜しみません。気分次第で手を抜きます』
この堂々宣言が笑って許せる方、一つプレイしてみませんか?(笑


 管理人コメント

「Silent Desire」シリーズは、妥協していい部分は思いっきり妥協していますが、妥協できない部分は一片たりとも手を抜いていない執念が感じられる作品です。
「Silent Desire 1」は、操作形態はローグ系RPGをモデルにしていますが、探索やアイテム集めを妥協し、緻密な戦闘システムに注力した作品です。
このゲームで特に気を付けなければいけない点は、HP・MPの残量です。HPが減るほど直接攻撃力が、MPが減るほどスキルの威力が減少していきます。消耗がきつくなる度に、エリクシールで回復する必要がありますが、問題は、その消耗度合いを表すゲージが余りにも抽象的であることです。
MP残量は、画面右下のオーブの光り具合で判別し、HP残量は画面右のアーシャの表情から判別します。問題は、状態異常時にアーシャの表情が固定されてしまう場合があることです。この場合は、消耗度合いを攻撃威力から判別するしかありません。
最も、その曖昧さこそが本作の面白さです。回復のタイミングを図り、できるだけHP・MPの消耗を偏らせず、消耗自体も減らす戦略性が、本作の醍醐味なのです。


(補足)
2009.01.15:作者様HPが移転しました。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 ジャストディアボロス 】

コンビネーション命の戦闘シーン
レビュワー [ 斜 ]
ジャンル [ アクションRPG ]
作者 [ TACK さま ]
容量・圧縮形式 [ 25.1MB・ZIP ]
ダウンロード ダウンロード先

正義の悪魔が存在するのはおかしいでしょうか。
永劫戦いのみを求める、その在り方は間違っているでしょうか。

悪魔の王を内に宿す少女、アルマダ。
秘めた力を恐れる人間により、彼女は悪魔の跋扈する地『地獄』の最下層に封じられていました。
ある日夢に現れた青髪の女。その邂逅を切欠に、彼女は悪魔王の力を振るい、地上への脱出を試みます。
しかし向かう先には数多の王座を狙う悪魔や、その悪魔の抹殺を生業とする『悪魔殺し(スレイヤー)』が襲い掛かり、一筋縄では地上へ到達できそうにありません。
あらゆる異端を憎む悪魔殺し、次期悪魔王の座を狙うシーカー、決着を求め続ける不死王など、様々な人物の目論見と意志が交錯し、物語を彩っていきます。
果たして彼女は地上の土を踏むことができるのでしょうか?

本作は『B.B.ライダー』でも知られるTACK氏の製作されたアクションRPGです。
同作と似たギャグテンポで話は進んでいきますが、こちらはある種『王道』とでも言うべき道筋を進んで行きます。
「一昔前の少年漫画系」とでも形容すればいいでしょうか。割と展開はベタベタです。しかし燃えます。
その一方、ラノベ調なクセのあるネーミング等に耐性がない人は、やや辛いものがあるかもしれません。

ジャンルが表している通り、攻撃の回避等にアクション要素を含みます。
アクションが不得手な方も、難易度をイージーに設定すればサクサク進むことでしょう。
個人的には終盤の盛り上がりが違うので、ノーマル以上での進行を推奨したいのですが……。


 管理人コメント

本来、当サイトではアクションRPGは【ACT】ジャンルに入れますが、この「ジャストディアボロス」は、戦闘シーンにアクション性を付加したRPGのため、【RPG】ジャンルに入れさせていただきました。
TACKさまお得意のキャラ造型・ストーリーを楽しむならば、EASYの方がいいでしょう。しかし、私としても、「ジャストディアボロス」は戦闘シーンを楽しんで欲しいと思います。
そのためには、やはりNORMAL以上のプレイがオススメです。敵キャラの攻撃力・防御力が高くなりますが、その分こちらも必殺技やカードなどの工夫を加えた戦闘ができるからです。


(補足)
2008.05.09:現在、本作品は公開を停止しています。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ

【 冷界大戦争。 】

死…それは一般人を大惨事に巻き込む魔法の言葉。
レビュワー [ 煉 ]
ジャンル [ アドベンチャー+RPG ]
作者 [ higa さま(ヒガガガ本舗) ]
容量・圧縮形式 [ 15.8MB・自己解凍EXE ]
ダウンロード ダウンロード不可

RPGにおけるクラス。ドラクエの転職やFFのジョブ、その他作品を含めると、
その数や種類は現在相当な数になっています。差別化を図る為に、
言い方をあれこれ変えている作品もありますが、役割や性能は大体同じ。
もうネタは出尽くした感がある中、この作品の主人公のクラスは・・・
【精霊使い】と(別の意味で)対極に位置する【精霊使われ】!

主人公は休みを利用して、未曾有の大雪に襲われた東京へと来ていた少年。
その野次馬根性が災いしてか、突然謎の男女の戦闘に巻き込まれ、あえなく焼死。
気が付くと目の前には、随分と縮んださっきの二人。女は氷御子、男は轟火。
二人は精霊で、この大雪を止める為にこの地へやってきたと言う。
しかし、焼死した少年を蘇生させる為に力を使った影響で、能力は大きく減少。
この状態で戦う唯一の方法は・・・

『魔壊屋姉妹』でお馴染みの作者様が作った記念すべき1作目の作品。
例によって難易度が非常に高いです。技を装備するシステムによって、
色々とカスタマイズできますが、バランス型を目指すと、簡単に戦線崩壊⇒全滅直行。
攻撃は轟火、回復&補助は氷御子、MPは主人公、と役割を決めた方が無難かと。
レベルが上がって、余裕が出てきたたと思ったら、今度はいやらしい状態異常攻撃が。
能力の高さがそのまま跳ね返ってくる、「混乱」には要注意。

最近の温~い難易度のRPGに嫌気がさしている方は是非どうぞ。


 管理人コメント

higa さまの作品といえば、もちろん高難易度ですが、その高難易度となる原因がハッキリしているのも特長です。
「魔壊屋姉妹。」では、戦術の要となるアネキの能力が使用するたびに変わる点…
「小さな試練」では、ターン数のたびに減少する妹のHP…
…こういうのを、一般に足手まといと言うんですね。
本作「冷界大戦争。」の高難易度を支えるのは、バトル展開の速さです。戦闘はリアルタイム・ノンストップで進むため、少しでもコマンド選択が遅れると、それだけ敵から受けるダメージが大きくなります。ダメージ一発一発が大きいため、場合によらなくても致命傷となります。
クリアのためには、とりあえず己を鍛えること。higa さまの作品のセオリーは、第一作から健在です。


(補足)
2008.11:現在、本作品はダウンロードできません。

↑ページ先頭へ / <【RPG】INDEXへ / <<トップページへ