フリーソフト超激辛ゲームレビュー
(RSS)
Last Update : 2019.05.19
激辛強度 万パワー

Google

Monthly ICHIOSHI Review! Latest GEKIKARA Review!
空響
【SLG】きみは空を渡り地に響く、おおきなものになりたかった。 (2019.05.12)
Pocket Mirror
【ADV】Pocket Mirror (2019.05.19)

(yAyA さま)
⇒ イチオシレビューする!
(イチオシ希望作品も大募集!)
⇒ 投稿する!
次回のイチオシ:【RPG】スティール・ブルー (2019.06.09 〆切)
次回の激辛チャット:2019.06.01 21:00~24:00 開催
フリゲ2018 結果発表! (2018.12.24)

はじめに
ご意見コーナー
レビュー集
【TOOL】
【DOJIN】
更新履歴
【2019.05.19】更新:投稿レビュー
本日は、以下4作のレビューをお送りいたします。
【2019.05.12】更新:イチオシレビュー「空響」
本日は、「空響」こと「きみは空を渡り地に響く、おおきなものになりたかった。」のイチオシレビューをお送りいたします。
本作は、非常に覚えることの多いゲームです。しかし、ある程度覚えきれば、多数の数値やアイテムを操る、シミュレーションゲームとしての楽しさに目覚めるでしょう。
次回イチオシは、経営SLG的な時間制限+資産制限が付いたノンフィールド型RPG「スティール・ブルー」をお送りいたします。
女性主人公で周りの男性キャラと交流を深める若干の乙女ゲー要素がありますが、メインは難易度高めのノンフィールド型RPGです。
なお、本作は規約に「スチル(イベントシーンの一枚絵)の掲載は禁止とさせていただきます。」と記載されています。スクリーンショット付きのレビューを送る際には、規約に引っかからないようにご留意ください。
【2019.05.05】更新:管理人レビュー
本日は、以下2作のレビューをお送りいたします。
【2019.04.28】更新:管理人レビュー
本日は、以下2作のレビューをお送りいたします。
【2019.04.14】更新:イチオシレビュー「HASANDE PON! -はさんでポン!-」
今週は、リバーシで敵を倒すアクションパズル「HASANDE PON! -はさんでポン!-」をお送りいたします。
小品な作品ですが、敵の行動パターンを見切り、より多くの敵をより多くのパネルと共に吹っ飛ばせる道筋を探り出すことが、高スコアのカギです。
もっとも、屍を積みながらの初回プレイでも1時間とはかからない作品です。とりあえずの気持ちでプレイしてください。
次回イチオシは、転生系育成シミュレーション「きみは空を渡り地に響く、おおきなものになりたかった。」をお送りいたします。
年数制限が緩いせいか、初見では油断しがちですが、本作では「転生が途切れてゲームオーバーとなる」状況が多数発生し、それ故に「詰む」状況も多くなります。
転生するごとにセーブは分けて取っておきましょう。転生で消費する「魂」がいつ回復できるかは、運を天に任せるしかないのですから。
【2019.04.07】更新:投稿レビュー&管理人レビュー
本日は、以下2作のレビューをお送りいたします。
【2019.03.31】更新:投稿レビュー&管理人レビュー
本日は、以下3作のレビューをお送りいたします。
【2019.03.24】更新:投稿レビュー&管理人レビュー
本日は、以下3作のレビューをお送りいたします。
【2019.03.10】更新:イチオシレビュー「GOLD RUSH」
本日は、コメディ調の正統派RPG「GOLD RUSH」のイチオシレビューをお送りいたします。
本作は、ストーリーとキャラ重視のRPGですが、システムはRPGツクールほぼそのままで、際立った特徴が無いのが欠点と言えます。
続編「PARADISE RUSH」など、派生作品も多数あるため、色々とプレイしてみてください。
次回イチオシは、リバーシで敵を倒すパズルアクション「HASANDE PON! -はさんでポン!-」をお送りいたします。
ステージは全10面構成。1週クリアだけなら、初見でも30分はかからないでしょう。ただし、本番はクリアしてから。より多くのパネルを一度にめくり、より多数の敵を一度に巻き込む、ゲームを理解してからのスコアアタックがアツい作品になっています。
【2019.03.03】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
【2019.02.24】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
【2019.02.17】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
  • 鉄血と血肉でできた、絶望の奈落。「奈落2」(管理人)
【2019.02.10】更新:イチオシレビュー「ピトロクス・ギア」
本日は、全方位型アクションシューティングRPG「ピトロクス・ギア」のイチオシレビューをお送りします。
私の感想で言えば、本作で最重要視されているのは「RPG」の部分です。展開はアクション性が高いシューティングですが、攻略のカギとして重要となるのは、装備カスタマイズや成長システムなどのRPG部分となるゲームです。
次回のイチオシは、オーソドックスなファンタジーRPG「GOLD RUSH」をお送りいたします。
本作の作者である「土塊」は、元々、スマホアプリでホラーノベルを製作していたサークルです。その頃から定評のあるストーリーとグラフィックは折り紙付きです。
【2019.02.03】更新:投稿レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
  • ついてった先に落とし穴。そういうとこだぞお前! 「Follow me, please」(びーな さま)
【2019.01.27】更新:投稿レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
