フリーソフト超激辛ゲームレビュー
(RSS)
Last Update : 2021.05.09

Google

Monthly ICHIOSHI Review! Latest GEKIKARA Review!
ASTLIBRA
【ACT】ASTLIBRA ~生きた証~ (2021.05.09)
ドットピア
【ACT】ドットピア (2021.05.02)

(管理人)
⇒ イチオシレビューする!
(イチオシ希望作品も大募集!)
⇒ 投稿する!
次回のイチオシ:【RPG】ユンヤダム (2021.06.13 〆切)
次回の激辛チャット:2021.06.05 21:00~24:00 開催
フリゲ2020 結果発表! (2020.12.31)

はじめに
ご意見コーナー
レビュー集
【TOOL】
【DOJIN】
更新履歴
【2020.12.31】News:フリゲ2020 結果発表!!
2020年も残りわずか。「フリゲ2020」の結果が発表されました。
貴方のベストフリーゲームはいったい何位だったでしょうか。
【2021.05.09】更新:イチオシレビュー「ASTLIBRA ~生きた証~」
本日は、「ASTLIBRA ~生きた証~」のイチオシレビューをお送りいたします。
5年前に「ASTLIBRA mini外伝」をイチオシレビューしてから、ずっと楽しみにしていた本伝。それは当初の期待をあっさり超えるものでした。
「mini外伝」だけでもかなりのボリュームと難易度を誇るアクションRPGでしたが、今回の本伝はそれ以上です。時間的・精神的な余裕を確保してからお楽しみください。
次回のイチオシレビューは、ローゼンクロイツ氏の最新作「ユンヤダム」をお送りいたします。
ローゼンクロイツ氏の前作「すでに私たちは地獄のまっただ中でした。」などと同様、アスキーアートネタや(いろいろな意味で)お下劣な表現が乱れ飛ぶRPGですが、そんな汚い世界でしか描けない「美しい物語」も確かにある作品です。
エログロバイオレンス表現に耐性を持つ方ならば、今作も損はさせない作品です。
【2021.05.02】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
【2021.04.25】更新:管理人レビュー&投稿レビュー
本日は、以下2作のレビューをお送りいたします。
【2021.04.18】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
  • 機械の母(Die Mutter)はアダムとイブの夢を見るか。「Die Mutter」(管理人)
【2021.04.11】更新:イチオシレビュー「ラシュイットリーテ」
本日は、ほのぼのとした日常に泡立つ「特別な日」を描いた物語「ラシュイットリーテ」のイチオシレビューをお送りいたします。
本作を楽しむためには「キャラが好きになれるかどうか」に掛かっています。登場キャラは皆「優しい人」ばかりですが、「アクが強い人」ばかりでもあります。そんなキャラたちを愛せるか、最後まで付き合えるかが、本作を楽しむ条件となります。
次回イチオシは、先々月にリリースされた大作アクションRPG「ASTLIBRA ~生きた証~」をお送りいたします。
5年前の「ASTLIBRA mini外伝」のレビュー以来、ずっと完成を楽しみにしていた作品です。
そして、10年余りの開発期間もうなずけるほどの上質な「大作」に仕上がりました。公称40時間のシナリオ、このGW期間を合わせても、どれだけプレイしつくせるでしょうか。
【2021.04.04】更新:投稿レビュー&管理人レビュー
本日は、以下2件のレビューをお送りいたします。
【2021.03.28】更新:管理人レビュー
本日は、以下2作のレビューをお送りいたします。
【2021.03.14】更新:イチオシレビュー「Dead Estate」
本日は、ローグライクなランダムマップで戦う全方位シューティング「Dead Estete」のイチオシレビューをお送りいたします。
4ステージとボリュームは手ごろながら、「基礎スキル」が無いとステージ1から地獄を見る難易度です。ただ、本作で要求されるスキルは、他のトップビュー型全方位シューティングでも使えるテクニックばかりです。我こそはという方には、逆に物足りない難易度かもしれません。
次回イチオシは、日常系のアドベンチャー「ラシュイットリーテ」をお送りいたします。
プレイ時間は2時間、色々な意味で手ごろな作品となっていますが、序盤でも様々な「不穏」が顔をのぞかせています。果たして、その「不穏」はどんな形で結実するのでしょうか。ぜひプレイして確かめてください。
【2021.03.07】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
