フリーソフト超激辛ゲームレビュー
(RSS)
Last Update : 2019.11.10
激辛強度 万パワー

Google

Monthly ICHIOSHI Review! Latest GEKIKARA Review!
発展王国物語
【SLG】発展王国物語 (2019.11.10)
祈念寫眞
【ADV】祈念寫眞 -キネンシャシン- (2019.11.17)

(管理人)
⇒ イチオシレビューする!
(イチオシ希望作品も大募集!)
⇒ 投稿する!
次回のイチオシ:【RPG】最果てを目指す (2019.12.08 〆切)
次回の激辛チャット:2019.12.02 21:00~24:00 開催
フリゲ2018 結果発表! (2018.12.24)

はじめに
ご意見コーナー
レビュー集
【TOOL】
【DOJIN】
更新履歴
【2019.11.17】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
【2019.11.10】更新:イチオシレビュー「発展王国物語」
本日は、1プレイ数十分で終わるシンプルな都市育成シミュレーション「発展王国物語」のイチオシレビューをお送りいたします。
シンプルなシステムながら、決して分かりやすいとは言えません。序盤の土地とパートナー能力の選択から、建造物ごとの能力まで、ありとあらゆる情報の取捨選択が求められる、自由度の高さが魅力の作品です。
次回イチオシは、探索を主としたノンフィールド型RPG「最果てを目指す」をお送りいたします。
成長ステータス・スキルの選択、戦闘時のダメージなど、細かく表示される情報を把握して進めるRPGとなっています。
イベントをこなすために特定のスキルが必要、ノーダメージで攻略するために意思をバンバン使うなど、死に覚えてより遠くを目指す要素がふんだんに入っています。
【2019.11.03】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
【2019.10.27】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
【2019.10.20】更新:投稿レビュー
本日は、以下2作のレビューをお送りいたします。
【2019.10.13】更新:イチオシレビュー「PRESS START」
本日は、幽霊の少女と1人の人間の運命を描いた物語「PRESS START」のイチオシレビューをお送りいたします。
本作は「不思議な世界を彷徨う2人の物語」としては最高の世界観を描いた作品です。ただ、ゲームとしてストレスを感じている箇所が残っている、プレイ時間のせいでバックグラウンドが分かりにくい箇所があるなど、まだまだ課題の残る作品でした。
次回イチオシは、1周30分程度で終わるミニマルな都市育成シミュレーション「発展王国物語」をお送りいたします。
しかしその30分は、1ターン1ターンが重要になり、プレイするたびに新たな発見がある濃密な時間です。
取り返しのつかない失敗は起こらない仕様ですし、盤面が気に入らなければ即リトライもできます。色々な育成パターンを探りましょう。
【2019.10.06】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
【2019.09.29】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
  • ご本を読んでほしいの。これからの2人のため。「sheeebook」(18禁!)(管理人)
【2019.09.22】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
【2019.09.15】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
【2019.09.08】更新:イチオシレビュー「ハシビロコウとメジェド」
本日は、パズルアクション「ハシビロコウとメジェド」のイチオシレビューをお送りいたします。
ステージは固定1画面の9ステージ+αと短編ですが、本作の真骨頂はタイムアタックにあります。
最高評価のタイムはおろか、通常難易度の時間制限までギリギリの設定になっています。リトライは楽なので、最短ルートを探っていきましょう。
次回イチオシは、第11回 ウディコン 総合3位を受賞した探索アドベンチャー「PRESS START」をお送りいたします。
ドット絵で描かれた美しい世界、個性的で可愛いキャラクター、そして、隠された真相…。プレイ時間はさほど掛からないため、この1か月の間にプレイしてみてください。
【2019.09.01】更新:管理人レビュー
本日は、以下2作のレビューをお送りいたします。
【2019.08.25】更新:投稿レビュー&管理人レビュー
本日は、以下2作のレビューをお送りいたします。
【2019.08.18】更新:投稿レビュー
本日は、以下4作のレビューをお送りいたします。
【2019.08.11】更新:イチオシレビュー「狂落天蓋」
本日は、和風フリーシナリオRPG「狂落天蓋」のイチオシレビューをお送りいたします。
周回を前提とした難易度の高いRPGです。その「難易度の高さ」も「敵が強い」だけではありません。「取り返しのつかない選択肢」が色々な意味でプレイヤー、そして緑尊一行に襲い掛かる、そんなストーリー展開もまた難しさ、そして楽しさの一因となっています。
次回のイチオシレビューは、アクションパズル「ハシビロコウとメジェド」をお送りいたします。