  • 青い鳥が、災厄を運んできた。「BlueBird」(ぬい さま)
【2019.01.20】更新:投稿レビュー
本日は、以下3作のレビューをお送りいたします。
【2019.01.13】更新:イチオシレビュー「deltarune」
本日は、「deltarune」のイチオシレビューをお送りいたします。
前作「UNDERTALE」と同じく、かなりのファンジンを生み出したのも頷けるほど、素晴らしくインパクトの強い作品でした。
フリーでプレイできるChapter1は、恐らくプレイ時間としてもストーリー展開としてもまだ序盤の部分。現在開発中の完結編で、あのヒキがどんな展開を生み出すのか、非常に楽しみですね。
…完結編まで無料でプレイできるとは、とても思えませんが。
次回イチオシは、フリゲ2018でも上位を獲得した全方位シューティング「ピトロクス・ギア」をお送りいたします。
ハイスピードな戦闘が楽しめる分、移動での回避はやりづらい速度になっています。無敵技である「クロックアップ」をいかに使いこなすかが、本作を楽しむための秘訣の一つです。
【2019.01.06】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
【2018.12.30】更新:投稿レビュー&管理人レビュー
本日、および2018年最後の更新は、以下2作のレビューをお送りいたします。 来年最初の更新は2019.01.06を予定しております。
【2018.12.24】News:フリゲ2018 結果発表!
2018年もそろそろ残りわずか、「フリゲ2018」の結果発表です。
今年も話題作が豊富な一年でした。果たして、皆様のベストフリーゲームはいったい何位だったでしょうか。
【2018.12.23】更新:投稿レビュー
本日は、以下3作のレビューをお送りいたします。
【2018.12.16】更新:投稿レビュー
本日は、以下4作のレビューをお送りいたします。
次回イチオシは、去年の発売から話題の絶えない名作にして問題作「UNDERTALE」の続編…なのか…それとも外伝なのか…な、これまた名作にして問題作「deltarune」をお送りいたします。
かなり濁した表現になったのは、私…そしておそらくは他のレビュワーも、UNDERTALEを未プレイの状態で本作をプレイすることになるからです。
UNDERTALEのストーリーは又聞きの状態で本作をプレイして大丈夫なのでしょうか。序盤でも、UNDERTALEではチュートリアル通りに進めると殺してしまうモンスター戦で、deltaruneでは懐柔を勧められたことがまず不安なのですが。
【2018.12.09】更新:イチオシレビュー「虚ろ町ののばら」
本日は、「虚ろ町ののばら」のイチオシレビューをお送りいたします。
プレイ時間は1周2時間とADVにしては長めですが、ご覧の皆様に関しては、是非一気読みしてほしい作品です。
ストーリーを味わう意味でも、操作方法を忘れないようにという意味でも…。
(2018.12.10: 赤松弥太郎氏のレビューを追加:ENDのネタバレを含むため、ご注意ください。)
【2018.12.02】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
【2018.11.25】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
【2018.11.18】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
次回イチオシは、先月にダウンロード版が配信開始されたアドベンチャー「虚ろ町ののばら」です。
前々作「霧と太陽の王」は1時間未満でコンプリート出来る作品でしたが、本作は、様々な舞台を渡り歩く少々長めのシナリオとなっています。
フラグ管理も赤い蝶・青い蝶の個数によって分岐する複雑なものになっています。思わぬところでフラグが分岐するため、セーブは細かく取りましょう。
【2018.11.11】更新:イチオシレビュー「ぶきあつめ」
本日は、「ぶきあつめ ~なんでも武器になるRPG~」のイチオシレビューをお送りいたします。
「奇想天外」という言葉がこれほど似合うゲームは他にないでしょう。序盤は異常極まりない武器のラインナップを楽しみ、後半はその中から「役に立つ」物を選んでいく、インパクトとしての面白さと思考としての面白さを両立させたRPGになっています。
【2018.11.04】更新:投稿レビュー
本日は、以下2作のレビューをお送りいたします。
  • それは、永遠の美か、潰されたなれの果てか。「おしばな物語」(ところ さま)
  • 何かを失い、翼を手に入れた、名もなき冒険者たちの物語。「NoTitle」(遥 さま)
【2018.10.28】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
  • 40年前、日本はオカルトとコズミックホラーに取り込まれていた。「Idiocy Game -Case1」(管理人)
【2018.10.21】更新:投稿レビュー
本日は、以下3作のレビューをお送りいたします。
【2018.10.14】更新:イチオシレビュー「未完のエリザ」
本日のイチオシレビューは、「未完のエリザ」をお送りいたします。
私個人の悪印象はだいぶ払しょくできたのですが、それでも作者独特の世界観は好みが分かれるものです。
難易度的には手ごろなので、「物は試し」感覚でまずプレイしてください。この世界にハマれる方ならば、ナイデン内田さまの作品はすべて楽しめるはずです。
次回のイチオシは、「ぶきあつめ ~なんでも武器になるRPG~」をお送りいたします。
海や家を右肩に担いだ「SNS映え」する絵面が話題になっていますが、実際にやりこむとなると、「攻撃力○○以上の武器を探す」など、ローグライクらしき探索要素が徐々にあらわになっていきます。
その頃になると、「意外と使える武器」と「ネタ」の差も激しくなっていきます。武器の「狩場」をしっかりと覚えておきましょう。序盤の町で意外と強いのが「井戸」(攻撃力30)でした。
リンク
詳細なリンクページへ
ez-HTML (Web Frontier)