  • 日々是平穏。世は全て事も無し。「As usual.」(管理人)
【2021.02.28】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
【2021.02.21】更新:投稿レビュー&管理人レビュー
本日のレビューは、以下の4作です。
【2021.02.14】更新:イチオシレビュー「Fanastasis」
本日は、長編の探索RPG「Fanastasis」のイチオシレビューをお送りいたします。
本作は相当に長丁場の作品です。24時間程度のプレイでは遊びつくせないほどに。
また、難易度も相当に高くなっています。「基本、雑魚との戦闘は避ける」を念頭にプレイしてください。
次回イチオシは、ブラウザ上でも遊べるローグライク型シューティング「Dead Estate」をお送りいたします。
こちらも「一瞬の油断でGAME OVERとなる」難易度になっています。特に、自機が端に追い込まれると一瞬でライフが削られていきます。
とにかく動き回ることを念頭にしてプレイを進めてください。
【2021.02.07】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
【2021.01.31】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
  • バニーガールは腰が命! 普通のお仕事でも、裏のお仕事でも。「Club Valentine」(18禁!!)(管理人)
【2021.01.24】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
  • 働けど、働けど、我が暮らし楽にならざり。じっと上を見た、その時…。「廃品回送」(管理人)
【2021.01.17】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
【2021.01.10】更新:イチオシレビュー「扉は君の鍵で開く」
本日は、聞き込み重視のシティアドベンチャー「扉は君の鍵で開く」のイチオシレビューをお送りいたします。
普段のRPGツクールやウディタのアドベンチャーのような「調べるだけでフラグを立てていく」ものとは異なり、質問内容と問いかける相手の「吟味」が最初に重視される本格的なアドベンチャーです。
手当たり次第に調べるだけではいつまで経ってもクリアできません。会話の細かい所まで参考にして「次の質問と相手」を吟味してシナリオを進めてください。
次回イチオシは、フリゲ2020でも高評価の探索RPG「Fanastasis」をお送りいたします。
「とりあえず、最初の仲間が入るまで」で1時間、クリア後のオマケシナリオも入れると膨大なクエストとダンジョンが詰まっている戦闘と探索重視のRPGです。
最初の最初から「現在の強さではまず勝てない相手」がそこらを徘徊しているため、経験値稼ぎにも細心の注意が必要となります。初期装備の短剣は、最初のザコであるサソリやカニ相手では不利となるため、初めは敵を避けて宝箱を回収し、鈍器系の武器を手に入れることから始めましょう。
【2021.01.03】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
  • サイタ サイタ オハナガ サイタ 私の頭から…。「Pink」(管理人)
【2020.12.28】臨時更新:投稿レビュー
昨日、「今年最後の更新」と言いましたが、もう一つ投稿レビューが残っていました。
ろっとん さま、誠に申し訳ありません。
【2020.12.27】更新:管理人レビュー
本日、そして2020年最後の更新は、以下のレビューをお送りいたします。
【2020.12.20】更新:管理人レビュー
本日は、以下2作のレビューをお送りいたします。
【2020.12.13】更新:イチオシレビュー「TOWER of HANOI」
本日は、ディストピア風味のSF RPG「TOWER of HANOI」のイチオシレビューをお送りいたします。
主人公1人にスポットを当てていた前々作「END ROLL」に比べ、今作「TOWER of HANOI」は群像劇。実装されているストーリーも、各キャラが抱える「重さ」も、大幅にボリュームアップしています。
戦闘難易度もボリュームアップしており、敵の「属性」に合わせたパーティ作り・装備対応が求められます。
やりこめばやりこむほど「見えてくるモノ」が多く・大きく・重くなっていく仕掛けは、人によってかなり評価が分かれますが、波長が合う人にはこの上ない名作となるでしょう。
次回イチオシは、本格的探索アドベンチャー「扉は君の鍵で開く」をお送りいたします。