Nintendo Switchで製品化されているインディーズゲームのフリー版となります。フリー版となる本作でも、操作の軽快さ・攻略手順を探り出すパズル性・タイムアタックというやり込み要素は、余すことなく完備されています。
【2019.07.28】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
来週8/4は、管理人の私事により更新がありません。
再来週8/11のイチオシレビュー更新をお待ちください。
【2019.07.21】更新:投稿レビュー
本日は、以下5作のレビューをお送りいたします。
【2019.07.14】更新:イチオシレビュー「怪異症候群3」
本日は、実況界隈などで大人気のホラーゲームシリーズ完結作「怪異症候群3」のイチオシレビューをお送りいたします。
製作ツールがRPGツクール2000からVX Aceとなったことで、プレイしやすさが格段に上がりました。しかし、ストーリーは完全に1, 2を踏まえた状態で始まるため、シリーズ自体をプレイしていない方は、必ず1, 2を先にプレイするようにお願いいたします。
次回イチオシは和風フリーシナリオRPG「狂落天蓋」をお送りいたします。
フリーシナリオとはいっても、大まかな道筋は固定されています。仲間となる4人の少女を集める所から始まり、新たなダンジョンを開くために今行ける場所を虱潰しする…。ハック&スラッシュな戦闘も、謎と謎とが深く絡み合うストーリーも楽しめます。
【2019.07.07】更新:投稿レビュー
本日は以下2作のレビューをお送りいたします。
【2019.06.30】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
【2019.06.23】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
【2019.06.16】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
【2019.06.10】更新:イチオシレビュー「スティール・ブルー」
本日は乙女要素の豊富な経営SLG+RPG「スティール・ブルー」のイチオシレビューをお送りいたします。
4年前に取り上げた「ストロベル・パティ」と同じく、魅力的なキャラクター性と本格的なゲーム性を並立させた労作に仕上がっています。
プレイ時間も1周7~8時間と中々に本格的です。じっくり進めてみてください。
次回のイチオシ作品は、かの人気ホラーADVシリーズ最新作「怪異症候群3」をお送りいたします。
ツクール2000からツクールVX Aceへと舞台を移し、アクション要素も追加され、そして「怪異症候群」シリーズ完結編として、貴方を恐怖へといざないます。
【2019.06.02】更新:投稿レビュー&管理人レビュー
本日は、以下3作のレビューをお送りいたします。
【2019.05.26】更新:投稿レビュー&管理人レビュー
本日は、以下2作のレビューをお送りいたします。
【2019.05.19】更新:投稿レビュー
本日は、以下4作のレビューをお送りいたします。
【2019.05.12】更新:イチオシレビュー「空響」
本日は、「空響」こと「きみは空を渡り地に響く、おおきなものになりたかった。」のイチオシレビューをお送りいたします。
本作は、非常に覚えることの多いゲームです。しかし、ある程度覚えきれば、多数の数値やアイテムを操る、シミュレーションゲームとしての楽しさに目覚めるでしょう。
次回イチオシは、経営SLG的な時間制限+資産制限が付いたノンフィールド型RPG「スティール・ブルー」をお送りいたします。
女性主人公で周りの男性キャラと交流を深める若干の乙女ゲー要素がありますが、メインは難易度高めのノンフィールド型RPGです。
なお、本作は規約に「スチル(イベントシーンの一枚絵)の掲載は禁止とさせていただきます。」と記載されています。スクリーンショット付きのレビューを送る際には、規約に引っかからないようにご留意ください。
【2019.05.05】更新:管理人レビュー
本日は、以下2作のレビューをお送りいたします。
【2019.04.28】更新:管理人レビュー
本日は、以下2作のレビューをお送りいたします。
【2019.04.14】更新:イチオシレビュー「HASANDE PON! -はさんでポン!-」
今週は、リバーシで敵を倒すアクションパズル「HASANDE PON! -はさんでポン!-」をお送りいたします。
小品な作品ですが、敵の行動パターンを見切り、より多くの敵をより多くのパネルと共に吹っ飛ばせる道筋を探り出すことが、高スコアのカギです。
もっとも、屍を積みながらの初回プレイでも1時間とはかからない作品です。とりあえずの気持ちでプレイしてください。
次回イチオシは、転生系育成シミュレーション「きみは空を渡り地に響く、おおきなものになりたかった。」をお送りいたします。
年数制限が緩いせいか、初見では油断しがちですが、本作では「転生が途切れてゲームオーバーとなる」状況が多数発生し、それ故に「詰む」状況も多くなります。
転生するごとにセーブは分けて取っておきましょう。転生で消費する「魂」がいつ回復できるかは、運を天に任せるしかないのですから。
【2019.04.07】更新:投稿レビュー&管理人レビュー
本日は、以下2作のレビューをお送りいたします。
【2019.03.31】更新:投稿レビュー&管理人レビュー
本日は、以下3作のレビューをお送りいたします。
【2019.03.24】更新:投稿レビュー&管理人レビュー
本日は、以下3作のレビューをお送りいたします。
リンク
詳細なリンクページへ
ez-HTML (Web Frontier)