会話で取得したキーワードを「選択して質問」することでフラグを進めていくアドベンチャーです。初見では「面倒くさい」と感じる質問システムですが、「誰」に「どのキーワード」を使えば良いのかは、会話などでそれとなくヒントが出てきます。攻略だけならば、ヒントに従って選択幅を狭めていけばさほど難しい物ではありません。
【2020.12.06】更新:管理人レビュー
本日は、以下2作のレビューをお送りいたします。
【2020.11.23】更新:投稿レビュー&管理人レビュー
本日は、以下4作のレビューをお送りいたします。
  • 勇者と呼ばれた、贄<サクリファイス>の物語。「Dark NecklofarⅡ ~絶命の月光華~ Repaired」(斜 さま)
    ※ (2021.02.22) 投稿者の意向により、レビューを削除しました。
  • 男と女のランゲーム。「Run Baby Run」(しかくん さま)
  • くだものガールはパンチ(りょく)「竜と黄金の梨」
  • 3つに分かれた麺の道。「へいお待ち!ラーメン5段盛り」
    (以上2作:管理人)
【2020.11.15】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
次回イチオシは、「END ROLL」のせがわ氏の最新作「TOWER of HANOI」をお送りいたします。
序盤から虐待を示唆する一節など「厄い」要素が満載で、そして戦闘要素も「END ROLL」以上に満載です。
仲間10名にそれぞれ「親密度」「特別監視タグによる会話」が設定されており、公称「全回収なら20時間はかかる」も伊達ではないストーリーの作り込みです。
次週11/22は、管理人の私用により更新が遅れます。11/23の更新をお待ちください。
【2020.11.08】更新:イチオシレビュー「断片思想」
本日は、美しいドット絵で魅せてくれる、美しくかつ残酷な物語「断片思想」をお送りいたします。
本作、初見で印象付けられる「赤黒の化物との追いかけっこ」が物語の本筋でないという点に驚かされるでしょう。追いかけっこと屋敷内の案内を含めた0日目(チュートリアル)だけで、普段のフリーゲームADVに匹敵するプレイ時間を費やします。
そして、この長いチュートリアルは、本作の物語をきちんと味わうためには必要なものなのです。長い移動に悩まされないよう、ダッシュや鏡のファストトラベルなどの時短テクは、0日目でしっかりと学んでおきましょう。
【2020.11.01】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
【2020.10.25】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
【2020.10.18】更新:管理人レビュー
本日は、以下2作のレビューをお送りいたします。
【2020.10.11】更新:イチオシレビュー「DAY:0」
本日は、超高速タワーディフェンス「DAY:0」のイチオシレビューをお送りいたします。
本作で重要なのは、何よりも「情報の整理」です。ゲーム中だけでなく、ゲーム後のITEM, OUTERやソウル編成で常に最適を探るようにしましょう。
次回イチオシは、ドット絵が美しい横スクロールアドベンチャー「断片思想」をお送りいたします。
逃走アクションと探索アドベンチャーがひっきりなしに主人公・ヴィネアに襲い掛かる、意外に長丁場のアドベンチャーになっています。
調査を進めるほど、「水晶の欠片」を集めるほどに、ヴィネアたち登場人物の「物語」が明かされる仕掛けにもなっています。寄り道重視の探索が楽しめます。
【2020.10.04】更新:管理人レビュー
本日は、以下のレビューをお送りいたします。
【2020.09.27】更新:管理人レビュー
本日は、以下2作のレビューをお送りいたします。
【2020.09.20】更新:投稿レビュー&管理人レビュー
本日は、以下3作のレビューをお送りいたします。
【2020.09.13】更新:イチオシレビュー「ツキノヒト」
今週は、難易度の高いバトルとSF世界の青春ドラマを味わえるRPG「ツキノヒト」のイチオシレビューをお送りいたします。
本作は、マニュアル内にボス攻略法が記載されているレベルで、細かい戦法の組み立てが必要不可欠な難易度設定になっています。デバフ耐性を持つアクセサリは、序盤から安価で手に入る割には強力な効果です。敵の攻撃パターンに合わせて揃えておきましょう。
次回イチオシは、先月末のウディコンにて総合1位となった高速タワーディフェンス「DAY:0」をお送りいたします。
ゲームスピードはかなり速く、初見では訳も分からぬままEasy最終盤でGAME OVERとなりました。
カードやユニットの効果とシナジーは、ゲーム本編前にしっかりと学習しておきましょう。
リンク
詳細なリンクページへ